<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
野菜収穫体験
d0012237_23254020.jpg

小学校の近くの農家で親子収穫体験があり、参加させていただきました。
ゆうとの小学校では、給食に使うお野菜を近くの農家から仕入れていると聞いていたので
そして、その給食がとても美味しいらしいので、楽しみにしていました。
ゆうとは、以前は結構偏食だったのですが、給食のおかげで色々食べれるように。
今日いただいてきたにんじんは、スティックサラダにして生で食べていました。
(にんじん、嫌いなはずだったのですが・・・)
甘くて本当に美味しかったです。
帰り、にんじんの葉っぱにあおむしを発見。
ゆうとがベランダで世話をしています。(飼う気のようです^^;)

あ、今日、その畑にて、お店やブログをご存知だという方に
声をかけていただきました~ありがとうございます!

校庭で遊ぶというので、眺めがてら、キッズワイドパンツ(ハーフ丈)の着用を。
クールワイドパンツよりも、膝周りがゆったりしているので、
夏は涼しいかもしれません。

d0012237_23251096.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-28 23:36
かんたんすっきりギャザースカート
d0012237_946533.jpg

自分が着るものはそんなに冒険せず・・・なので
何枚目になりますか、また同じ物を作っておりますが・・・

この生地はYUWAさんの現行品だと思うのですが、
ブロードより薄く、ローンよりも素朴な感じがして、
柄と同様のレトロな雰囲気が質感からも感じられる生地です。
軽いので、ふんわりしたスカートにはとてもよく合い、
濃色なので、透けないのもありがたいです。

木賊色・・・昔、好きで読んでいた「日出処の天子」に確か出てきたと思います。
(聖徳太子がベースのお話です)
調べてみると「木賊」は、古生代に栄えた植物で、今はほぼ絶滅しているそうです。
青みがかった鈍い緑。生地の色を決めた人は、木賊を知っていたでしょうか。
知らなかったでしょうか。いずれにしてもいい色です。

■参考
色々な色―Colors of nature
ネイチャー・プロ編集室 / / 光琳社出版
スコア選択:


■一応これも・・・(木賊色は何巻目に出てきたか忘れちゃいましたが・・・)
日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)
山岸 凉子 / / 白泉社
スコア選択:


想像の世界が好きだったので、漫画も結構読んだ記憶があります。
中でも「日出処の天子」は大好きで、今も家にあります。
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-24 09:51 | 本・絵本
ボビンキャッチャー
シャッペスパンなどのミシン糸と、その糸を巻いたボビンをセットにしておく事ができる
便利グッズです。「便利グッズ」という言葉はあまり好きではないのですが
「便利」なのは結構好き、という矛盾した性格と葛藤しつつ、
「えい!」と購入した物ですが・・・とても使いやすいです。
この、無駄を極限まで省いた小ささ加減も、ツボでした^^

色だけなら目で確認すればいいのですが、例えば同じ黒糸でも、
番手が違うと、よく見ないとわからなかったりするので、
持っている糸すべてでなくても、間違えやすい物だけでも、
こういったグッズを上手に活用するのも、手ですね^^
ユザワヤさんにありました。

d0012237_16204955.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-18 16:34 | ソーイング
パンツの強度
d0012237_21245929.jpg

昨日、お客様とメールでやり取りをしていたときに
「男の子だからか、派手に破いて帰って来た事が~」という話をお伺いし、
聞くと股下が破れやすいとのこと。
そういえば、ゆうとも1回
クールワイドパンツの股下を派手に滑脱させて帰ってきた事がありました。
そんなわけで今日はパンツの強度のお話です。

市販の子ども用パンツは、股下が破れるなんて事は少ないと思いますが、
少なからず、工夫がしてあるからでもあります。その中で
家庭で真似できる方法は、下の2つがあります。
(写真はどちらも市販の子ども用パンツです)
Bは、パンツの股ぐりを裏から見たところです。
白い綾テープのような布は「シック布」という、いわゆる補強布です。
股ぐりの、股下と交わる所に、テープを縫いつける方法で、
子ども服やメンズのスラックスなどによく見られます。
普通の綾テープ、リネンテープなどでもよく、また、
共布をカットして四角く折り込んで使うという方法でも良いでしょう。
表まで通して四角く縫い止めます。(表から見ると四角くステッチだけが見えます)

Aは、股下のラインを、中縫い+表からステッチしたものです。
(写真では表から2本ステッチしていますが、コバステッチ1本でもOK)
股ぐりのラインにも、表からステッチが入っています。
表からステッチを入れるか、または何本入れるかは、デザインの問題ですが
入れると強度は数倍増します。
子どものパンツでロング丈だと、ミシンが入っていかないという事もありますが
できる範囲でやっておくと安心です。

あとは股下を、股ぐりと同じ要領で2度縫いするという方法もあります。
(市販のパンツで股下2度縫いされているものは殆どないかもしれませんが)

腰周りが緩くて、股下に負担がかかりにくいパターンのボトムなら
強度のことを気にせずにお作りいただけますが、
クールワイドパンツやキッズワイドパンツは腰周りがすっきりしているので
股下の補強をしておくのが安心です。
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-11 21:34 | ソーイング
キルトニット
d0012237_21154061.jpg

義父へのカーデガンは、キルトニットで作ってみました。
ほんの薄く中綿が入った、アウターにはやや薄くて柔らかい生地です。
肌触りが抜群に良くて、柔らかいのに縫いやすく、縫い伸びなし、です。
雰囲気も良く、仕立て栄えもします。
なかなかいい感じになりました。

今日は運動会の振り替えなので、映画を見ようと思ったら、
先週末で終了したようでしたT_T 
ちなみに「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」です。
ゆうとが好きそうな感じです。(全部は理解できないにしても)

戦争といえば今、読み聞かせているのがこれです。
チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)
北田 卓史 / / 理論社
スコア選択:
懐かしい、私自身がよく読んだ児童書です。
チョコレート好きなゆうとにはタイトルを読んだだけでワクワク、みたいです。

あと絵本・・・といっては違うかもしれませんが、
木をかこう (至光社国際版絵本)
ブルーノ・ムナーリ / / 至光社
スコア選択:
木を描くための手引、といった感じですが、デザイン的で押し付け的なところもなくて。
現行本なので普通に手に入るし、私は図書館で借りました。
いつも思うのですが、「これは図書館にはなさそうな気がする」と思うような本も
検索すると意外とあって侮れないです。
絶版本も結構見つかるので面白いです。
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-09 21:22 | ソーイング
ブックカバー
空いた時間にメンズのカーデガン用に生地を裁断しています。
2枚分裁断したら、在庫布が目に見えて減って、とても気持ち良いです。

今日は裏紙がたまってきたので、ブックカバーをDLしました。
ブックカバーのダウンロードサイトはとても沢山あるので、
素敵な物ももちろん多いのですが、多いのであえて条件をつけて絞ってみました。

条件1 ファイルサイズが大きくない物
条件2 インクを沢山消費しないもの(白ベースの物)

の中から、いいなと思ったものです^^

可愛いです
鈴木文具店

こういうのも何気なく好きです。
アマリサラニ

意外なところで。でもとても素敵です。
青山学院大学

自分で作るなら
ヤマハ発動ブックカバー工房

レトロでいい雰囲気です。写真ではベージュの用紙に印刷してもっと雰囲気を出しました。
大阪市立図書館

これは全面カラーですが、素敵な柄です。
東京ますいわ屋

他にもメーカーが出している可愛いキャラクターなど、本当に色々ありました。
また、ブックカバーと一緒にカレンダーやポストカード、便箋、ポチ袋など、
他にも色々なアイテムを見つけることもできました。

楽しいし、嬉しいし、ありがたい日でした♪

d0012237_21532368.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-04 21:53 | あそんだ・つくりました
ダンボールニット
d0012237_22104145.jpg

仕様書を作るためにもう1枚カーデガンのサンプルを縫いました。
ダンボールニット。
2枚の編地を糸で繋いだニット素材で、
イメージや厚みはトレーナー地に近く、縫い伸びしにくく扱いやすい、
生地端も丸まらない、保温性が高い、などメリットも多く、
縫製面では、縫う距離の長いメンズアイテムにはわりと適した素材だと思います。

デザインがベーシックということもあり、普通の仕様のまま縫うと、
カジュアルなイメージに仕上がります。
(個人的には、場合によっては部屋着に近いものになるのではないかと・・・)
表面もプレーンで(今回は加えて無地&濃色)、面積も広くのっぺりして、
やや重い印象になりやすいです。(生地がしっかりしているので実際重さもあります)
折り目がきれいにつきにくいので(厚みのために)
シャープさや、繊細さは出にくい感じがします。
そういうわけで、少しアレンジした方が良いかもと思い
先日のようにラグラン線と袖下~脇の縫い代を外表にし、(きりっぱなし)
袖口と裾はデザイン的に、ステッチの本数を増やしてみました。

縫い代を外表にする場合、裁断の時にはノッチ(合い印のための切り込み)を
入れないようにしてください。切り込みが表に出てしまいます。

今日は久しぶりにいいお天気で、小さなベランダいっぱいにお布団、枕や靴、
洗濯物を広げ、床を水拭きして気持ち良い日でした!
トマトの植え替えをし、自転車で片道40分かけて遠くの公園へ。
こういう1日、大好きです。

d0012237_22135526.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-06-01 22:15 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin