<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
縫い代つきパターンと縫い代なしパターン
polka drops の販売しているパターンは縫い代つきで、
でき上がり線と縫い代線、両方が入っっています。
他には、縫い代なし(でき上がり線のみ)で、お客様が縫い代つけをするタイプ、
縫い代込みのラインのみで、でき上がり線がないタイプなどもあります。
それぞれメリットとデメリットがあり・・・

●でき上がり線も縫い代ラインも入ったもの
 縫い代つけの必要がなく、すぐにカットして使える。
 出来上がりのラインも確認できる。
 縫い代が邪魔して補正しにくいというデメリットがある。
 1枚にいくつものサイズを同時に載せようと思うと、
 線がごちゃごちゃしてわかりづらくなる。

●でき上がり線のみのもの
 縫い代を自分でつけなくてはならない。
 (縫い代は、角の所や袖口など、でき上がり線にただ平行ではない
 特殊なつけ方の場所がある。それも縫い方の手順によって違うため、
 知識が必要。)
 無駄な線がなく補正しやすい。
 縫い代も、生地や仕様に合わせて柔軟につける事ができる。

●縫い代ラインのみのもの
 縫い代付けも不要、すぐにカットして使える。
 でき上がり線がないので、補正などの時には書き足す必要がある。
 色々なサイズを一緒に載せる場合、ラインがごちゃごちゃしにくいメリットがある。

どれがいいという事はないですが、個人的には、補正するしないにかかわらず、
「でき上がり線を見る」のはとても大切だという気がします。
でき上がり線があり、それが形になる、でき上がり線を見る、形になる、
を繰り返すことで、平面に書かれたパターンが実際に形になる時
具体的な大きさや形状のイメージを描きやすくなり、
パターンを見れば、ある程度出来上がりを予測できるようになります。

プロになるというわけでなくても、出来上がりの予想ができるかできないかということは
作品の完成度に大きな差が出ます。
そういうわけで、もし縫い代ラインのみのパターンに出会ったら、
あえて、でき上がり線を書くと良いと思います。
寸法感覚(?)のような物が、培われていくのではないかなと思います。

d0012237_18235587.jpg


縫い物を頼まれて、お礼に貰ったうさぎさん。
中からエコバッグが出てきます!

最後に、先日メンズのカーデガンの用尺を2.5mと書きましたが、
有効生地巾が1.3m以上あれば長さ1.7mで入りそうです。
(有効生地巾・・・ミミの部分が大きく波打っていたり、柄が入っていない部分などを除いた、
きちんと裁断できる生地巾)
先日の記事、訂正させていただきますね。説明が悪く、すみませんでした。
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-30 18:36 | ソーイング
国立科学博物館
雨の中、3人で上野の国立科学博物館に行ってきました。
愛・地球博から移設された「シアター360」も体験してきました。
あの、胃が浮く感じ(ディズニーランドのスターツアーズのような)があって、
三半規管が弱い私は抵抗があったのですが、8分だけだったので何とかなりました。
映像はとても面白かったです。
見ごたえのある施設で、1日だと足りないし、疲れが先にきます><ナサケナイ

ゆうとの洋服(キッズスクエアパーカ)をずっと眺めていたら、
以前からちょくちょく「衿なしでも作れますか?」と
お問い合わせいただいていたことを思い出し
衿なしのアレンジも可愛くできる気がしてきました。
フードが好きじゃないというお子様、保育園でフードが禁止だったりなどあるようです。
今度サンプル作ってみようと思います。
真夏だったら、フードがない方がすっきりしていいですよね。
今日はムシムシするので、余計にそう感じたかもしれません^^;

d0012237_20201523.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-25 20:20 | おでかけしました
お気に入りの本
d0012237_23573592.jpg

レトロなファッション用語集。「洋裁語全集」とあります。
昭和9年の物。
ファッション用語が外国から沢山入ってきて、
どんどん日本語に混じって使われるようになった時期。
「ベルト」が「バンド」だったり、何故か「シャワー」の説明があったり
(「頭上から雨のように降るお湯」だそうです)
フランスの某有名ブランドの説明を「安心して買へると同時にあなたの誇りともなりませう」
と、やや私見が入っているところがおかしかったりします^^

ファッション関係のもので、古い物で、小さなサイズ。
私の大好きな要素が詰まった宝物です。

------------------------------------------------------------------
◎最近読んでいる本

大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (1))
オトフリート=プロイスラー / / 偕成社
スコア選択:

最近、児童書をよく読み聞かせています。
男の子だからか「どろぼう」だとか「探検」「冒険」など興味があるみたいです。
小さい頃、私も映画で見て、面白かったという記憶があります。

うばすて (1983年)
鈴木 靖将 / / トモ企画
スコア選択:

これは、おすすめ・・・というか、強烈なお話なのですが。
私は小さい頃、絵本で読んだか誰かに聞いたか、
おばあちゃんっ子だったせいもあり、とてもとても強く印象に残っています。
久しぶりに借りてきてゆうとに読んだら、泣いて泣いて先へなかなか進めず・・・
でも、最後は救いがあるし、「お年寄りは大切に」という言葉の意味を
わかりやすく子どもにも伝えられるお話かな、と思います。

◎気になる映画

あと、友人(と呼ばせていただいてよいでしょうか・・・素敵なお知り合いなのです)
おすすめの映画で
「さよなら。いつかわかること」オフィシャルサイト
すでに上映が終わっている映画館もあるのですが
銀座はまだやっているようなので、見に行きたいです

Top▲ | by polka-drops | 2008-05-24 23:58 | 本・絵本
ヘラの話

以前のブログでヘラについて少し触れましたが、
ポケットまわりのクセ付けのほかに、
日常的にはこのように使っています。
(かなり自己流ですが)

まず手アイロンの代わりに。
必ず裏側から(表からこすると白っぽくなったり生地が痛みます。)
縫い代を割る時は気持ち良い位、折り癖がついてくれます。
昨日のキャミソールの、ピンタックの裏側から、ヘラで折り目をつけています。
細かい箇所は特にアイロンより簡単だと思います。

もう1つは、直線でアイロンをかけたい場所に定規をあてて印をつけています。
三つ巻き始末の場所などはこれがきれいです。
短い距離だったら、バイアステープもこれで作るときれいです。
(長い距離は、正確に定規をあてるのが難しいのではないかと思います)
落としミシン対応などの、表と裏ででき上がり巾を少し変えたバイアステープなども作れます。

d0012237_8253566.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-23 08:25 | ソーイング
薄地を縫う
d0012237_2051577.jpg

お子様用キャミソールの仕様書をモノクロに作り直しているため、
仕様の再確認のために、大人用ですが1枚縫いました。
巾広のスカラップが入った素材なので、
お腹よりも上から透かし模様になるのもおかしいかなと思い、
丈を長くしてチュニックタイプにしてみました。
それ以外では前たてを少し細くし、肩のフリルは一旦つけたのですが
よりさわやかな感じにしようと、取り外しました。

このパターン(pp59-@pp60 キャミソールセットの布帛用です)は
バストダーツがなく、胸の膨らみ分は裾で展開しているため、
脇線の傾斜が、前後身頃で違っています。
(ちなみにお子様用は、胸の膨らみがないと考え、前後身頃の傾斜は同じです)
スカラップ素材など使う場合、裾のラインまで脇線を延長しても、
前身頃と後身頃では、延ばす長さが違ってくるため、仮に脇を合わせると
今度は前後身頃の長さが合わず、そのままだと裁断できなくなります。
この場合、着丈で調整する事になるのですが、後身頃がやや長くなるか、
前身頃がやや短くなります。(どちらにするかはお好みですが)
いずれにしても着用を脇から見ると、水平ではなく、後身頃が下がっています。
洋服として少しおかしな感じです。

スカラップ素材を使ったこういうアイテムを作る場合は、
そもそもパターンがもっと、専用の特殊な物になるので、
それを想定していないパターンで作ると、このように
つじつまが合わないところが出てきます。
脇線の傾斜が前後で違うパターンをスカラップや柄合わせで作る場合、
これを理解しなくてはなりません。
型紙は生地に合わせて作るものだという事がよくわかります。
(ちなみに現在進めている新作、スカラップにも対応できるパターンです。
お子様用でボトムですが・・・)

文章で書くと難しくなってしまいますが、機会があればまた図にしたいと思います。

ところで今回使用した生地はかなりの薄地のため、「薄物専用押さえ」という
アタッチメントを使用しています。
針が落ちる所ギリギリまで布を押さえてくれるので、針が通るときに起こる
布の浮き、沈みが発生しにくく、縫い目が整うという効果があります。
同時に細番手の糸、針を使用し、ミシンの押えを薄地用に調整、
下糸をやや緩めにします。繊維が細いので、切れてしまわないように
ニット用のボールポイント針を使用するのも良いと思います。
リバティのような高価な生地だと、失敗したくないですよね。
これからの季節には必要な道具かもしれません。

d0012237_2104866.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-22 21:00 | ソーイング
モディリアーニ展
d0012237_20522677.jpg

土曜日の学校公開(授業参観)の振り替えでお休みだったので、
ゆうとと2人でモディリアーニ展へ。
早い時間に行ったにもかかわらず、割合人は多かったように思いました。
以前行ったモディリアーニ展は、生涯の伴侶ジャンヌにスポットを当て
モディリアーニ後期のお話や作品が多かったのですが、今回は
あの作風はいかにして生まれたか、特に彼がパリに来た最初の頃や、
前半の作品にポイントがあったように思います。
そういう意味で、全く違う展覧会として見る事ができつつも、
彼と、その作品の理解を深める事ができてとても面白かったです。
作品の数、内容も素晴らしく、個人的にも印象に残るものが多く
見ることができて良かったと思っています。

夕方は、卒園した幼稚園で小さな同窓会みたいな催しがあったので行ってきました。
幼稚園の先生に作ると約束していたバッグを作って行きました。
幼稚園の先生は、持ち帰りのお仕事もとても多いので、
こんなバッグが役に立つそうです。

d0012237_2052455.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-19 20:52 | 美術展・アート
紫日和
先日裁断していたキッズワイドパンツ、ハーフ丈で作りました。
サイズは110です。ゆうとの身長113cm、体重19kgです。
クールワイドパンツよりワイドです。ハーフ丈にすると
カジュアルで、ラフなスタイルになりますね。
紫色、何となく子どもの方が似合う気がします。
同じ紫でも少し色味の違う、柔らかいリネンの無地を組み合わせると
かなり好みの感じになりました。

今日は空手教室主催のバーベキューが催されたのですが、
早速着ていって、泥んこにして帰ってきました^^

d0012237_22253418.jpg


母に頼まれていたもう1セットの枕カバー。
母は昔から紫が好きですが、今はどうでしょうか。
とろんとしたリネンで気持ち良い素材。
そのハギレを、上のキッズワイドパンツに使用しています。

d0012237_22282263.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-18 22:28 | ソーイング
大きなスタンプ
d0012237_7512835.jpg

数学は昔から苦手ですが、デザインとしての数字や製図など大好きで
壁に飾ろうと思って、こんな大きなスタンプを購入したのですが、
このスタンプは、ポンと押すと、封筒の展開図が写し出され、
切り取って組み立てると小さな可愛いペーパーバッグに。
雑誌の切り抜き、不要な梱包資材、ペラペラの紙だって
ケント紙などで補強して作ることもできそうです。
数ある雑貨の中でも、機能を持ったものが大好きです。
飾ると愛着もひとしおです。

友人が農家の方と契約している(何と呼ぶのでしょう、育ててもらったものを
収穫だけさせてもらうという)いちご畑で、いちご摘みをさせていただきました。
2日ごとくらいにボウルいっぱいのいちごが実って、
食べる方が追いつかないくらい、だそうです。
とても甘くておいしかったです!

d0012237_7551039.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-17 07:56 | おかいもの
キッズスクエアパーカ 110
先日120で作って少し大きかったので、
今度は110で、もう少しナチュラルな感じで作りました。
ストロベリーコットンさんの天竺ダブルボーダー(ミント)という生地で、
しっかり目のニットで、生地端は多少丸まるものの
縫い伸びもしにくい、縫いやすい生地でした。
生地巾があったので50cm買いで、ちょうど裁断できました。
サイズもジャストサイズ、いい感じになりました。

ポイントに早速、昨日のスタンプを使っています。

お土産プレゼントに沢山ご応募いただきありがとうございます。
今晩9時で締め切りますね。
どうぞよろしくお願いします。

d0012237_9181570.jpg


今、マルマンから、期間限定で、馴染み深いスケッチブック柄の
ペーパークラフトがダウンロードできるみたいです。

d0012237_9203924.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-12 09:20 | ソーイング
はじめて
d0012237_2019132.jpg


メンズのサンプルを作ってみました。(SANTAが縫いました)
数年前買ったこの生地。なかなか使う機会がなかったのですが、
深くて優しいネイビーは、メンズのカーデガンにピッタリでした。
時間が経って、手持ちの生地と、作りたいものが一致することも多いので
生地はなかなか処分できません。

SANTAが仕様を説明してくれる時、下写真のように紙で作ってくれることがあります。
布のディティールが、紙で再現されるのが何だか面白いというか、
とてもわかりやすいし、可愛いな、と思ってしまいます。

これは「剣ボロ」といって、主にシャツの袖口にある仕様なのですが
(短冊明きとも言います。俳句や和歌に使う細長い紙「短冊」からきています)
私が学校で習ったものよりもずっと簡単な方法で、すっきりしています。
袖の生地に、パーツ1つ足しただけ。
簡単だから価格帯の低いヤングカジュアルブランドなどに使う仕様なのかなと思いきや、
プレタポルテ(高級既製服)に普通に使われています。
高級服のオーダーメイドのアトリエで働いていたSANTAですが
その頃の経験や、得た知識が
身近なハンドメイドにも、役立てる事ができることは興味深く、
私も彼女も更に色々な所から勉強しながら、
それをお店の商品にも反映していけたらなと思っています。

d0012237_20404551.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-05-09 20:40 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin