鎌倉
d0012237_12221682.jpg

紫陽花真っ盛りの鎌倉。
雨の予報で月曜日だから空いているかなーなんて思いながら行ったのですが、それでも人は多かったです。
ただ、紫陽花の絶景をまともに見ようと思って行ったわけでもなくて、歩いているだけでそこかしこにある紫陽花を楽しめるだろうから、紫陽花スポットのお寺などは行かず、鶴岡八幡宮もスルーしました。(なので個人的な混雑感はなかったです)あ、でも鶴岡八幡宮は少しだけ通ったのですが、もう蓮の花が咲いていて綺麗でした!

行きは小田急ロマンスカーで、と思ったのですが、片瀬江ノ島までは休日のみの運行だそうで、それなら1本で行けるJR湘南新宿ラインで北鎌倉まで行き、そこから歩いて鎌倉まで。というコースに切り替えました。

北鎌倉から鎌倉街道は一本の切通し道。三方を山に囲まれた鎌倉は、切通し道を作ることで人やものの往来を図るとともに、敵が攻めてくる道筋が決まっているので確実に仕留められる意図があったそうです。敵の気分で頼朝の兵が上から矢で射てくるのを想像しながら丁度良い距離(2㎞くらい?)を歩きました。小町通りは今や軽井沢のようになっていて、パンケーキとかおしゃれな雑貨屋さんで凄い人。
おじさんおばさん(我々)は、ほとんどスルーで鎌倉駅まで歩き、そこから江ノ電へ。

一駅目の和田塚にある、行きたかった「木木(きぎ)」という名の手芸屋さん(洋服アイテムや雑貨もある)に。そこでは「点と線模様製作所」の生地がハギレで販売されていたので、グリーンの、絵本のような刺繍の生地を、モチーフと一緒に購入。
布博や蚤の市のパンフなども置いてあって、こういうの行ったことがないのですが、行ってみたい。でもきっと凄い人の多さなんだろうなぁと、毎年自分の中でせめぎ合いがあります。
でも混んでたって、1つも見ることができなくたって、それはそれでまぁ良い、なのですよね。夏の暑い時期だということもあるのかもしれないけれど。

その「木々」というお店に行きたかったので、そこを軸にあとは、今もなんでもないように残っている古い建物を楽しみながらプラプラ気ままに歩いて「お茶にしよう」と入ったお店が、ブックカフェのように本がたくさん置いてあるのですが、そのラインナップが個人的に素晴らしくて!
大好きな町歩き系や、平屋の本、地形の本。かなり根が生えてしまいました。

由比ヶ浜まで歩いて、また江ノ電に乗って、なんとなく乗ったことがない湘南モノレールに乗りたい気分になり、江ノ島で降りて乗り換え。これがヒットでした。
のっけから、このビルのような駅がたまらんです。
日本にはモノレールの流行した時代があって(70年代くらい)その昔いろんなところに作られた。でも、新しく開通するものもありつつも、多くは廃れて廃線になっていたりする、湘南モノレールはその古いタイプのモノレールの仲間のようです。
懸垂型で、ぶら下がっている感じの揺れが面白く、ジェットコースターのような感じ。高低差があるし、下が道路だったり、山間の鬱蒼とした感じだったり、トンネルまであって飽きないです。

大船まで出て、やはり湘南新宿ラインに乗り、新宿経由で帰ってきました。
結局雨は降らず。そろそろ虫が出てくる頃かな。
出かけにくくなる暑い夏までもう少し、外歩きを楽しみたいです。


d0012237_12432547.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-06-27 13:17 | おでかけしました
<< 大谷石資料館とトロッコ鉄道跡散策 | ページトップ | 次回新作 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin