<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
三角口の作り方
d0012237_21492137.jpg


昨日の巾着の、口部分の作り方にたくさんのお問い合わせがあったので
図にしてみました。図にするととても簡単なことなのですが、メールだと
うまく伝えられなくて申し訳ないです。
何かの参考になればと思います。

こちら からご覧いただけます。

KNOT project  進行中。
11月中にはご紹介できる予定です。

d0012237_21515458.jpg


役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-31 22:02 | ハンドメイドのコツなど
ビブス入れ
今日は早起きしたので朝焼けが撮れました。

d0012237_20465581.jpg


d0012237_20471482.jpg


d0012237_2141433.jpg


d0012237_2056340.jpg


ゆうとのチームで使っている、ビブス(ベスト型のゼッケン)を入れる袋が
ダメになってしまったので、作りました。同じもの2枚。
先日ゆうとに作ったユニフォーム入れと同じ素材、大きさだけ変えて。
縫い代を片倒しの仕様にしたので、巾着の口は、三角にカットされたような形にして。
この仕様、ゆうとの持ち帰った給食係用のエプロン巾着から知りました。
一番下は、メッシュ部分の縫い代。強度を高めるために、綾テープを一緒に縫い込みました。
(本当はもっと細い巾のテープがいいと思います。あるものを使いました。)

夜は満月。

d0012237_21382156.jpg


役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-30 21:40 | ハンドメイド
目裂けの話
d0012237_22281920.jpg


以前にも目裂けの話を少ししたのですが、今見返すと何だか説明が抽象的。
定期的にお問い合わせをいただく内容だという事もあるので、今日はもう少し突っ込んだ話を。

目裂け・・・ニット生地で、針が生地の繊維を切ってしまい、そこから穴が開くこと

スムースやダンボールニットに起こりやすい現象で、主にニット用の針を使わないことで
起こることが多いです。
ニット生地にはニット用の針と糸を使っている方も多いと思いますが
(これも色々あるのですがその話はまた別の機会に)
案外ロックのみで縫う場合に、針の種類まで気にしていないというケースが多いです。
ロックにも、針先がやや丸い(繊維を切ってしまいにくい)ボールポイント針がありますので
針穴が開きやすい生地を、地縫いもロックで縫う場合は、こういう針をお使いください。

で、なぜスムースやダンボールニットにこういう現象が起こりやすいのかというと
糸が細いからかなー、組織のせいかなぁというところまでは予測できたのですが、
「ダンボールニットもスムースも三層構造なので、針が引っかかるポイントが多くなる。
更に密度があるから余計に・・・という事だと思う」という、とてもわかりやすい説明を貰いました。
Wildberry さんありがとう!私も勉強になりましたっ

d0012237_22284931.jpg


全然関係ないけれど、マグカップって、色とか絵柄とは別の部分で案外好みがあるというか
持ち手とか、口径と深さのバランスとか、コップの厚みとか、自分なりの黄金比だったり、
使いやすいポイントというのがあって、本当に気に入ったものに出会えることはなかなかないですね。
私は個人的に、この、親指を置く「ポチ」があるととても使いやすいです♪

朝、偶然撮れました。 隣にアイロンが意味もなくあるけれども、これはこれで・・・

d0012237_22293499.jpg


役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-29 22:29 | ハンドメイドのコツなど
キャラメルポーチ
d0012237_2224231.jpg


というものを作ってみました。
可愛い形ですね、でも意外と自立しなくて、ちょっと薄手ですがラミネート素材で
裏打ちもして作ったのですが、色々と課題というか、
もっと使いやすくするには考えるべきところがある、奥深いアイテムですね。

昨日のブログの内容には、びっくりするほどの反応をいただきました。
ありがとうございます。コメントの数も多く、内容も様々で、布帛が多い
ニットが多い、柄物、1m生地、50cm生地、50cm買いした子ども用生地がサイズアウトして、
生地が好きで2cm角のハギレも捨てられません~まで、
布山事情がすごい勢いで押し寄せてきました。
圧倒されてしまい、要は

人それぞれ (*'∇')b

ってことで結論付けたくなるところなのですが、
それだと意味がないので、じっくり何度も読み返しながら検証し、
その中で多い意見をまとめてみました。ご紹介してみると

◆使えず残っている生地

1 ニットのハギレ(捨てるにはもったいないが1着は作れないくらいの30~50cm程度)
2 布帛の1m生地(福袋物、柄が可愛いからと少し買ったもの、柄物、無地両方)
3 ハギレ(何しろ捨てられないっ!)
4 あとは普通に、作るスピードに縫うスピードが追いつかないため、でも買っちゃうため
  着分あるものが多々残る。
5 ダンガリーとかボーダーとか

といったところでしょうか。
他にも、同色使いのために買ったスパンフライスが余る、
流行を過ぎた柄が古く思えて使えないなど、沢山の「布山あるある」が~~
座談会でもしたいところです。(きっと話しただけで満足してしまうけれど。
ハギレ有効活用しました作品でも持ち寄ってやればまだ進歩があるでしょうか^^)

そんなこんなで真面目に面白く、すべて拝読させていただいております。
この中で、型紙屋にできること、探していきたいと思っています。

ネットショップで買うからイメージしたものと違うものが届いた、
というような場合で、着分の生地が残る場合、
私はお店をしているので皆さんと少々事情が違うところもありますが、
そういうものはどんどん試し縫いに使っています。
滅多に他の型紙屋さんの商品を買わないですが、買う事があると必ず試し縫いします。
ごく個人的に使う目的で買うので研究するとかではないですが、
それでもそのままは使いません。信用していないという事ではなくて、
寸法だけでわからないゆとりだとか、体型に合わない部分だとか、
そういったことがあるからです。
それに、何というか、うまくいえないのですが
そういう過程を入れることで、出来上がりをより具体的にクリアにイメージできるので、
結果的に、思い通りに形になる事が多いです。

好きな言葉に「作ってみなくちゃわからない」があります。
何の比喩もなく、もうそのまんまなのですが、
第一線で活躍するプロのクリエイターの言葉です。
やりたいことが明確で技術も表現力もあり、誰からも認められたプロでも
頭で考えるだけで形にはできない。やっぱり何度も作る。
私もついつい頭で考えがちなのですが、手を動かすように、そこから見つけるように
意識しています。(明日までにこれ作らなくては~って時も多々あるので、
もちろんそんな理想通りじゃないのですが、何回かに1回でもいいから
そんな風に物を作ると、やっぱり発見が色々あります。)

前準備を怠って仕上がりに満足いかなかったときに、
その1着がどうしても無駄になるので(妥協してまで着られない。特に着心地などは)
私にとっては一番きついです。
それを避けるには、やっぱり事前にどれだけイメージできるかだと思っています。

脱線しました。

布帛1m、とか、ニット50cm、あたりは型紙屋の課題にしやすそうですね。

3の「とにかくハギレ」は、どうしましょう。
気に入った生地だから捨てられない、というのは理解できるところなのですが、
(私にもそういう生地があります)
ここは「使う」という方向で考えるとすると
 
 ● ある程度バイアステープに加工しておく
 ● 大好きなハギレは、正方形に切って、アルバムやファイルに入れて、観賞用
 ● ウェス(汚れ拭き)に。(特にニットは家具職人さんがよく落ちると仰ってました)
    できればまとめてお洗濯しておくといいですね。

すぐに思いつくところではこんな感じですね。

5の、ダンガリーやボーダーは、要は「何にでも使える守備範囲が広い布。」ということで
好きだからというのもあるけれど、使いやすいという事で買いやすく、たまりやすいみたいです。
市販の本も、手芸本も、こういう素材は多く紹介されていてイメージしやすく、
創作意欲がわきやすいからという事もあるかと思います。
こういう生地も、流行がないようでそのうち飽きたり、新しい流行も来るので
早めに使っておきたいですね。

型紙屋の端くれで、どこまでお役にたてるかもわからないですが、
数年前と違い生地が手に入りやすくなった今は、買えないストレスは減ったけれども
買いすぎたり、買った生地をどう使うか、というのを考える時期で、
布山をすっきり減らして、気持ち良く新しい生地を購入できる、「循環」みたいなものを
意識して考えるきっかけになりました。スタッフともいろいろ話してみます。

ありがとうございました。
長々と失礼しました。

あそうそう、今日はゆうとがお世話になっている先生と、作った映像の上映会をしたのですが
その先生のお車が近々廃車になるとのことで、今日、参加した子どもたちみんなで
車のボディに思いきり落書きをさせてもらいました!
子どもって、遠慮ないですねー、のびのび自由に、外国車に!
そして、お疲れ様の気持ちを込めて。(20年愛用されたとのこと。)
素敵な体験、素敵な先生です。(先生、乗って帰られましたよー)

そしてもう一つ、思いきり落書きした後に、一部の女子(と小さな可愛い妹ちゃん)が
「先生が帰る時に後ろの車に色が飛ぶかもしれないから」と、誰に言われることもなく
後ろ側の色をきれいに落としてたのには感激でした。(今日は雨が降っていました)
いい子たちだなー、こういう瞬間に立ち会えるから、ずっと子どもたちと関わりたくなるのですよね。

役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-28 22:58 | ハンドメイド
ぺたんこポーチ
d0012237_11423268.jpg


ちょっとしたお礼とか、プレゼントが多い季節っていつだろう・・・
そういった日常的なことといえば季節感がないイメージですが、
実際は何となく秋~冬が多いような気がします。それと春?
今ならハロウィンパーティーなどされる方もいらっしゃるでしょうし。
その先はクリスマスのシーズンですね。
ちょうど私たちも、クリスマスを意識した企画進行中です。

このポーチは、サンプルをお借りしたママに。
女の子が2人いらっしゃるので、3人で使えるよう3つ作りました。

可愛いビニコも、どんどん消費します。
ビニールも劣化しますしね。生地をためこんでいいことはあまりなくて
やっぱり使っていかなくてはと思います。
その為にはたくさんのアイデアですね。時間がなくても作れるアイデア
こんな生地をこんな風に活用できるというアイデア、と型紙。
頭がぐるぐるします。いい意味のぐるぐる。

さてさてここで、ちょっとお伺いです。ご回答いただけたら嬉しいです。
家にたくさんある生地、どんなものが多いですか?教えてください♪
ニットが多い、とか、布帛、とか、はぎれ、とか。
柄物、もしくは無地、何でも大丈夫です。
↓ クリックするとコメントが記入できます。

役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-27 11:37 | ハンドメイド
長袖のきれいラインTシャツは半袖になるか
d0012237_22501942.jpg


あくまで当社比、というか、polka drops の半袖のディープドルマンスリーブと、
今回の新作のきれいラインTシャツの話です。
新作の商品詳細ページで 「半袖ディープドルマンから長袖に(袖丈を延ばすことで)
アレンジはできるけれども」 長袖は長袖としてあるべき形としてご紹介していますと書きました。
アレンジはできるけれど、袖口まで長い切りかえが続き、袖口はゴロゴロしますので
ベストな形ではありません、という事ですね。

では逆はどうでしょうか。
長袖をカットして半袖にすることは可能であるか。

結論から言うと、これもやはりお勧めできません。
半袖の袖口の位置は、お好みではありますが一般的にはちょうど
脇のまちが消える部分に近い位置となります。
そうすると仕様が複雑になること、自然でなくなること、また、
半袖にカットすることを想定していないため袖口巾など、
バランスが悪くなる可能性がございます。
その為、長袖をカットして半袖にするというアレンジも、おすすめできません。

本当はフレキシブルというか、色んなアレンジに対応できるのが良いパターン
という考え方もあるかと思うのですが、色々なアレンジに対応しようと思うと
その分、色々なところで妥協点というか中間点を探して作るような形になり、
結果として、中途半端なものになってしまう危険もあるわけです。

もちろんケースバイケースですが。

売れてほしいからという事ではなく、納得していただきたいから、
半袖、長袖、お作りいただく場合は、両方お買い求めいただけたらと思います。
ちなみに、裄の部分(肩線~袖山のライン)は半袖と長袖共通になっているので
両方のパターンがあれば、例えば衿ぐりを写し取って、半袖のドルマンにタートル、
きれいラインTシャツの身頃に衿ぐりバインダー始末、なんていうアレンジが可能です。

初回カート投入分、すべて売り切れになりました。
たくさんのご注文ありがとうございます。
再入荷まで、今少しお待ちいただけたらありがたく思います。

d0012237_22525728.jpg


役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-26 23:20 | ハンドメイドのコツなど
ゆうとのユニフォーム入れ
d0012237_9545221.jpg


新作のご紹介には、たくさんのご注文をいただきありがとうございます。
充分な数ご用意したはずの初回投入分も、すでに残りが心配ですが
まだ少しあるので、ご検討いただけたら幸いです。

昨日は、トレッキングパーカの残りの防水生地とメッシュで
ユニフォームを入れる袋を作りました。簡単なものですが…
三角のタグは、見た目以上に使いやすくて、
特に市販では男子に使えるタグが少ないこともあり
色んな所に使っています。
通気性の良いメッシュですが、メッシュ同士の縫い合わせは不安定なので、
細いテープを一緒に縫いこみました。
何しろ男子がスポーツで使うものなので、強度は意識して。
巾着の口の部分は別布を使った方が、やはり強度的に安心です。

役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-26 09:59 | ハンドメイド
メンズトレッキングパーカ
d0012237_2150175.jpg


Lサイズです。スタッフが、彼女のお父様に縫った1枚です。
年齢に合った色合わせ。キャメルは明るくていい色ですね。
もしお会いできる機会があれば、着用を撮らせていただけるかな・・・

今日は凄いものを見つけました。
もともと銀行があった場所。その銀行がとうとうなくなり、
すぐにマンションギャラリーになっていたので気がつかなかったのですが、
期間が終わってそのマンションギャラリーが今日解体されていた、
その向こうに見えるのは・・・銀行の金庫!本物の金庫です。
携帯しかなくて、少し遠くからだったので残念。
一眼持って行って、中まで入って撮りたいです。
雨ざらしになっている、銀色に光る金庫が何とも言えない存在感でした。
簡単に壊せるような強度じゃないから、とりあえずそのままにしてあるのかなー。
とにかく銀行の金庫なんて初めて見ました。中に入ってみたいな…

d0012237_21553157.jpg


役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-23 21:55 | ハンドメイド
新作のサンプル
d0012237_045569.jpg


今日は撮影をしました。
そのあともう1枚縫って、それはグレー地だったのですが、
裏のパイルが綺麗なブルーだったので、裾と袖口を切りっぱなしの始末にして
生地端が丸まる特性を利用し、裏のブルーを見せるようにしてみました。
ついでにタートルは、一番てっぺんが接ぎになっているのですが、
ここも、縫い代を外に出すように外表で縫い、ブルーをさりげなく見せています。

切りっぱなしというとどうしてもカジュアルな印象になりがちですが、
素材が良かったのか、優しく上品な雰囲気になりました。

役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-20 00:05 | ハンドメイド
スタッフ作
d0012237_0331349.jpg


ピーナッツラインパーカ、ジュニアサイズ。
スタンドカラーです。
小学生くらいだと、コートはあまり着なくて、少し厚めのブルゾンタイプが
重宝します。すっきり着るならピーナッツラインパーカ、
よりアウターっぽくするならトレッキングパーカで。

最近は本当に味のある素敵な生地が増えたので、
型紙はよりシンプルでいいのかなーという気がしています。
そして、そのシンプルなところ、誤魔化しのきかないところを
研究して、形を追求するという面白さもわかってきました。

役に立った時、クリックご協力お願いします ♪


Top▲ | by polka-drops | 2012-10-19 00:32 | ハンドメイド
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin