<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
いつもの
d0012237_21152284.jpg


かんたんすっきりギャザースカートです。
洋服を作るのが好きだからといって、
自分が洋服を着るのが好きかどうかはまた別の話で、
作品の表現の手段としての洋服は好きなのですが、
自分自身が着る方には興味がない私の場合
必要だから作るけれども、いつも同じものばかりになってしまいます。
またそれが、有料のパターンを差し置いて、無料の・・・しかも、
型紙とはかけ離れた、長方形にカットして縫っただけのスカートであることに
いささか皮肉というか、そういうものも感じていたりするのですが…面白いです。

1つの形が気に入ったら、生地を変えて沢山作ることができるソーイングは
むしろ(自分が)お洒落(であること)にあまり興味がない人向きかもしれないですね。

この生地、ポリエステルですが、イメージするポリエステルよりもずっと軽くて裏地に近い感じです。
トップスにしようと思ったのですが、汗ばむ季節は体に貼りつきそうだったので、
体から離れて着用できる、スカートにしました。

昨日は久しぶりに、お付き合いではない飲み会でした。
私は、体質(遺伝)的にはお酒に強い方だと思いますし
お酒の席は好きなのですが、お酒自体が好きかというと実はそれほどでもなく
「飲みたい気分!」ということもあまり起こらないのに
しばらくバタバタしていたのもあったからか、最近ずっと「飲みたい!」気分でした。
「付き合って~!」と珍しく自分から誘って友達5人で飲みに行ったら・・・楽しかった!
久しぶりに「いいお酒」だったなぁ。
こんなところで書きたくなってしまうくらい^^



Top▲ | by polka-drops | 2012-06-17 21:25 | ソーイング | Comments(0)
布帛とニットの縫い合わせについて
d0012237_045551.jpg


昨日は生地の選び方について少し触れましたが
今日は、実際の縫い合わせの話です。
商品ページにもあるのですが、布帛素材とニットの縫いあわせには、
糸は、基本的には布帛用でいいと思います。
布帛生地を使う時点で伸縮しない(布帛が伸びを止める)ため、
ニット用(伸びる)である必要性はなく、より強度のある布帛用が適しています。

針は、生地によって普通の針、ボールポイント針(ニット用針)を使い分けてください。
針と糸の番手は、生地に合わせて選びます。

特に仕様等を変更する必要はないと思います。
衿ぐりは、布帛が良いならバインダーじゃなく、バイアステープもありだと思います。
(バイアスのパターンがついているわけではないですが)

布帛素材を使う場合は、すべて4本ロックで縫うには無理があります。
布帛の裾上げの部分は、きれいに縫いあがらないと思いますし、
ニットのみで「あり」とされる仕様だと思います。

ニットだけで縫う方が気持ち的にも楽というか、そういう事もあるかと思いますが、
布帛との組み合わせもとても楽しいですし、ブラウス感覚の1枚になります。
ちょっとカジュアル感が薄れて、お洒落な着こなしになると思います。



Top▲ | by polka-drops | 2012-06-14 00:04 | ソーイングのコツなど | Comments(0)
ドルマンTシャツ 布帛素材との縫い合わせ
d0012237_23151763.jpg


異素材、配色、柄×柄の組み合わせなどのアイテムが多い今年ですが、
昨日販売開始したディープドルマンTシャツも、そういったアレンジが可能です。

これは前身頃に布帛素材を使って作りました。
もうそろそろ使ってしまわないと・・・と、
半端に残っていたサークルレースを前身頃に。
後ろ身頃とまち、バインダーはニットです。

前身頃は袖口がカーブしているので、折り上げる事を考えると
前身頃に使う布帛素材は、薄手の素材ならOKです。

後ろ身頃は・・・運動量が多く、
伸びる方が着心地が良いので、後ろ身頃はニットがおすすめです。

前後とも布帛素材にするのはそれほどお勧めできませんが、
寸法としてはゆとりがあるので、可能ではあります。
ただ、脇下がカーブになっているので、少々ツレが出る場合があるため
可能であれば、まちだけでもニットにすると、きれいに仕上がるかなと思います。
バインダーは、バイアス始末にすることも可能なので(パターンは共有できません)
そうすると、オール布帛で作ることもできてしまうという・・・

今日はこのTシャツを使った教室の最初の日。沢山お越しいただいた中、
お1人だけはじめましてで、あとはピーナッツラインパーカーでお会いした方ばかり!
驚きました・・・
はじめましても、また会えましたねも、とても嬉しかったです!
Tシャツは、ピーナッツラインパーカーと違って、できあがりがシンプルすぎて
ゆったりなので面積も広く、見ているだけではよくわからないのですが
着ると良さがぐんとわかるアイテムです。
お客様の一人が出来上がったサンプルを着用してくださり、これがまたとてもよく似合っていて、
着た時の形を皆で共有することができました。本当にありがとうございました。



Top▲ | by polka-drops | 2012-06-12 23:30 | ソーイングのコツなど | Comments(0)
4本ロック 再び
d0012237_22412087.jpg


6月新作のメンズパンツ、ドルマンTシャツ、どちらも大変好評です。
沢山のご注文、本当にありがとうございます。
急いで補充しますので、少しお待ちいただけたら幸いです。

縫いの確認がてら、4本ロックのみで新作のTシャツを縫いました。
4本ロック、何年ぶりでしょう。
柔らかい接結を使いましたが、天地(←昨日の仕様の名称。教えていただきました)始末の
縫い代が重なるところは、やはり厚みが出るのが気になりました。
接結は2枚生地が重なっているのでそもそもの厚みはありますが、柔らかいので
針は通りやすいです。逆に薄い生地でも素材が硬い場合は針が通りにくいこともあります。

ところで、新作のTシャツには「ドルマン」とつけたのですが、正確には
ドルマンはトルコ人が用いた外套の袖で、袖幅が広く、
袖口が窄まっているものを指すのですが、いずれも長袖です。
最近のこの形に近いアイテムはドルマンと呼ばれていることが多いのですけれども、
このTシャツの場合、正確に言うなら「キモノスリーブ」です。
でも・・・この見え方で「キモノTシャツ」も変だし・・・色々考えたのですが結局
イメージしやすい「ドルマン」を使わせていただくことにしました。

ところで関係ないのですが、3本ロックの縫い目より、
4本ロックの縫い目の方が、より萌えます・・・



Top▲ | by polka-drops | 2012-06-11 22:42 | ソーイングのコツなど | Comments(0)
4本ロックで裾始末
d0012237_2231857.jpg


polka drops では基本的に4本ロックは使わず、地縫い+3本ロック始末です。
だから、お恥ずかしながら私は知らなかった(パタンナーは知ってた)始末を
お客様に教えていただいて、ちょっと縫ってみました。
(この縫い方の名前がわからない・・・)

裾を出来上がりに折り上げ、更に出来上がりで折り返し、
そこを4本ロックするという方法です。(メスは使用しない)
ニットソーイングならではの仕様ですが、
もっとチープなものかと思っていたら(失礼><)
なかなか・・・いいのではないでしょうか♪

我が家のロックは5本ですが、3本しか使っていません。
4本、トライしてみようかな~
ただこの仕様、もともと3枚重ねて縫うところに、
脇の縫い代部分など生地が更に重なるところは当然もっと厚くなり、
ミシンに負荷がかかります。
比較的薄めの生地を使う方が賢明だと思います。

図にするとこんな感じです。

d0012237_2234725.jpg


ここから下は 小さなヤモリが出てきます・・・(嫌な方はスルーを)























今日、ゆうとと一緒に見つけた、小さな小さなヤモリ。
(壁を登ってたし、まぶたなかったし・・・ヤモリだと思うのですが)
ゆうとの手の大きさに対してこの大きさ。ほんとに小さかったです。

可愛くて可愛くて、連れて帰りたかった。
泣く泣く逃がしましたが・・・

d0012237_22302999.jpg




Top▲ | by polka-drops | 2012-06-10 22:31 | ソーイングのコツなど | Comments(0)
ファスナーの長さを測る時の基準
d0012237_15102780.jpg


ファスナーの長さは、
スライダーを上げた状態の、スライダーの一番上端から
もう一方の金具の外側まで、としています。
スライダーを上げない状態で見える、小さな留め具までではなく、
スライダーを上げると、その留め具よりも少し上までスライダー位置が上がりますが、
まさにそこまでが、ファスナーの長さになります。

ムシの長さを測るのではなくて、ファスナーとして必要な主要部分を
丸ごと測る、というイメージでしょうか。(長さにイメージもあったもんじゃないのですが)

何かの参考になれば幸いです。



Top▲ | by polka-drops | 2012-06-05 15:11 | ソーイングのコツなど | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin