<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
コーディネイト
d0012237_19311578.jpg
最近よくするコーディネイトを絵に描いてみました。
他にも、サラも着ているし、パーカーなどもありますし
柄物スカートももう少し。
スタイリングはおそらく不得手です。
ノースリーブのブラウスやワンピースにカーデガンを合わせるのが基本で。
ボトムはほぼスカートです。

今年は白とオレンジが流行でしょうか。私はブルーも多いです。
皆さんかぶっているお洒落なストローハットは…
個人的には帽子があまり似合わないような気がして…
乗せてみたけど「乗っかってます!」みたいな感じになりましたので。

こうやってコーディネイトを考えてみると、これがあったら広がるな、とか
これは必要ないかもしれない、とか、自然に見えてきますね。
作りたいものも見えてきました。
あとは時間を作るだけ、です。

ポーチのプレゼントにたくさんのエントリーありがとうございます!
リバティの柄の名前が「カペル」と「スリーピングローズ」だと
今回はじめて知りました。
リバティの名前を、ひとつも知らなくて。
エントリーは本日いっぱいになります。
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-30 19:53 | そのほかのこと
プレゼント
d0012237_09214709.jpg


おはようございます。
先日つくったリバティのビニールコーティングのポーチ、
お礼に配布した中から、ちょうど1点ずつ残りが出ましたので、
各1名様に、プレゼントします。

エントリー期間 6月30日(火曜日)まで。 終了しました。
「拍手コメント」の画像をクリックして、A,B,Cいずれか1点のご希望と
お名前(ニックネーム可)を添えてエントリーしてください。

縫う人じゃなくても、女性ならリバティをご存知の方が多いのですね。
(色々なところで製品になっているからでしょうか)
配布したポーチ、大好評でした。
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-29 09:26 | そのほかのこと
工場さんへ




今度、製品をお願いする縫製工場さんへお邪魔してきました。
製品といっても、polka drops が企画したわけじゃなくて
「こういう製品を作りたい」というクライアントさんのお手伝い。
希望を聞いて「形と機能と見た目のデザインを同時に」考えて
型紙を起こし、製品にし、商品を納品するまでを請け負うというお仕事。
デザインを聞いて、そのまま形にするわけじゃなくって、
ふんわりとした希望を、色んな方向から形にしていく、という作り方。

工場さんへお邪魔するのは、いつ以来だろう。
今日は、お仕事してくださる方と長く話したせいか、
色んなことを思い出した。思い出したというのか、わかっているんだけど
もしかしたら感じ切れていなかった事かもしれません。

全部、人の手で縫っているというものすごく当たり前のこと。
縫製の世界で、縫うという事を自動化している割合はまだまだ少ないです。
(自動化が進化しているのはニット(成型編み。セーターなど)です)
私が何十年も前に、裁断から縫製まで自動で縫い上げる機械を見た記憶からか
今はかなりそこから機械化されている部分が多いのかと思いきや、
素材や状況、デザインなどの細かな対応をする洋服の世界は、
やはり人間の目で、手で、調整が必要なのです。
同じものでも「誰が」縫うかで違ってきます。
わかっていたつもりでしたが、商品として並べられているものは、
縫いずれだとか一部伸びてるとかなくてどれも美しいので、抜けていました。

ユニクロや無印良品などの、同じものがたくさん積み上がっているあれも、
ついつい無機質に見ているところがあるけれど、全部、人の手でできている。
1枚1枚、数多くの洋服屋さんに、所狭しと並べられている、そのどれも。

先日は、ある部分の縫い方の相談でした。
一か所だけなのですが、納得いく仕上がりにするために
色んな縫い方を何度も試していただき、話して、決めてきました。
色んな事がスピーディな今は、部分的な縫い方1か所程度なら、
そこで立ち止まらないで進めてしまうことが多い。けれども、
実際できあがったら「あの部分がちょっと…」となることがあるのだそうです。
「後出しが一番困る。もう縫っちゃってるわけだからね」と工場さん。
わかります、引っかかってるんだけど、何となく進んじゃって完成しちゃって、
言わなきゃいいけど、やっぱり気になって言っちゃう、みたいなパターン。
そして、それを言われて困る工場さんの立場ももちろん。
気持ち良くお仕事できるかどうかで、仕上がりのクオリティも全く違いますよって。
一見見えないところも大切にするという事を、改めて思いました。

行けて良かった。そういうやり取りを快く思ってくださり、
会ってくださる方で、本当に良かった。
間に入ってくださる方も含めて、皆さん、自分の仕事の手を止めて
その部分縫いに関わってくださり、その流れで色んな話ができて。ありがたい時間でした。

で、やっぱりこれはファックスが必要だ~と、帰りに購入して帰りました。
(部分縫いの図のやり取りとか、発注関係とか、ファックス主流の世界です。)

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-28 10:39 | おみせのこと
完成!
d0012237_18120973.jpg

3種類、各6つずつ作り、合計18個!
リバティのビニールコーティング、50cmで6個、作れます。

d0012237_18120921.jpg
d0012237_18120944.jpg
d0012237_18120906.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-27 19:47 | ソーイング
リュックカバー販売開始
d0012237_23465348.jpg

しましたよ~。
こちら から。

何やらごちゃごちゃ更新しておりますが…
勉強が本分の学生時代は、勉強量も半端ないですし、家でも勉強するし
もちろんノートを使うわけですが、今はまぁそんなほどもないのもあるし、
別の理由でもノートを使わなくなりました。
全部、何から何まで手帳に書いています。

外で何か学びがあってノートに取っても、家で振り返ったり、
復習する時間を持たないので、ノートという形態は不向き。
講義などを動画で記録する人もいますが、
家で数時間の講義を見直すのだろうか?と思うと私はしないと思うので
動画を撮るようなこともしていません。
(あとで確認できない状況にして、その時間に集中し切るようにもする)

私は手帳に所狭しと書いて、電車の中や1人でお茶をする時などの、
細切れ時間にめくって復習しています。
手帳なら、いつでもバッグに入れてあるので。
スペースがなくなったら、使わないであろう、
来年の1月のところに書いちゃってます。
手帳に、すべてのインプットを集約させています。
予定帳でありながら、記憶、記録にするための日記でもあり、
学んだことの資料でもあり。手帳は軽いけれど、中味は重い。

帰りは俺物語9を買って帰りました^^わーい。



d0012237_21380607.jpg
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-25 23:50 | そのほかのこと
到着
d0012237_17544564.jpg


Amazon、さすがですね。早い。
大人服のおすすめはこの本が一番多かったので、購入してみました。
(最近の本のようで、持ってる方や購入検討している方も潜在的に多いかなと想像)
どういうところがおすすめか、ご意見がある方がありましたら是非に^^
ソーイング本音でお茶会、なんていうのも面白そう。

他の型紙屋さんはあまり存じ上げませんが、書籍にしても、
とりあえずほかの型紙の話は、少し前までは何となく自分で勝手にタブーにしていました。
なぜでしょうか。(大昔の2ちゃんねるのトラウマでしょうか)
ネットの型紙屋さんの型紙を買うという事も皆無なのですが、
以前、個人的に欲しいものがあったので勇気を出して購入、問い合わせもしたのですが
いつもの癖でタイトルを「polka drops です」と書いてしまい
あっという間に素性がばれた、なんてこともありました。
普段から偵察みたいなこともしないですが、あちら様はどう思われたか。
(偵察も何も自分から名乗ってるし)
他店の型紙、ソーイング本の型紙で縫ったものは
当然、ブログでも公開していなかったです。
でももう、諸々それも何でもいっか、という心境で解禁、です。
他店様の営業妨害はしませんし、そんなアイデアも持ち合わせてはいないのに、
自分で自分を窮屈にしていたかもしれないだけって事ですね。

さて、どれを縫いましょうか。
といってもすぐには縫えないのですが。
勉強になりそうな感じで見ると、候補はパンツ、かな。

子ども服のおすすめで「polka さんのが一番ですから…」ってコメントくださるのを見て
もしや気を使っていただいていたのか!と。かたじけないです。
その中でもいくつかいただいています。おんなのこ服が多いですね。新鮮。

山形から直送で、佐藤錦が送られてきました。
嬉しいなぁ。たくさんいただいたので、さっそくあちこちわけわけしています。


d0012237_17544562.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-25 21:35 | ソーイング
ペンケース
d0012237_08385206.jpg

贈り物の裁断をした後、細長く残布が出たので、ペンケースに。
ペン2本入る細さ。今日は勉強会もあるので持っていこう。

このファスナーの色、好きです。説明できないですし、
流行色かどうかもわからないのですが、気になる色。
濃いローズ色であり、芳醇を感じさせる色でもあり。
この色の生地があれば買ってみたいです。
あと、濃くてきれいなオレンジ色も今年、良いですよね。
それと合わせるのは白。
作りたいですし、色々平行して作ってもいるのですが、さらに脱線してしまっています。
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-25 10:00 | ソーイング
宣言
d0012237_21172573.jpg


毎日たくさんのメッセージありがとうございます。
1人では気づかない、色々な考えに触れさせていただいています。
深い、深いです、皆さん。唸ります。
綺麗な日本語の使い方、言葉の選び方なども
皆様のコメントから勉強させていただいています。

何があったっていうわけじゃ全然ないのですが、ずーっとあった小さな違和感。
あくまで個人的にはですが「嫌なら見なきゃいいやん」に対する違和感。
私は主に書く側なので直接言われるって事はないのですが、
仮に何か言われたとしても「嫌ならブログ見なきゃいいやん」とはどうしても思えない。
「言われるのが嫌なら書かなきゃいいやん」と同じだとも言えるし、
書くのも自由、見るのも自由、感じ方も自由で、どんなコメントを残しても、
あるいは残さなくても、それは自由であり、それこそが自由であるわけで。

もちろん気持ち的には「がーん」ってことも、稀にですけれど、
誰のせいでもなくて、自分がそう受け止めてしまう事はあります。
でもそんなことはブログ書いているとか関係なく日常でも普通に起こる事で。
ただ、それを含めて楽しめるようになりましたし、怖がらなくなったし、
生きてて良かったって思えるほど、喜びを受け取ることの方が遥かに多い。
得しています。
全部ひっくるめて、読んでくださる方が大好きです。
「読んでくれる人がいる(と思ってる)から書ける」文字にすると普通なのですが、
ほんとそう。ほんとそう、です。
だから「いいね」押してください、とか、クリックしてくださいって
その気持ちは凄くわかります。正確に言うとわかりました、かな。
10年もやっていると、コメントがなくても読んでくださっている実感は絶えずあるので、
反応 = モチベーション っていうわけでもなくなってきます。
アクセス数などは全く関係ないです。そういう数字は意外と何も語ってくれないので
私には必要性をあまり感じません。
「文字にする」って色々と自分を変化させてくれるのですが、
飽き性の私が、拙いけれど「書く」ことが続けられているってちょっと不思議。
まさに、続けさせてもらっています。ありがとうございます。
そういう意味の言葉を、今までにも何度か書いていると思うけれども、
おそらく今日が一番、深く思えている気がします。

って、そんな湿っぽい話がしたかったわけではないのですが、
ビニールコーティングとタグをまとめて買ってきました。
ちょっとしたお礼に簡単なものですが、15個ほど作る予定です。
多めに作れたら作ります。
何人に配れるかわからないので、余るかもしれません。
余分が出たら、ここでプレゼント企画しますね!

それと、おすすめソーイング本をご紹介くださった方ありがとうございます。
なぜか大人服ばかりだったのですが、そこから1冊注文してみました。
もし子ども服で、おすすめありましたら引き続きご紹介よろしくお願いしますー^^
男女関係なく、あとは、このアイテム作ってみて!って
リクエストなんかでも構いません。作ってみます!

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-24 08:53 | そのほかのこと
特別な夏至
d0012237_00302414.jpg


昨日お問い合わせがあり「2cm入れると2cm折り上がらないって何ですか?」
というのがありましたので、少し補足を。

エプロンの胸当ての脇部分は、カーブになっています。
Aのラインが指示通りのできあがり線なのですが、縫い代が2cmついていて
三つ折りすると、生地によっては縫い代の外回りで距離が足りなくなるので、
きれいに平たく仕上がらないというか、浮いたりつれたりするのではないかと。
で、Bのようにカーブを緩めにすることで、対応できるのではないかという話です。
悩んだ末に私はA(デフォルト)のラインで縫い、結果的に折り上がりましたが、
なんとなく生地による感じがします。
(私が使ったのはリネンツイルです)
仕上がりをイメージして、少しずつ調整ができるようになってくると、
自動的に無理のない縫製 = 仕上がりの美しさ、に繋がると思います。

昨日は夏至でした。
大安でもあり、一粒万倍日でもあり、良い日が重なったみたいですね。
私はそんな夏至の昨日、今度お仕事をお手伝いする方のイベントがあり、
それに参加してきました。
人を介して知り合った彼女は、ヒーラーさんなのです。
初めてのヒーリング。はじめての世界。
驚くくらいの心身のデトックスを体験してきました。面白かった~。

おすすめのものとか、場所とか、イベントとか、教えていただく時は、
詳しく聞かない、質問もほぼしないでトライします。
もちろん調べたりもしません。
ふたを開けてみると「がーん…こういう事だったのか」って事も実際あります。
でもそれはまぁ、話のネタにすればいい事ですしね。
基本的に物事は、先にイメージしないで、
何でもニュートラルに体験したいと思う。
自分に必要である事だったら、その吸収率がものすごくよくなる気がするからです。

映画でも本でも、ごはん屋さんでも。何でも。
前情報がない事で凄く入ってくる。
昨日もそんな感じでした。
知らない世界の事だけど不安はなく、疑いもなく、ただただ体験する。
そうして感じたことが、自分にとっての正解だと思っています。
そもそも「前情報」って、自分以外の人の情報です。
「直感」が「情報」よりあてになると思う根拠は、そもそも、そもそも「情報」は
人の軸でできているものだから(自分にとっては)何のあてにもならないのです。
「あそこ美味しかったよー」は、きっかけではあるけど、保証でもなく
確率を上げてくれる可能性でもない気がするのです。
そうすると自ずと「直感」が一番可能性が出てくるんじゃないかな、と思っています。

昨日はずっと見たかったものを発見することもできたし、
絶妙なタイミングで絶妙な人から連絡をもらったりと、とにかく面白い1日でした。

最近引っかかるキーワード「京都」
東京でルーブル展見逃したから、京都で見て来いって事なのかしら。
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-23 09:20 | そのほかのこと
中学生用エプロン
d0012237_08065832.jpg


「男のエプロンの本」より、キャンプエプロンを。
勉強のため、ほぼアレンジなしでそのまま作りました。
メンズのSですが、今はまだサイズ的に少し大きいと思われたのと
長く使えるように、肩紐に調節カンをつけたことと、
ひらったいデザインにならないように、
胸ポケットの角を少し落とした事、
タオルループをつけなかったこと、が変更箇所です。

エプロンの中ではベンツ明きもあったりして凝っている雰囲気。
ステッチも基本ダブルステッチなので、縫う距離が長い印象ですが、
縫い方さえ理解できれば、難しい箇所はありません。
仕様書は箇条書きなので、詳しいというわけではないように思います。
この説明で悩まず縫うという点では、ターゲット中級以上の印象があります。
(こう縫えばこう仕上がる、という事がイメージできているかどうか)

もし作る方がいれば、胸当ての脇は2cm中に入れたカーブになっていますが、
生地によっては2cm入れると、2cmの縫い代が折り上がらないかもしれません。
(アイロン次第で上がるかもしれません)
エプロン部分は、後ろ端を処理してから裾始末になっていますが、
縫い代の形状が「裾始末してから後ろ端始末」になっているので、
そのように縫う方が良いと思います。

デザイン的には大変素敵です。
出来上がった時の満足度も高いです。

市販の本の良さ、逆に難しさ、について、大変勉強になりました。
(過去、本を作らせていただいたこともあるので、作り手側からの
難しさというものもあらためて勉強できました)
出版社によっても特徴があるようですね。
沢山は持っていないのですが、ちょっと色々縫ってみようと思います。
最近のソーイング本のおすすめありましたら、お聞かせくださると嬉しいです。


d0012237_08065878.jpg

男のエプロンの本

嶋崎 隆一郎/文化出版局

undefined



d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-06-22 08:31 | ソーイング
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin