映画「コスタリカの奇跡」(ネタバラシしています)


もう1つのブログに書いた事を抜粋しているので、雰囲気が違う書き方になっていますが。

戦争や平和について私も思うところはあるけれど、道徳的なことを押し付けられるのは嫌だし、精神論や理想論に終始するのも好みじゃない。
だからこの映画が気になった時に、同時に警戒する自分もいた。
戦争ものに触れるときはいつもこの感じがあって、本当のところどうなのか「確かめる」ような気分で行くことが多いんだけど、今回は、コスタリカにずっと関心があって旅するつもりでもいたらしい彼にとってもツボだったようで、一緒に渋谷まで行ってきた。12日に公開されたばかり、お盆、平日、雨、混み具合よくわからなくて行ったけどほぼ満席。

コスタリカは1948年に軍隊を持たないと決めて、それを守っている国。
もちろんそれだけではすまなくてアメリカからの圧力や隣国からの攻撃だって何度もある。けれども「持たない」を決めて、ブレそうな時期や圧力に屈しそうな時もありながら、今日まで国民の幸福にフォーカスしてそれを守り続けてきた。
そんな理想的な国だけどそれは「めったにない奇跡」なのだろうか。
でもこの映画見たら、コスタリカは、とてもシンプルに当たり前のことをしているだけだという事がわかった。

一番大切なもの(国民の幸福)を守るために、静かにNOを言い続ける、地に足つけて交渉し続ける、世界を信じること、それだけだった。
「そうは言っても軍隊を持たなくて、他国が攻撃してきたらどうするの?」っていう当然生まれる疑問がある。攻撃したいわけじゃなくて、自国をいざという時に守れるようにするために軍事が必要なんだっていう考え方は、一見正しいことのようにも思える。
でも攻撃してくる相手に対して軍隊で守る事は、それは当たり前に戦争を意味するし、人が死んで、福祉や教育どころではなくなって、幸せからどんどん遠ざかるのは目に見えている。
本来の目的(国民の幸福度を上げること)を果たせなくなる。

コスタリカは、軍隊を廃止した時に軍事に当てていたお金を福祉と教育にスライドし国力をどんどん上げていく。攻撃してくる相手には、国際法で守っていた。そのために普段から多くの国を訪ね、心を尽くして繋がりを持ってきた。

そしてこれ「我が国の1年の軍事予算は、アメリカの戦闘機1台分でしかない。軍隊で国を守ろうとしても、小さな国にとってそれは全く意味がない。」

精神論でも感情論でも哲学でもなく、ただの事実。
「軍隊は良くない」じゃなくただただ「非効率だから必要がない」コスタリカにとって明確な事実があった。
この、ただの事実を明らかにして、どうしたいかを考え、軍隊を手放したんだ。
元大統領のフィゲーレス氏は哲学者ではなくて、自身も実際に武器を手に持って戦ったことがある人。それも体感した上で、たくさん考えて考えて、善悪ではなくただ国民の幸福という目的に対して軍隊は「違う」と感じて「変えた」、これだけ大きなことを丸ごと選びなおす事に、ただただすごい!っておもった。鳥肌が立った。

そういう人は「偉人」とか呼ばれて「私と違うから」で区別されやすいけど、映画を観れば心が震えたり、涙が止まらない人もたくさんいると思う。それは自分の中にも同じ気持ちがどこかにあるからなんだと思う。

考えさせられるというか、深く複雑になるのではなく、哲学的になるのでもなく、考えをとてもシンプルなところに戻してくれるような映画でした。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-08-16 14:29 | おでかけしました
夏休みの読書

●「東京スリバチ地形散歩」(1)(2)

個人的趣味全開の2冊。
東京の地形は多くの丘と河川でできているので、谷が多いのですが、四方、三方、二方が坂になっている谷をスリバチと例えています。
すりばち状の地形と土地利用、台地に建つものと谷に建つもの、それぞれに暮らす人、そして今も残る地名の意味。考えるだけでも面白いです。
今は長時間の散歩がしにくいけれど、秋になったら色々と出かけようと思います。

東京メトロの銀座線と丸ノ内線は、地表から直接掘削される比較的浅いところを走る路線で、その上その軌道は電車の走行上、地形の極端なアップダウンに追従できないので「谷」になっているところは自ずと線路が地上に出る事となるわけです。
だから「四ツ谷」「茗荷谷」「渋谷」など、地名にも谷がつくところが、地下鉄でありながら地表に露出する形になっている、そんな話にも萌えます。

昔、家から高校までの自転車通学路が、行きはずっと下り坂なのに、帰りは遠回りをすると、全く坂を登らず帰って来られるので不思議だなーってずっと思っていたのですが、上り坂だと感じないくらい、スリバチの壁面をなぞりながら帰ってきてたんだなーっということを思い出しました。

●「好奇心を転職に変える、空想教室」植松努

日本一感動するスピーチ?で有名な植松電機の植松努氏の本。
中学生くらいに良いと思うけれど、大人にも、なんとなく感じていたことがきちんと丁寧に言語化されていて、頭の中がクリアになる1冊。
どうして夢を持つことが大事なのか、これからの時代はどうして学力や学歴ではないのか、という事が、現実的な説明で書かれているので腑に落ちやすいと思います。

あとは好きで読んでいるのは日本一の投資家、竹田製菓の竹田和平氏の本とか、それとあとは簿記3級取得するので、そのための参考書です!

かなり家にいる毎日です。


d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-08-13 15:48 | 本・絵本
「日本の家」展
d0012237_23160475.jpg


猛暑日。すっごく暑かったのですが、新宿で買い物をしたり涼んだりと
のんびりしながら、午後は近代美術館の「日本の家」展に。
1945年以降の日本の建築、黒川紀章の中銀ビルとか、セキスイハイムの生産性が高いユニット工法第一弾である「プレハブハウスM1」、無印の家、など現代への変革、あとは色んな視点からの住宅建築のいろいろで、特に私は、独創性の高い現代建築よりも、昔の箱型の家とかモジュールとか、ミニマムな住宅が好みなので見るポイントが偏りましたが、かなり面白かったです。

もの凄く小さなジェンガが出てきたので、息子と対決。
白熱しました。

実家の父に送るアスコットタイを縫う。あと3枚縫わなくては。


d0012237_23240687.jpg

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-08-09 23:28 | おでかけしました
新作ご紹介
d0012237_21223365.jpg
夏休み中ですが、新作の「おんなのこセットアップ」90〜150をご紹介しています。
(夏季休業中なので、ダウンロード&クレジット決済のみで承っております)

私が、ごく普通の、それでいてちょうど良いサイズ感のものに拘るので、地味といえば地味。でも地味好き。
子どもって、なんで、なんでもない洋服が似合うというか、洋服で飾る必要がないよねぇ。いつもサンプル縫いながら「ちょい地味かな」と思ってても、着てもらうと途端に映えるのに驚かされます。
毎年見て知っているはずなのに、毎年その大きさと美しさに驚いて感動する夏の花火のようだなと思う。
それでいてレースもフリルも似合って、小さな女の子の魅力は青天井だな。

という妄想が止まらない新作です。
あえていうなら「かんたんに作れる」事と「邪魔しない」が特徴の、夏の暮らしに馴染むセットアップです。今年はやっぱり上下とも同じ素材で、インして、オールインワンを意識した着こなしで。

8月に入って、残りの夏休みはどう過ごしますか。
勉強と、読書と、仕事と、きっと毎日そんな感じの、涼しくてマイペースで地味な感じになると思います。今年の夏休みは、博物館とか美術館の企画展もどれもピンとこなくて、映画も心を動かされるものがなく。
大谷の地底湖クルージングがハイライトだったかも。
ちょっともう残暑の気分です。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-08-03 22:19 | おみせのこと
次回新作
d0012237_21224083.jpg


次回新作、おんなのこセットアップです。90〜150まで。
インして着ると、とても可愛い上下のセットです。
上下とも作りはシンプルで、上下作ってもそう時間はかからず。
夏らしく軽いイメージで。
ご紹介は8月に入ってからになります。

生地は、布マーケットさんの、ハーフリネンシーチング(タンブラーワッシャー)です。布帛ですが多少ストレッチ感というか、横に伸びる特徴がありますが、縫いにくいほどではなく、良い感じの肌触りと、お値段と、カラー展開36色。
そして、上下同じ生地で縫う場合にちょうど良いと思われる厚みです。
衿ぐり袖ぐりのバイアステープも、共布で綺麗に仕上がります。
サンプルはダークグレーです。

数日留守にしますので、お問い合わせにお時間いただく場合があります。


d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-28 21:43 | おみせのこと
2度目の大谷
d0012237_17040327.jpg

2週間ほど前に行った大谷にハマり、2度目の栃木県、大谷です。
今回は、一般人は入ることができない場所を案内してもらえるツアーに参加。
危険なので、情報を元に人が立ち入らないように、位置情報を明らかにしないようにという指示もあり、なかなかディープで身が引き締まる感じです。

最初は大谷石で作られた古い建造物などを、ガイドさんと共にマイクロバスでまわりながら移動。
そこから現行の採石場へ。
物凄い深さで、高所恐怖症の私は卒倒しそうでした。写真を撮りたいのに足がすくんでしまい、多少びびった感じのアングルになりました。奈落です。ラピュタの世界です。
横に掘り進む入口が写真にも写っていますが、中は先日の大谷資料館のように地下神殿のような感じになっているみたいです。
3枚目の写真は、掘り出した大谷石を削っているところです。

この時点ですでにかなりの満足感でしたが。
その後、全員で長靴に履き替えて、かなり古い朽ちた採石場の出入り口とか、石工さんの暮らしがわかるような場所とか、お話とか、ありながら、採石場跡へ。
ここも位置情報NGですが、映画や戦隊モノのロケなどに使われたりしているようです。
石工さんが技術を競った遊びの跡とか、ガイドさんのお話を聞いていると、当時の暮らしが見えてきて、本当に興味深いです。
戦時中は軍の施設としても使われて、実際に会議が行われていたと思われる場所や、戦闘機の部品なども作っていた場所もありました。
その場にいると、タイムスリップして自分もその時代にいるような錯覚さえします。

自然の恐れ多さ。
人間と自然。
それぞれの内側にある神様の存在。
人の営みが作った産業遺跡。
ガイドさんが素敵な人で、若いながら確かな専門性と、飾らない人柄、いつも自然と共にしているからこそ出てくる深い哲学など、「誰が」ガイドしてくれるのかが、私にとって非常に意味を持つのだな、ということも感じました。

山道を、草をかき分けて歩くようなコースで、前日の雨でぬかるんでいるし、長靴を履いて、思ったよりハードです。もちろん楽しかったですが、70代だと厳しいだろうなぁ。妊婦さんはNGだろうし、子どもは小学校低学年、なら行けるかしら。高尾山の沢登りコースが行けるなら行けるかも。(ツアー参加の条件に基準が設けられているかもしれません)

d0012237_17040396.jpg

そして、本当のメイン。水が溜まったところをボートで進み、もっと奥へ。
ライフジャケットとヘルメットを被り、ボートに乗りこみます。
「ナポレオンの村」というドラマのロケで使われたところだと思います。

その奥でまた上陸し、一番下の写真の場所があるのですが、この時期、外と中の温度差で発生する霧のようなものが、とても幻想的でした。

めちゃめちゃ面白いツアーでした!!!
ツアーでないと行けない場所がある。
そして、スケジュールで動くのが嫌いな私にとって、ツアーのイメージを払拭する、本当に良い内容で。想いのある人が作る企画に、心底感激しました。
押しつけがましくなく、商売丸出しじゃなく、誰もが幸せになるビジネスのあり方も学んだ気がします。

どこのなんてツアーかは一応書かないでおきますが、興味がある方はメッセージください。
(私も普通にネットで見つけたので、普通に検索して見つけられると思いますが)

d0012237_17040409.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-27 17:52 | おでかけしました
スタンダードTシャツ90
d0012237_08441757.jpg

可愛い写真を送ってもらいました。90サイズ。
スナッピーライフさんの無地ライクのラスティボーダーに水玉プリントです。
パネルなので、柄合わせを楽しめますが、サイズ的には90だけ無理なく適応できそうです。

お問い合わせいただいている次回新作ですが、8月頭にはご紹介できる、子ども用夏のセットアップです。

最近買ったものにもお問い合わせいただきましたが。
ものをあまり買わなくなってきたので、何があるかなあと探してみましたが。

●古い革のバッグ
古着屋さんで一目惚れしたもの。上質のふっくらとした革製で、口金のデザインといい、大きさやバランス、最高に素敵です。
浴衣にもよくあいます。
古いものなので口金からすぐ布が外れてしまい、リペアしようとお店に持って行きましたが、傷みがひどいせいか断られまして。自力で直しました。

●大谷石のペーパーウェイト
先日大谷資料館に行った時に購入してきました。

●デッドストックのトンボのブローチ
これもビンテージショップに置いてあったもので、なんだか目が離せず購入しました。

●復刻版の梅酒瓶
近所にできた台所道具のお店で。
色といい形といい、今年はもう梅ジュースを作った後でしたが、やっぱり気になって買いました。

必要なものはすでに持っているから、なぜかわからないけれどどうしても気になる、という物ばかりが最近の購入ポイントです。でもみているだけで幸せな物です。
私は、見るだけでなく使えるものに
幸せを感じるのでそれも基準になります。


d0012237_22062902.jpg


d0012237_10415135.jpg






◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-27 13:09
新作ご紹介しています。
d0012237_21091169.jpg

新作の「キッズスタンダードTシャツ」を販売しています。
と同時に、夏休みのお知らせも。
今年は7月22日〜8月21日まで。
だいたい1ヶ月、お休みいただきます。
とはいえ、特に予定もないので、内部的なお仕事をしています。
もう1つ、出したいものがあるので、さらっと出すかもしれません。

潜在意識の方の子どもとの夏休みの過ごし方講座で「夏休みは退屈しよう」という話をしたこともあり、この夏休み、せめて2週間くらいは私も、なーーーーーんもしないという時間を過ごしてみます。
とことん頭の中の断捨離をすることで、生まれるものを見てみようと思います。

あとは恒例の花火と、すごく珍しく単発のツアーを申し込んだのでそれと。
本を読みたいのと。部屋の断捨離と。
そんな感じの夏休みになりそうです。


【ブログでお答えしますコーナー】

●新作Tシャツは、ユニセックスですか?

はい、ジュニアサイズも、男女の区別のないユニセックスラインで作っています。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-14 21:41 | おみせのこと
次回新作、キッズスタンダードTシャツ
d0012237_21530022.jpg

次回新作の、キッズスタンダードTシャツです。
今更なんでこんな普通のTシャツを?という視点で見ることもできるけれど、デザインでのごまかしが一切きかない、ストイックなアイテムが最近本当に好きで。
数年ごとに少しずつチューニングしながら、いつでもその時の自分にとっての「究極の普通」でありたいアイテムです。
私は何でも、適度な距離感というのが好きで。
洋服を着た時のゆとりって、そんな感じなのかなと思います。
動きを邪魔しないように、体との間に空気の層を作り、それでいて生地が体についてくるくらいの離れずの距離。考えただけで心地良いとおもう。

あ、子ども服なのでせめてものデザインポイントで肩布はついていますが、もちろんつけないという選択もできます。

シルエットだけで、いい。
という究極のデザイン。
だって本当にカッコ良いですよ。
特にこのラスティボーダー(snappy life)との組み合わせ。和歌山のニット屋さんが作る昔ながらの生地です。ただの天竺ではないのです。
お店のサンプルでもほとんど出てこないボーダーですが、いや、もちろん嫌いじゃないです。でもなぜだか普段は手に取らない、それは好みなのかもしれないし、違う要因があるのかもしれないけれど。
この生地だけは個人的に別格で。

触り心地だけじゃなくて、天竺って生地端が丸まるけれど、その丸まり方も柔らかいし、厚みは出ないし、洗うごとに風合いが増すし、やっぱり縫う時の気分の良さが違います。最近特に、好きな生地でしか縫わなくなってきたので、個人的に大事なポイントです。

横伸びもしない。縫い伸びしない。
考えてみたら良いところたくさんある。


【ブログでお答えしますコーナー】

●サンプルのリバティ、2011春夏柄ライザードだと思います。

きゃー!ありがとうございます。
すごく可愛い柄です。色も。

●ブログやめるのですか?

ちょっとまだどうなるかわからないのですが、ブログは好きなので。
これからやろうとしている事などに、うまくハマるかどうか。
検討中です。「やめないでください」等のメッセージありがとうございます。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-13 00:20 | おみせのこと
大谷石資料館とトロッコ鉄道跡散策
d0012237_10030847.jpg

暑くなって、外を歩く感じじゃない昨日は、栃木県にある、大谷石の資料館に。
よくPVやテレビのロケ、イベントやコンサートに使われている場所のようですが、以前から行ってみたかったところです。あ、結婚式もできるみたいですよ。
アクセスは車だし、地下30mの巨大空間は気温10℃。昨日のような日には最適なお出かけでした。

普段から行きたいところややりたいことの種だけはたくさん蒔いて(情報収集して)おいて、実際に行くところは、その日の朝に「どこが今日という日に最適だろう」と考えて決めています。
何年先になるかわからないような場所も、ストックしています。
大谷資料館も数年前から行きたいと思っていたところでした。

ギチギチに詰め込まず、あとはその日の流れで。
という事で、車で東北道を2時間ほどで栃木まで。
インターから大谷資料館までの道中に、ロマンチック村という道の駅があって、そこもなかなかよかったです。夏野菜とか加工品を買い込みました。
そのあとの大谷資料館。

まず何と言っても石切場の風景が圧巻で!石切場はそもそも危険が多く、近寄ることもできないところが多いようなので、これだけでも見応えありました。


d0012237_10030963.jpg

中は気持ち良くて、10℃。羽織りものくらいでちょうど良い感じでした。
とにかくどこもかしこも幻想的です。
この温度だからか、これだけ湿度もあって外と繋がってて、水も溜まっているのに、虫もいない。出たくないくらい心地良く過ごせました。

私。↓

壁の格子模様は、機械で石を切り出すときについた跡のようですが、独特の陰影を作っています。

d0012237_10030990.jpg

そのあと、地域的にも大谷石でできた建造物が多くあるので、それをさらっと見て回ったり、資料館でいただいたマップで、近くに石を運んだトロッコ跡(大谷石材鉄道)があることがわかって、そこも気になって行ってみることに。

トロッコ鉄道の跡は、地図に一応「こういうのがあったよ」と描かれてはいましたが、今や、なーーーんもない農道です。
でも歩いてみることに。
本当に今見てわかる当時の痕跡は残ってないんだけど、人が暮らすために作られた道とは違う延び方から色々と想像していると、普通の農道がトロッコの線路に見えてくるようでした。

話せるような人がいたら聞いてみたかったけれど、そういう人にも出会わず。
でも、見つけました。↓真ん中の写真。枕木です。
トロッコに使われていたものであるかまでは証明しようがないけれど、嬉しい発見。
そして、枕木の両端に埋め込む鉄の輪もありました。(3枚目)

涼しく過ごす計画だったけど、思いがけず暑い中の散歩。
でもそんなの関係なく楽しかった!
歴史上の偉人、将軍、お城などにはあまり興味ないのですが、確かにあった「普通の人の暮らし」は個人的に面白くて仕方なく。



d0012237_10030965.jpg

突き当たりの公園には、東武鉄道の社有地だということを示す杭が立っています。
この先、東武鉄道によってここがまた活用されることはないのもかもしれないけれども。

普通に子どもとお出かけの場合は、ロマンチック村(水遊び場や公園もありました)と大谷石資料館、という組み合わせが、無理なくちょうど良さそうです。

息子は高校生になり、私がちょっと遠出して1日遊んで帰ってきても、むしろ彼の方が帰宅が遅いです。朝も7時前には出ちゃいますし、帰りもギリギリまで友達と一緒に過ごして帰ってきます。帰巣本能あまりないタイプのようです。
帰宅するとお互い、昨日は息子は「学校帰りに映画観てきた〜。パイレーツオブカリビアン」私は「大谷石資料館行ってきた〜。勇者ヨシヒコのロケ地だったよ〜」みたいな話をしています。期末も終わって、気分は夏休みのようです。


d0012237_10430733.jpg
帰りに見えた夕日。

d0012237_10030886.jpg
【ブログでお答えしますコーナー】

遅くなって本当にすみません。
ブログを今後どうするか検討中です。
Facebookで店長発信をしていくので、それもよかったらどうぞ!


●グレースブラウスでワンピースを検討したことはありますか?

商品としては検討していないですが、ワンピースにすることはできると思います。
ヒップ寸法を取って、そこに繋げるように延ばせばできると思います。


●子どもスリットブラウスで着ている、リバティの柄の名前はなんですか?

これ、私もわからないんです。
どなたかご存知ないかしら。

世の中、ほとんどを検索で調べられるけれど、顔はわかるんだけど〜、の類は調べようがないですよね。
私ももう一回調べてみます。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | # by polka-drops | 2017-07-11 11:00 | おでかけしました
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin