カテゴリ:収納・インテリア2( 28 )
Top▲ |
部屋の片づけ
d0012237_13204769.jpg

部屋をより使いやすくしているところです。
今のところは不要なものをまた更に処理していることと、個人的視点で使うものを使うべきところに、を徹底し直しているところです。なので写真では伝わりにくいところなのですが。
もともと小さい住まいなので、どこに何があってもすぐ取れるし使い勝手も悪くなかったのですが、もっと使えるものを、置き場所のせいで使わなくなっている、ということが発生していることに気づいた事と、さらに使いやすい部屋を目指して。

私にとって部屋は、くつろげる場所というよりも、作業するところに近いです。でもその作業するところの快適さが、イコール居心地の良い部屋になる感じです。
おこたでテレビ見ているようなほっこりとしたくつろぎではなく、カフェで長居するくらいの感じ。解放しすぎない空間、なのかなぁ。その代わりベッドは人をダメにする生地のクッションなど置いて、完全に解放しています。

戻します。
例えば、雑誌の切り抜きのファイルは生地の置いてある棚にしまっていたのですが、ジャンルは同じでもよく考えたら、もっと目につくところに置いて手に取れる回数を増やした方が活用できるのではないか、ということや、同じ棚でも、手に取りたいものはより目の高さに近いところに持ってくるなどの工夫をしました。

ガシガシ開閉する作り付けの扉付き棚は玄関の隣にあって使いやすい場所で頑丈なので、普段からよく出して使う「道具やツール」、古い本棚の方は、普段使わないけれども暮らしの中の、ほっとする時間に使うもの、時々出したいもの、それと、季節のものを、別の部屋の物いれに収納していたのですが、数は厳選して、手に届きやすいここに持ってきてまとめました。
そうする事で、重い腰を上げなくても季節の準備ができるようにして。季節が意外にもあっという間に巡ってきて、季節物の出し入れの時間の間隔が狭まってきているように感じます。

究極のめんどくさがりなので、歳とともに、なんでも手の届くところに持ってくるようになったと言えるかもしれません。

ミシンの横には副資材の引き出しを。
アイロン横の棚は仕事とソーイングに関する全ての資料などを。
電話が置いてある小さな棚は、工作に関する全てが入っています。

人によって考え方は違うと思いますが、私は持っているものすべてを使って暮らしたいと考える方で、逆算すると、それほど多くのものを所持することができないということにもなります。
常に厳選して凝縮させた、濃度のあるものを長く使う。
それっぽく書いていますが、要は管理する量を少なくしたいというめんどくさがり、そして、ものに縛られずに生きたいというわがままがあるのかもしれません。

本は流動的で、どんどん購入したり借りては読みしていますが、一定量を保っています。物入れの上部には手元にとっておく本が押し込められています。
本棚がない我が家です。
結構本があるので欲しいのですが、本を置くために本棚を買わず、これだという本棚を見つけたら買って、その本棚に合わせた部屋作りを今度はしたいと思います。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-01-23 13:57 | 収納・インテリア2
よく使うもの
d0012237_08342150.jpg

よく使うものを、届きやすい場所に、ワンアクションで、というのは収納のお約束ですが
私はA4とA3のOPP袋をよく使うので、いつも座る場所にセットしてあります。
本当はPCのキーボードを置く場所なのですが。

スペースを作ろうと、A4をA3の上に重ねて置いて、隣に文房具を並べていた時もありましたが
A3を1枚1枚引き出して使うという、そこに神経を使うのが、たったそれだけの事が
微細にストレスになりうるようで(そーっと作業しなくてはとか、うっかり2枚引き出しちゃって
戻すのに気が重いとか、くちゃっとなったらどうしようとか、細かい事なのですけれども)
そこはスペースをぜいたくに使います。

細かいことなのに、それが快適だと、仕事や作業のモチベーションが下がらないんですね。
モチベーションって、高い事も大事ですが、下げないこともとても重要で。
それは意外にも小さい(ように見える)部分がキーである事も多いから、
いつも自分がどう感じるか、という事を念頭に置きながら、部屋を調整しています。

ソーイングをしようと思うなら、道具はできるだけワンアクションで出せるようにしておくこと、
できればミシンやアイロンは常に出しておく。
それだけでも縫うモチベーションはかなり違います。
「縫おう」と思う方がずっと難しくて、縫う環境を先に作ってしまった方が早いでしょうね。
縫うのは好きでも、ミシンを出してくるのは好きじゃない、億劫だというのは皆、同じですものね。

---------------------------------------

ピーナッツラインパーカーのリニューアルに伴い、結構変更箇所が増えたため、
ピーナッツラインパーカーの手順で作った「縫うを見る」テキストも廃盤になるのですが、
廃番にするにはもったいないなーと、個人的にパラパラ見ながら考えています。
ニットの基本的な縫い方や、他のソーイング本には書かれていない事、テクニックがあり、
ニットを縫うのに、知っておくと良い事が網羅されているからです。

新しいバージョンを作る事は今のところ考えていないのですが、
どうにかしたいのも本音です。

----------------------------------------

先日「湧水などの情報はどこから?」とお問い合わせいただきましたが、
湧水関連はこの本が参考になります。
地味ながら、興味深い場所がいくつもあるし、
せせらぎ系なので、川なんかも浅くて、お子さまが水遊びようなところも結構多いです。
もう秋ですが。

秋はスターハウス(参照記事)を探しに行ったり、観ておきたい映画。
日帰り小旅行。色々と楽しみが多いです。


d0012237_08342131.jpg

東京湧水せせらぎ散歩

高村 弘毅/丸善

undefined



d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-09-16 09:03 | 収納・インテリア2
間取り
d0012237_12100980.jpg
以前も間取りのお問い合わせをいただいたと思うのですが、
離婚の事を公にしてなかった頃はそれにお答えできず、でしたが
最近また収納のお問い合わせなども増えているので、我が家の間取りを描いてみました。

東京で2人暮らしで、全部で50㎡。狭くはないです。
駅から遠い場所なので、エリア的には人気というわけではありませんが。
個室も広め。私の方が7.5畳あり、息子が6.8畳。
収納が少ないです。
大きな家具はなく、小さな棚が多いのですが、もう少し減らしたい。
(でも処分したくない古家具ばかり)

日々、断捨離とか整理をしているのですが、
そういえば模様替えはあまりしないです。
またちょっとずつご紹介していきます。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-09-14 12:23 | 収納・インテリア2
模様替え後の写真
d0012237_08302445.jpg


生産性が上がりそうな部屋になりました。(個人比)

広さは8畳近くあります。ただし収納なし。
収納がないという事は、すっきり見せる事に、
より頭を使う事になるとは思いますが、
全てのものを、使い勝手に合わせた場所に置くことができる。とも言える。

洋服も生地も本も、雑多な色々なものも、リビングから見えにくいように
どこに何を置くか、それでいて生活の中で無理なく手に取れる位置にあり
無理なくしまえる仕組みになっているか。
違和感のある隙間がないか、逆に詰め込み過ぎるところはないか
安全のためと、部屋を広く見せるために、高く積み過ぎていないか
いろんなことを考えながらベストを探ります。

こういうところには、性格の中の緻密で細かい部分が出るようです。

家具類は大きなものは持っていないので、フレキシブルに使い、
ほぼ過不足なく、おさまるところにおさまりました。
買い足しも処分もなし。すっきり。

可能な限り、床には直接物を置かないようにし、部屋の角まで
掃除ができるようにしました。(マメに掃除するかはともかく)
掃除が好きなのではなく、掃除がしやすい部屋が好きです。
(掃除が好きでないからこそ、いざ掃除となった時に少しでも
ストレスなくできるようにしたいのかもしれません)

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-11-30 08:45 | 収納・インテリア2
模様替え
d0012237_20380314.jpg

今日は、楽しみにしていた予定があったのですが、急遽キャンセルに。
がーん。
がーん。
がーん…かなり楽しみだっただけに結構なショックで。

とりあえず1人で拗ねて感情を出し切ったあと「さて、どうしようかな」
(余談ですが、拗ねずに我慢して切り替えるのは危険です。きっちり拗ねて(←私は1人で)
我慢を何も残さないようにしてから次にいくと、ストレスを少しも溜めずに終われます)
お天気はいいし、1人で出かけることも考えたのですが、
いや、それよりも、大物を洗濯して、模様替えを大掃除兼ねてやってしまおうと。
そうしておけば気分は良いし、年末の忙しさも軽減するのでは。
昨日「模様替えは、脳の働きが活性化するので年齢問わず良いそうです」という
コメントをいただいたことにも背中を押され、部屋の使い勝手や掃除のしにくさなど
気になっているところももちろんあるし。
そんなわけで模様替えをしました。

私の部屋は手前がリビングになっているので、ベッドができるだけ見えないように
配置しようと、色んな兼ね合いも含めて棚や洋服ラックの手前になっていたため、
隙間が色々なところにできて掃除がしにくかったのと、壁から離れているために
ベッドの上で、壁にもたれて読書ができない不満がありました。

そこで今回の模様替えのメインは、ベッドを壁面につけること。

パソコン台、アイロン台、ミシン台、作業台の仕事スペースは
できるだけ動かさないようにしたかったのに加え、
部屋の右側にベッドを持ってくるとリビング側から見えやすくなる。
そんな感じで、窓を少し潰す感じになりますが、窓側に。

スチール棚はアイロン台とL字に組み合わせて、ピッタリ壁面に。

これだけの事なのですが、少しずつ考え考え試しながら進めていったのと、
スチール棚に乗せていた生地は別の棚に移し、
本なども入れ替え、動線に合った収納にしようと思うと、
細かいところまで出したり入れたり移動したりして、丸1日かかりました。

あちこちに積んでいた生地も1か所にまとめられ、
まだもう少し、生活しながら調整していくとしても、
使い勝手良さそうな感じにまとまりました。
私の部屋は仕事のもので半分以上占めています。だから「素敵な」という雰囲気ではなく
ちょっとこましな作業部屋、といった感じです。

ちなみに全部出して整理し直してみても、使わないであろうものがほぼ出ず、
ゴミはほとんどありませんでした。




d0012237_20380662.jpg
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-11-29 21:08 | 収納・インテリア2
引き出し整理
d0012237_08575719.jpg

副資材の引き出しを整理しました。
浅い引き出し1つに1種類、と決めていて、そこに入るだけの量。
(ファスナーは数があるので引き出し2つ使っています)
見やすく、引き出したら最少アクションで取り出せ、しまえるように。

頼まれものを縫いながら、煮詰まったら引き出し整理。
引き出し整理の方が楽しくならないように要注意です。

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-08-10 09:30 | 収納・インテリア2
スクイージ
d0012237_17405063.jpg

お風呂掃除のお話をしたのですが、欠かせない道具、スクイージ。
ステンレス製、業務用です。

色んな洗剤は買いませんが、道具はそれなりのものを使います。
これ、きれーいに水滴が取れます。そして力をあまり必要としない。
スクイージは、実はこれまで色々なものを試していますが
これがダントツで良かったです。
「良い物は良い」は言葉にすれば当たり前の話ですが、言うだけじゃなくて
やっぱり「使う」に至るかどうかが大きな差になると思います。
色々試したり、自分にとっての使い勝手を考えたり、時間と手間が必要になりますが
ちょっとした使い勝手の違いが、結果を何倍も違ったものにしてくれる。
「これでいっか」にしなくて良かった。

もともとマメな方でも真面目でもないので、いかに「私が」毎日続けられるかを考えて
道具や方法を模索します。お掃除が「気持ちいい!」と思えばしめたもの。
嘘みたいに水滴が取れると、家族も面白がって手伝ってくれたりします。

収納には興味ありますが、インテリアにはあまり興味がありません。
部屋で過ごすイメージは、落ち着けるかどうかというのはもちろんありますが、
基本的に自分が快適とする部屋の基準は「掃除がしやすいかどうか」です。
だからといって、本当にまるで何もない部屋にしたいわけでも、
全てが収納されていて生活感のない家にしたいわけでもないのですが、
今あるものを、できるだけ掃除しやすい配置にすること、
床に物を置かない事、あたりがちょうどいい塩梅です。





d0012237_17405028.jpg

洗濯機洗剤と同じシリーズの食器用洗剤。
以前使っていたものが、近くで手に入らなくなってしまったこともあり、
これに切り替えましたが、使い勝手、汚れ落ち、とてもよかったです。

久しぶりに昨日のごはん写真。

d0012237_17405041.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-05-13 18:12 | 収納・インテリア2
共同生活の整理収納

お問い合わせをいただきました。
「家族はモノを捨てない。捨てさせてくれない。どう言えば伝わるでしょうか?」
といった感じです。

私は整理収納のプロではないですし、心理学的なこともさっぱりなので
的確な答えができるかどうかはわからないのですが…
しかもまとめられず、すごーく長くなりそうな気がします。
根気のある方だけ良かったら。

収納のプロである知人は
「ぐっちゃぐちゃの部屋でも、その人が幸せならそれがベストな収納だ」
と言います。息子は整理下手ですが、汚い部屋にいても幸せそうです。
散らかっている方が落ち着くという方も、いると思います。

今は「モノが少なくて片づいていて、掃除が行き届いているのは良い事だ」
といった雰囲気があるけれど、それぞれが幸せだったら
汚かろうが、物が多かろうが、それは、個人の考え方の問題であって
「良い」とか「悪い」という判断ができるものではない。でも
一緒に住んでいて、そのあたりの考え方が家族で違うと、ストレスになりますよね。

この方の場合、ご家族が物を絶対に処分しない、と頑ななようで、それも
はたから見るともう使わないだろうというようなものをかなり大量に、
部屋を借りる時に、余分に一部屋広い物件を選ばざるを得ないくらいに。
それは確かに、大変なストレスと言えそうです。

まずは、残念なことかもしれないのですが、このケースに限らず、
相手に何かを望む時、相手が変わってくれる見込みは基本的に薄いということです。
話し合う事で歩み寄るという事はできるかもしれませんが、
「歩み寄る」って要は「妥協」ですから。中途半端にお互い歩み寄っても
中途半端な解決にしかならない、根本的に解決されない、でも落としどころは必要で、
我慢できる程度で折り合いをつける。でも、その場はそれで納得するのですが、
小さなストレスをその後も溜めていきかねない、ような感じが
どうしてもぬぐえない気がします。個人的な考えですが。
「妥協」で心から満足なんてできないのが当たり前です。
仕方ないからそうするだけで。
気持ち良く歩み寄れたらもちろんそれがベストではありますが。

収納に限らず、相手を変えるって難しいことなんですよね。
変えられたとしても大変な労力ですし、変わったように見えても心はそうでなかったり、
そうすると相手は別のストレスを溜めます。違う形で表面化する。
そもそも、何というか、相手を変えるという解決方法は「相手次第」になってしまうので
自分1人じゃどうすることもできないというのが自分もストレスなんですよね。
自分が頑張って解決するなら頑張れるけれど、希望は言えても
実際に動くのは相手ですしね。本当にやってくれるのか???って
そういう事を気にしなくてはいけないなど、やはり自分もしんどい気がします。
相手も自分もしんどくて、メリットの少ない問題解決方法です。

まぁそんな感じで、私は、人生において、相手を変えようという考えを
ある時からやめました。すっぱりとやめました。
子育てに関しては「相手を変える」と「相手に教える」が似てることがあって
変えたいわけじゃないけれど、教えなくちゃいけないってところで混乱して
そこからくる失敗も多々ありますが。

で、戻して、家族にも断捨離してほしいって話の場合。
解決になってないって言われたらそれまでなのですが、
やはり荷物部屋を一つ確保して、その部屋はご家族に管理してもらって、
自分はその部屋に関してノータッチ。出入りしない。
荷物部屋はできるだけ忘れることにする。
荷物部屋の分の家賃は心の安定に必要な経費として割り切ります。
線引きをきっちりするという事でしょうか。
具体的な行動で早急な落としどころを考えるならとりあえずこの方法です。

で、それとは別に、ご家族を変えたくて変えようとするんじゃなくて、
世の中は断捨離の方向に向いている事もありますし、ご家族も
何かのきっかけで、断捨離への興味が芽生えてくるかもしれません。
不満や要求ばかり言うとご家族が反発されたりもあるでしょうし、
「認めてもらえない」という不満も生まれる(しかもずっと消えない)と思うので、
さりげなく、物が少ない生活の快適さとかを、ごく自然に刷り込むような
そんな取り組みも、考えても良いかもしれません。
ちょっと時間がかかるやり方かもしれませんが、
例えばですよ、便宜上使います。縁起でもないって話かもしれませんが
自分たちの両親が持っているものを、自分たちが処分する日が来た時に、
処分するという事の大変さに気が付いて、物は少ない方が良いと気づくかもしれない。
ご家族が自ら気づき、そしてそれが意識や行動の変化に繋がれば
それが一番、誰もが心から納得する解決方法だと思います。
心は変化するものなので、何かで気づく機会はあろうかと思いますし、
気づいたら良い方向に行く可能性は大きいと思います。

そして自分は、管轄のスペースは物を厳選し、掃除し、居心地良くします。
「片づいていて物がないのがこの人は幸せなんだな」とご家族に思ってもらえたら
見えにくいかもしれませんがそもそも持っているはずの「家族を幸せにしよう」という思いから
ご家族の意識や行動が変わるかもしれないですしね。
あ、でもあくまで「自分が気持ち良いから物を少なくして片づける」でいくという事で。
「あなた達のためにやってるのよー」って恩着せがましい気持ちが届いてしまったら
逆効果だという気がします。

我が家、息子の部屋がかなり酷いです。
でもそれを不快に思うのは私の問題です。
多少希望は伝えますが(洗濯物干しに行くのに、歩けるようにだけはしておいてとか)
基本的には放っておきます。
家庭教師の先生も通します(ホントすみません)。
声かけはしますが、とにかく本人が気づいてそこから行動してナンボだと。
私がどうしたいか(希望は言いたい)という思いはあり、多少伝えますが、
どうしたいと思い、実際どうするかは息子本人の問題です。
そこの価値観を(この場合)親子で一致させようとするから無理が生じるのであって、
(しかもそれ、ほぼ親のリードになってしまいますから間違いなく反発される)
きっちり分けて考えたら、散らかっている部屋を見てもストレスではなくなりました。
(だって自分は希望を伝えた時点で終了していますから。結果は期待しない。もし彼が片づけたら感謝!)

身近に、物を捨てられないという方がいます。
捨てられないというか捨てないというか、そのスタイルが潔くて、
話を聞いているだけで、自分と違ってても、不快どころかワクワクします。
私もそうなりたい!と思うほどに。
あれ??私、物が少ないのが好きなはずなのに。

ということは、モノそのものはニュートラルな存在で、左右するのは生き方なんだなぁと思います。
その人に共感できるかというところでしょうか。
その人を認められるかどうかとも言えるかもしれません。
だからまず「人」を認めたら「モノ」も違う見え方をしてくるのかもしれませんね。

直接期待に添えるような回答でない上、長くなってしまいました。
お読みくださりありがとうございました。



d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-02-23 11:54 | 収納・インテリア2
玄関
d0012237_15551299.jpg

玄関の写真のリクエストがあったので、撮ってみました。
玄関というか…独立されている感じではなく、入ってすぐ部屋みたいな感じ。
出入り口と、小さなスペースです。

以前、傘立ては、切り株に穴が開いたみたいなコンパクトな傘立てに差していたのですが、
とにかく足元が狭いので、それすら何となく邪魔な存在になっていて。
玄関扉裏のフックに変えたのはそういう経緯です。
切り株、今は、スマホの充電スペースに。

今日は新月ですねー!旧暦だとまだ2014年ですが
新年明けて、最初の新月♪


d0012237_17220358.jpg

◆ 
はくしゅとコメントはここからです。いつもありがとうございます。
◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2015-01-20 16:04 | 収納・インテリア2
傘立て

d0012237_13152561.jpg



我が家の傘立ては、無印のフック2つ。傘は3本で過不足なし。
何とかなっています。折りたたみも3つありますし。
無印では、玄関の裏側に傘を収納する提案として、
スチール面につけられるホルダー と スチール面につけられるトレー を
組み合わせてあるのですが、傘1~2本なら同じシリーズのフックでも充分。
なぜこれにしたかというと、ホルダーだと傘を抜き差ししにくいかなぁとなんとなく思って。
(で、下手なところに引っかかると、磁石だからずれたりするんじゃないかとか…
あと常に、ホルダーもトレーも水平を保っていなくては視覚的に気持ち悪そうだし…変なとこ細かい)
水滴の受け皿はつけてないのですが、扉を薄く開けると玄関外へ落ちるのでOKです。
(もしくは水滴が落ち切るまで表に出しておきます。)

先日の刺繍、カルトンペンフォレというものだと教えていただきました。
コメントくださった皆様、ありがとうございました。
私ははじめて聞く名前でしたが、150年ほども続いている伝統的な刺繍なのだとか。
刺繍するだけでなく、カットワークのように切り抜いたりもして作るものみたいです。
(参考サイトに適当なところがなかったので、カルトンペンフォレで画像検索してみてください)


◆ 
はくしゅとコメントはここからです。いつもありがとうございます。
◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2015-01-19 10:00 | 収納・インテリア2
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin