<   2015年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ROLTO



d0012237_09041252.jpg


キングジムから出ている「ロルト」
手のひらサイズの感熱紙プリンターです。

I phone で見ているページや保存した画像などを、
無線LAN経由で直接プリントアウト(白黒)できるもので
専用紙は裏がシールになっているので、そのままノートや手帳などに貼れます。
一般的な使い方だとレシピだとか地図だとかクーポンなどでしょうか。

私の場合は、勉強している時に調べものがあるのですが、文字情報が多く、
文字数を見ると途端に書き写すことが億劫になり
(暗記するわけでもないので手書きで写す必要がない)
とりあえず画像保存→何もしない→たまる一方で資料として使えない
という事になってしまっていたので、これを回避するのが一番の目的です。
プリントアウトしたものを、そのまま勉強用ノートに添付できる。
長いブログの記事なども、一番下まで長ーく印刷できたり、逆にトリミングもできます。

感熱紙なので、長期保存には向いていませんが、
個人的な使い方としては理想的な商品でした。

さて、また断捨離しています。
断捨離しようと思うのは、大抵体調を崩したその回復時で、ひとつの事を考えすぎている時。
脳の整理のために物を整理したくなる、しかも動かさないでいた体を動かしたくなるから。
本能的に、体、頭、心の循環を、視覚的に試みようとして、体にスイッチを入れる。
私にとってその最適な行動が「断捨離」なのだと思います。
もうそんなに減らすものないと思っていたのですが、何を思ったのか本80冊。
型紙も半分にして、使わないなと思うものをシビアに仕分けして、
昨日だけでカラーボックスで1つ分は不要なものが出ました。
目標、カラーボックス3つ分くらいでしょうか。

仕分けするまでは意外と簡単なのですが、
さてここから、この本をどうしようか。物をどうしようか。
できる限り捨てずに、1つ1つ行き場所を考えていくのでこれに時間がかかります。
貴重な本や、良いものもあり、バザーなどに出せたら良いのですが。
今回は、今までで一番シビアな断捨離にしようと思います。
脳を極限までシンプルにするために。
とことんやりつくします。


d0012237_09041204.jpg




d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-31 09:41 | おかいもの
3つ目
d0012237_16424383.jpg

次のがま口は、底の部分に3.5cm幅で生地を乗せて叩きつけ、底布風に。
簡単ですが、無地の生地などの時にはアクセントになります。

以前作ったバッグと同じ生地、同じような雰囲気になりました。
墨汁染めのリネンは、使っていくうちに色が落ちてきて、かなり薄く
質感もくたくたになっています。
↓以前作った時の画像です。



d0012237_16414474.jpg
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-30 16:49 | ソーイング
贈り物
d0012237_09004343.jpg


青い方はシェットランドウール(C&Sさん。予約販売でもありましたね)
グリーンはニット工房さんのウールです。
どちらも表情が豊かで、衣類でも良いですが、小物にしても
生地の良さが凝縮されていて、完成度を上げてくれます。
贈り物としていくつか必要なので、合間合間にチクチク縫っているところです。
あと3つかな。

がま口の型紙、口金は販売終了しておりますが、まだ形にしていない方等含め
参考画像としてご紹介しています。

これまでよりももっと、全力で物を作ろうと改めて思いました。
誰かに贈るものでも自分のものでも、小さなもの、大きなものも区別せず
毎回惜しまず力を出そうと。
それを精神論でやってしまうと途中で挫折するのは目に見えているので、
そのあたり、自動運転化を図ろうと考えております。

先日、久しぶりに息子の試合の応援に行きました。
地区大会、団体戦準優勝、個人戦3位入賞。
体も細くて、他の子よりも力とスピードでの差はありながらも、
上達していたのはもちろん、これは彼のプレイスタイルなのですが、
技術の精度が(中学生レベルで、私の素人目で見てですが)高く、
妥協することなく研究して自分で得たものなんだろうな、という事が見えてきて
そういった姿勢を私も息子から学び、自分の作るものの精度を上げていこうと思った次第です。
帰宅してから聞くと淡々と「それが僕の強みだから」と。

学業も整理整頓も身だしなみも普段の彼を見ている限り、かなり雑な方でもある様子から、
部活でも適当に楽しく打って、それ(年齢、練習量)なりの上達なのかなと想像していただけに
個人的に非常に驚かされました。(ほんとすみません)
家でもよく学校の事を話してくれますが、そういう話はまず出てきません。

日々成長していますし、こちらも学ばされます。
そんな発見もある毎日。

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-29 09:35 | ソーイング
続けて2つ目
d0012237_12261246.jpg

先ほどのルームシューズをブログにUPしたすぐ後、それを見た人から
「作って~」とオーダーがきたので、
ボアで部屋が毛だらけついでに、続けて作りました。

サイズも同じ、ボアも先ほどのものと同じで作りましたが、
今度は甲の部分をニットで作りました。
布帛(1つ目)で作るとボアが表にあふれてきますが、
甲をニット(2つ目)で作ると、甲が程よく伸びて、内側のボアが馴染むのがよくわかります。
はいていくうち、どちらも馴染んではくると思いますが。

かんたんにラッピング。
さて、掃除機かけます!


d0012237_12332712.jpg
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-28 12:38 | ソーイング
ルームシューズ
d0012237_08485321.jpg


久しぶりに作りました。
Mサイズ。甲の部分を布帛にしたので、サイズ感は女性用のMという感じですね。
キルトニットの流行も終盤なので、どんどん消費していきたいですね。
キルトニットの使いどころとしては、ルームベストやニットコートなどにも。

ルームシューズは甲の部分をウールにするともっと表情豊かな生地選びができますが、
私は洗濯機で洗いたいので、綿素材にしています。
ちなみに静電気が大の苦手なので、ボアも綿で探します。

カメラがとうとう寿命かもしれません。
オートフォーカスは完全に使えなくなりました。
がーんがーんがーん。

昨日のウールはこんな感じです。
仕様についてお問い合わせがありましたが、裏側が見えない方が良かったのと
中縫いすると野暮ったくなりそうだったので、外表に2重にして、ステッチのみ。
ミミが可愛らしかったので残したかったのと、ほつれない生地だったのでそうしました。


d0012237_08485340.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-28 08:55
凝ったウール生地
d0012237_22571252.jpg

快晴堂さんで購入したウール。
ものすごく凝った作り方の、なかなか出会えない1枚です。
軽くて暖かくて、ふわふわだけれども厚みはそうなくて使いやすい。
で、マフラーにしたのですが…私より似合う人に贈りました。

もちろん自分のマフラーにするつもりでいたけれど、
似合う人が使うのが一番だと思う。そこが妙に譲れません。
少しだけ残したので、バッグか何かを作ろうかと考えています。

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-27 23:02 | ソーイング
買ってきたもの
d0012237_22384975.jpg

武蔵野美術大学芸術祭で購入してきたもの。

陶磁専攻の生徒さん作品の菓子皿と、
レジンのブローチ。
レジンのアクセサリーは、手法としては最近よくありますが、
この、固め切っていない感じの表現などは、さすがです。

下の写真は、これもブローチですが寄木細工です。

d0012237_23020289.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2015-10-26 09:00 | おかいもの
武蔵野美術大学芸術祭

d0012237_10063688.jpg


武蔵野美術大学芸術祭に行ってきました。
子どものころから「ムサビ」という言葉だけは知っていた憧れの大学。
だからといって不思議とこれまで行こうとは考えていなかったのですが、
ここの図書館を、外観だけでも見たいと思って最近調べたら、芸術祭の日程が。
それで行ってきました。

とにかくどこもかしこも、芸術を志す学生さんとして文句なしのクオリティです。
芸術祭のために創造するというよりは、そもそも常に何かを作り出している環境ですし、
センスも表現も作り込み方も、手を抜いている感じがまるでありません。
スタンプラリーのスタンプの持ち手とか、それを置く台とか、端の端まで作り込む。
テーマがしっかりしているだけでなく、実際に作るものや飾るものの統一が徹底していて、
全体部分に関しては、使う色の指定などまで行き届いている印象でした。

フリーマーケットも、凄く面白かったです。
もともとは買い物に興味はないのですが、未来の芸術家さんたちの作品が凝縮されて手に取れる。
普段知っているようなフリマとは全く違っていて。
「え、これ、この値段で買ってもいいの?」というくらい、洗練された作品が買えたり。
出店もかなりの数で、見すぎると(お財布が)危険です。
油絵や彫刻の作品群も見ごたえがありました。
1日じゃとてもまわりきれないです。
↑上の一番下の写真は、黒板アートをライブでされていた方の作品。
午前中から描き出していらしたようで、私は午後5時を過ぎた、完成間近のところを観ました。圧巻です。

図書館(↓下の一番上の写真)は、お祭りの日なので外観だけでもチェックするつもりで行ったのですが、
外観も重厚で、景色の映り込みなども含めて感動的なのですが、何と、中も公開していて。
図書の閲覧と写真撮影は不可ですが、自由に歩いて回れて、思いがけないことに嬉しかったです。
中も、デザインと本質の兼ね合いが見事な、良い図書館でした。

大盛況で人も多かったですが、ものすごく並ぶというようなこともなく、
どこを見ても楽しくて「見せる」「魅せる」が感じられました。
それでいて伸びしろというか、可能性というか、そういったものが確かにあって。

大満足の1日でした。


d0012237_10063675.jpg
d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-25 10:47 | おでかけしました
快晴堂さんアトリエストア
d0012237_17504517.jpg

快晴堂さんで、アトリエストアをやっているというので生地調達に。
ウールの季節なので、コート用にウールモッサを。
他にも可愛いウールがありました♪
ボタンも、写真だとわかりづらいのですが、市販にはない古びた風合いが何とも素敵。
明日までやっているそうです!

追記:ボタンを携帯で撮ってみました。

d0012237_18065566.jpg

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-23 17:55 | おかいもの
ファスナー
d0012237_15402278.jpg

準備でき次第、ロンボストンとボディリュック用のファスナーセットの
再入荷をします。今回は新色でオレンジを入れてみました。

スマートボディリュックには、携帯電話用のポケットがついているのですが
年々携帯…というかスマホの大きさが大きくなってきて、
現在のポケットだと入らない機種も出てくるようになり、
ポケットの大きさなどを見直してみたのですが、
ポケットを大きくすると、その存在感で、バッグに比べて大きさのバランスが悪くなり、
また、重さも重くなり、安定感がなくなっていくことから、携帯電話用と固定せず、
入る大きさの携帯電話、および、小物入れとしたいと思います。

d0012237_10415135.jpg












◆ お返事が必要なお問い合わせは、お店の
お問い合わせフォーム をご利用ください。
Top▲ | by polka-drops | 2015-10-22 15:52 | おみせのこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin