<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ぐりとぐら
d0012237_23151172.jpg

打ち合わせのためにパタンナーのSANTAの家に。
そうしたら、ぐりとぐらがいました。

仮装パレードのために、SANTAが、彼女の2人の子ども達に作った衣装です。
かなり絵本に忠実で、カゴもあります。
素材はカラーシーチング。
色もオリジナルに近いし、かなりバランス良く仕上がっています。
帽子も裏地がついていたり、耳も立体だし、パンツに至っては
クールワイドパンツをアレンジしたそうで、1日だけ使うにはもったいないくらいです。
具体的な形にすること、彼女が得意なのは知っていますが、
あらためてスゴイなぁ、私も頑張らなくては・・・と気持ちも引き締まりました。

d0012237_23153039.jpg

中のシャツは、フレンチパフTシャツ。
ワンピースに仕立てようと思っていたみたいで、明日の仮装が終わるまでは
スカート部分はつけずに、ロック始末にしてあります。
クリームみたいな色で、柔らかい印象です。

そしてサプライズ。
私にこんな小さなプレゼントを作ってくれていました。
キットなのですが、さすがきれいな仕上がりです。
ストラップですが、もったいなくて使えません~

d0012237_23154897.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2008-07-31 22:53 | ソーイング
帰省
d0012237_016552.jpg

大阪に5日間帰省してきました。
東京が涼しく感じるくらいの、桁違いの暑さでした!
暑さには比較的強い私ですが、体が焦げるかと思いました。

殆ど妹の所に連泊していて、吹田周辺ばかりで遊んでいました。
妹の所は小学2年生と、2歳の甥っ子達がおり、
ゆうととも仲良しです。笑いっぱなしの5日間でした。
妹は親友と呼べるくらいの存在で、彼女と一緒の時が、
私自身一番笑っているかもしれない。
やっぱり「笑い」ってなくてはならないものだな、と思います。

行った所は・・・扇町のキッズプラザ大阪、北伊丹の西猪名公園で水遊び、
あとは吹田まつり、などです。

d0012237_0171257.jpg

美味しい物は、大阪大学近く「デリチュース」のチーズケーキ(絶品!)
吹田のタルト専門店「ラ・コクシネル」(これも美味しい!)
あとラーメンですが、桃山台駅近くの「開運丸」(ここは tomo が好きで毎回連れて行ってもらっています)
沢山いただきました。
ちなみに妹は料理が上手なので、彼女が作ってくれる何気ない朝ごはんだったりが
これまた美味しくて感動なのです。もちろん主婦としては、人が作ってくれるご飯は
もうそれだけで最高に美味しいのですが、それを差し引いても本当に美味しく、
彼女が使っている料理の道具を真似して買ってみようという気に、毎回なっています。
(つまり腕ではなく、道具で何とかしようとしているわけですね)

向こうで少しずつ読んでいたのがこの本
良かったです~そして切なかったです。
愛がいない部屋 (集英社文庫 い 47-5)
石田 衣良 / / 集英社
スコア選択:




ナツイチを1冊買うとその都度もらえるストラップがどれも可愛いのですが、
一番欲しいのが、親子で絵本か何かを見ているので、とっても可愛いのです。
でもまだ当たりません。

■おまけ
「ホームレス中学生」で出てくる公園を通りました~
d0012237_0105817.jpg


■もうひとつおまけ
学生の頃、よく行った生地屋さん「PALOMA」
ちょっと千林商店街に行ったので思い出して、
今はどうなってるのかな~と検索したら
ネットショップがヒットしました。こちら
「阪神タイガース生地」というカテゴリがあります~^^
Top▲ | by polka-drops | 2008-07-29 23:48 | おでかけしました
伸ばしつけ専用レシピ公開
d0012237_2354091.jpg


最近、頭の中は衿ぐりでいっぱいです。
先ほど、HPに、pp120-pp124 トラペーズTと pp130-pp134 あおぞらT専用の
「伸ばしつけ専用バインダーレシピ」を公開してきました。

オリジナルは、衿ぐりとバインダーの長さ(出来上がり)が同寸なのです。
伸ばしてつけるのでは?と言われるかと思いますが
伸ばしつけるとどうしても頭周りの確保が安定しないのです。
(明きがない一番小さいサイズの110など、入るか入らないか微妙になってしまいます)
で、同寸でつけるのですが、しっかりと中縫いしていますし、
ステッチで押さえてあるので、どんどん衿ぐりが伸びていくという現象は
起こりにくい仕様になっています。
ただ、レシピをご覧いただくとそこにも書いてあるのですが
伸ばしつけないということは、バインダーの内側(内輪部分といっていいのか)が
外側と同じ寸法になるので、衿が立ってきてしまいます。
(カーブの角度が違うのに、寸法が同じだからです。)
伸縮性の低い生地でしたら仕方がないのですが(頭周り優先のため)
伸縮性の高い生地を、身頃にもバインダーにも使えるなら、
頭回りは確保できることだし、見た目もきれいに仕上げたい、という事で、
長さを10%短くした、専用衿の登場という事になるわけです。
頭周りを確保しつつ、衿ぐりが立たずにすっきり既製品の様におさまると思います。

生地によっては10%より縮める事ができる物もあるのですが、
衿が身頃を引っ張ってしまい、出来上がりの衿ぐりが元のラインよりも小さくなり、
洋服としてのバランスがおかしくなるかもしれません。
衿はノーマルで特にデザインされているわけでなくても、
身頃に対して衿部分が小さいというそれだけで、「・・・かわいくない」
と、全体の印象が変わってしまうくらい、見た目のバランスも重要です。

洋裁は明確な正解がない分野なので、言い切る事は難しいです。
それは、どんな場合でも「生地によって違う」からです。
縫う人の手によっても違います。
だから「同じにならなかった!」ということは、可能性としてはあると思います。
あくまで情報としてとらえていただき、状況に応じて判断し、お使いいただけたらと思います。

衿ぐりの生地を裁断し、出来上がりの形に折って、
伸ばして、頭が入るか試してみて、入ったら頭周り確保と判断する、
という方法がありますが
縫われていない状態の生地は縫った物より伸びるので、
私自身はあまり、目安にならない気がしています。
今回の実験で、縫製前のバインダーだけの状態を伸ばしてみて出た頭周りと、
縫ってから伸ばして出た頭周りでは、寸法差がとても大きかったです。
もちろんステッチが入ったバインダーだからかもしれませんが、
ハイネックでも、寸法差は、バインダーほどではなくても出ると思います。
Top▲ | by polka-drops | 2008-07-17 23:57 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin