<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
柄の使い方例
ミミに平行に刺繍がボーダーで入っている入っている素材の柄部分を、
よくある裾ではなく、ヒップライン近くに持ってきて、
クールワイドパンツを製作してみました。
(デザイン yucchi 、縫製 santa )
サイズは100、女の子用です。
この生地、お値段も上質だったので 50cm買いですが、
ウールなので(巾が広い)足りました!

洋服の形を考える、私のような仕事もデザインですが、
作る人がそれぞれ生地を選んだり、どこに柄を持ってくるか考えたり、
どんな風に作ろうか考える、それがすでにデザインするということで、
その上、仕上がりの姿をよりリアルにイメージすることで、
より完成度が上がるのだと思います。
「人の能力なんて紙一重、違うとすればその表現力だけだ」
とモードの学生の頃、学長に言われました。
表現力を養うには色々な方法があると思いますが、
少なくとも誰でもデザイナーになれるんだ、と思うと
とても楽しくなりますね^^

d0012237_15274270.jpg

■おまけ■
普段110を着用するゆうとに、無理矢理着せてみました。

d0012237_15293286.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-30 14:51 | ソーイング
ボトムにポケットをつける 3
クールワイドパンツが完成しました。
モデルは5歳、身長109cm、体重16.5kg、サイズ110着用です。
リバーシブルツイル、かなり温かくやわらかいようで
本人は気に入っているみたいです。

d0012237_2201597.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-25 22:02 | ソーイング
ボトムにポケットをつける 2
ボトムにポケットをつける」続きです。
図を描いたので参考にしてみてください。
サンプルはあとベルトをつけるだけなので、
明日にでもUP予定です。

今回生地はチェックのツイルを使いました。
接結になっているツイルです。
私とツイルは相性があまり良くなく、普段積極的に買う生地ではないのですが
温かさとやわらかさにひかれて購入。
右斜め上方向に線(畝)が入るのが特徴の綾織りという織り方の織物で、
地厚の生地を作りやすいので秋冬に多くでてくる生地です。
お子様用のお洋服にも多く使われます。

↓クリックで大きくなります
d0012237_2253975.jpg


 ちなみにグログランのリボンは、ポールスミスでお買い物したときに
 結んでもらったものです。(ギフトだったので)
 ブランドのものは小さな所までこだわってきちんと作っているものが多いので、
 置いておくと、何かと使うこともできる場合があると思います。

■おまけ■
フェルメール展に行って来ました!
平日の午前中で、とても人が多かったです。
今回は音声ガイドを使って、ゆっくり回りました。
フェルメール以外の作品も良いものが多くとても楽しめました。
「牛乳を注ぐ女」は、赤外線やX線の投影による、
何度も塗りなおしたとされる事実をもとに
下に何が描かれていたのか、何を描こうとしていたのか、
作品が仕上がるまでの経緯や心情を検証していて、それも面白かったです。

最近は気になるエキジビジョンは生協で前売り券を購入しています。
買ってしまえば何とか時間を作って必ず見に行くので、
気づいたら終わってた・・・という事がなくて助かっています。

d0012237_2327462.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-24 23:25 | ソーイング
ボトムにポケットをつける
お店の商品のクールワイドパンツは、脇ポケットがついています。
脇ポケットは、他のパターンにも応用がききやすいので、
作り方を1つ覚えておくと便利です^^
でも無地などの素材の場合、前パンツ部分にポイントがなくなってしまい、
のっぺりした印象になってしまうという場合があります。そういう時は
ちょっとパターンをいじって、
脇ポケットではなく、こんなポケットはいかがですか?

d0012237_23143692.jpg

斜めにポケット口を持ってきて、手を差し込むポケットです。
向こう布は、付属のものをそのまま使います。
ちょっと浅めのポケットになりました。深さが欲しい場合はご注意ください
前パンツにポケット口を決め、そこに縫い代をつける作業をします。
パターンをいじるので、保管用にコピーをとると良いと思います。
少しずつサンプルを縫っていますので、できたらUPします。

d0012237_2319109.jpg


■おまけ■
昨日の夕方の景色です。我が家のベランダから。
d0012237_23201533.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-18 23:20 | ソーイング
sweet pants
シャツコールでスイートパンツ(アレンジ版、HPのfree pattern参照)を作りました。
可愛いものを見たり作ったりするのは好きですが、
私自身はあまりお洒落が得意ではないので、
秋冬はスイートパンツが数枚あれば過ごせます。
去年はかなりの暖冬で、スイートパンツとタイツで
真冬も過ごせたほどでした。
今年はどうでしょう・・・

ところでこのシャツコール、用尺ギリギリしか買わなかったのに、
裁断を間違えてしまいました。
同じ向きでパンツを2枚裁断というかなり初歩的なミス。
(右パンツを2枚)
一瞬真っ青になりました・・・
何年洋裁をやっていても、おっちょこちょいは直らないようです。
幸い接ぎが目立たない柄なので、パターンを細かく分けて、
接ぎながら作りました。(おかげで4時までかかりました)
仕上がりは普通に見えるのですが、左右で接ぎ方が違っていたりします。
生地が無駄にならなくて本当によかったです。

d0012237_111553100.jpg



■おまけ■
ゴム通しを新調しました。というか、いくつか買ってみました。
今回はクロバーの「スピードひも通し」を試しました。
柄が長くやわらかく、扱いやすいです。
お裁縫箱の中でも邪魔にならないのがいいですね。
今回はベルト巾に対してゴムの巾がやや太めだったせいか、
少し難航しましたが、中でゴムが外れてしまうというようなストレスはなかったです。

d0012237_11213827.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-17 11:21 | ソーイング
ファッションイベントに
高円寺の marbletron で映画とMパターン研究所さんのコラボイベントがあり、
興味があって1人でちょっと覗いてきました。
夕方6時からで、久しぶりにこんな時間に1人で出かけました。

美味しいごはんを食べたり、お茶をしたり、映画を見ると
いつも思う事があります。
「あぁもっと自由でいいんだな」って。
家で仕事していると、それなりの完成形を求めてしまうのですが、
(こもって仕事をしていると陥りやすくなります)
もっと未熟でも、不完全でもいいんだな、というような、吹っ切れた感というのか
「こうしなくては」という変な責任感から開放されて「自分が楽しむ」に
引き戻してくれるような気がします。

だから、主婦として常識の範疇ではありますが
1人で見たいものを見ること、必要だと思って出かけます。

昨日も割りとすぐ出て来てしまったのですが、いつもこうで、
美術展を見る時、じっくり見ません。さっと流して帰ってきます。
映画もさらっと1回だけ。(同じものを繰り返し見ない)
自分に必要だったり印象深いものは、一瞬で心に入ってきて残るから
じっくり見る必要はないんだそうです。
でも忘れちゃいますよね。(じっくり見ても見なくても)
だからその時のチケットやチラシをファイルしておくようにします。
こうするとファイルを見ることで、記憶を呼び戻す事ができる、
高校の恩師が教えてくれて、その頃からずっと続けています。

d0012237_1441968.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-15 14:41 | 美術展・アート
トートバッグ
スターバックスのタンブラーを愛用しているのですが、
時々バッグの中で倒れたりします。
漏れないのでいいかなぁ・・・とそのままにしていたのですが、
先日、タンブラーがすっぽり入るポケットのある
カジュアルなトートバッグが店頭で販売されていて、
ちょうど幼稚園のお母さん達と一緒だったのですが
皆「これはいいね~」という印象。
うちに帰って私も作ろうと、生地を出してきました。

表布、裏布のすき間を利用してポケットにし、タンブラーの形状に合わせて
ステッチを入れる、というアイデアは同じようにさせていただきました。
それ以外の仕様は素材やイメージに合わせて変えてみました。
大きさは普段使っているノートや文房具、化粧品などが
ちょうど入るような、使いやすいサイズにしました。

スタバのものは撥水加工された素材を使っていたのですが、私は帆布で。
職業用ミシンは、縫い代がかたまって帆布8枚重ねになっているところでも
難なく縫ってくれて快適です!
ステッチ糸で配色を楽しんだり、革の持ち手にはタグをつけました。
底には柔らかいウールを。(帆布に重ねてあります)
底布にするには贅沢なお洋服用のウールですが
色や雰囲気がスエードのようで、とてもよく映りました。

タンブラーが入っていても入っていなくても無理がないデザインで、
機能面でかなり優秀な所が良いと思っています。
スタバのは更に、タンブラーを入れることで、引っ張られて
持ち手のバランスが前後で変わるのを防げるように、
工夫がしてありました。(難しくて文章で説明できません・・・)
スタバでお茶する事が事がありましたら、一度ご覧になってみてください!

d0012237_1041336.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-14 10:41 | ソーイング
ボタン
洋服に使えるベーシックなボタンではなく、少し主張のある可愛いボタン、
使い道が決まっていないときは何故かいつも3つ買います。
何で3つなのかな。
生地の50cm買い(可愛いから欲しい、でもお値段もするので50cmだけ買うという買い方)
に似ているのかな。
我が家には3つずつボタンが沢山あります。

d0012237_0144517.jpg


■おまけ■
発熱してしまいました。高熱ではないのですがボーーっとしています・・・
寒暖の差が激しい季節、体調を崩される方が多いですね。
皆様、ご自愛ください。
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-13 00:16 | ソーイング
ロックミシンで簡単マフラー
自分のパーカーを作っていたら、なかなか進まず嫌になってきたので
簡単なアイテムを作ってみました。
裁断してまわりをロックしただけの簡単なマフラー。
表も裏もやわらかくて少しメンズライクな色(グレー×ネイビー)の素材があって
tomoのカーデガンになる予定だったのですが
肌触りがよいのでゆうとのマフラーにしました。
長さは適当、生地巾いっぱいくらいにしました。
表も裏も使いたくて、でも1枚だと寒いのと、ニットなので伸びる事を考え、
薄手の布帛素材を1枚はさんで3枚重ねにしてまわりをロック。
思い通りのもの、あっという間に完成です。
タグは、ゆうとがまだ1歳半くらいの頃はいていたジーンズについていたもので
汚れているのですがデザインが好きで取ってありました。

レシピなんていうと大げさですが、
少々コツみたいな感じで書いてみました。
参考になれば幸いです。

d0012237_1018342.jpg

d0012237_10182094.jpg


■おまけ■製作中のパーカーについて
形が好きでよく着ている、もうボロボロに近いパーカーがあるのですが
そこからパターンを取り、素材に合わせて修正して、やっと裁断。
ところが思っていた仕立てにならない!
(といっても微妙に厚い、とかそんな感じなのですが何となく気に入らない)
共布でリブを作るのを諦めて、物置をひっくり返しながら合う素材を探し、
でも見つからず、へとへとになりました^^;
妙に時間がかかる時って、良い物に仕上がらない事が多いので、
モチベーションが上がったらまた改めて取り組もうと思います。
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-10 10:21 | ソーイング
折りぐせをつける
ヘラは印をつけたり、折りぐせをつけるときに使う道具です。
私は・・・狭い所で作業しているので、できたらアイロンを出したくないな、とか
素材によっては手アイロンで大丈夫だな、というような時に
ヘラやルレットを出してきます。

たいていの部分はヘラで裏側から定規を当てながらギュッと折りぐせをつけて、
そのまま縫うのですが、細かいカーブのときなどは
ルレットを使っています。
ルレットはもともと用途が違うので、きちんとは折りぐせがつかないのですが、
細かいカーブをゆっくりと進める事ができるので使い分けています。
(ヘラだとカーブで暴走してしまうのです、もしくはカクカクになってしまう、私の場合ですが)

ヘラも含め、ズボン裾やポケット口などピシッと決めたい所などに使っています。

 1 ヘラ台というものもありますが、私はカッティングマットを使います。
   これだとルレットも使えます。

 2 これは出来上がりのカーブをルレットで強くなぞって、
   ついた折り目を手で整えた状態です。(直線部分はヘラ)

 3 手だけでも綺麗に折れます

 4 ルレット、ヘラ、手アイロンだけでクールワイドパンツのタックポケットを。
   あとは縫うだけの状態まで完成しました。

 5 ヘラでカーブを折ったサンプル。

d0012237_1152235.jpg


■おまけ■
昨日、雨の中、ジブリ美術館に行ってきました。
昨日は年に1回の三鷹市民ご招待の日で
今年度企画の「3びきのくま」展にちなんで、くまのこウーフ著者の神沢利子さんによる
お話の会や、本物のこぐまが登場したり、カフェにも特別メニューが登場しました。
昨日はとても寒かったです。朝晩も冷えるようになりましたね。

d0012237_11345033.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-10-01 11:13 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin