<   2016年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ホタル
d0012237_09264974.jpg


小網代の森、再訪。
今回はゲンジホタルを見に行きました。
東京にいると、野生のホタルを見るという機会はそうなくて、
こんなに行きやすいところで、おそらくここなら、たくさんのホタルに出会える予感もあって
お天気と、マイナーなホタル情報を頼りに心待ちにしていました。

気温が高く、しかも夜には雨が降る予報の、湿度の上がるお天気という、絶好のホタル日和。
梅雨の前の、日差しはそこそこ強くとも、不快感はなくて。
蚊などの虫刺されの心配もまだない今、三浦半島へ。


d0012237_09264978.jpg

油壷は、逗子や葉山に比べると地味な、マイナーなマリーナですが、
こじんまりとしていて、日が沈む前まで遊ぶのにはちょうど良かったです。
上はウグイス。
鳴く声は耳に届いても、姿はなかなか見せてくれないウグイスですが、
辛うじて、写真におさまりました。
というか、本当にウグイスをこの目で見たのは、初めてかもしれない。
これまでに見たような気になっていたけれど、やっぱり見ていないかもしれません。


d0012237_09264906.jpg

海岸まで降りてみました。
水に入ったら、冷たいけれど、気持ち良い冷たさで、久しぶりに足の裏の感覚が鋭くなりました。
体の中から何か、余分なものが抜ける感じ。
中学生男子が数人で、飛び込んだり水の中で鬼ごっこしていて、あー男子だ~。
夕方6時過ぎですよ。その頃うちの中3男子は映画観に行って、そのままバドの練習に移動している頃。

磯遊びが楽しかったー!
色とりどりのヤドカリに、フジツボ系、アワビ系、色んな生き物がいっぱいいて。
貝も綺麗なものがたくさん。
ここ、土地が良い気がしました。
突端なのに、海は穏やかなので、いわゆるサーファー系の活気などはありませんが、
とても穏やかな空気と水と太陽のあるところ。
遊びに行くと、その「場所」を好きになる事はあっても、
その「土地」を好きになることはあまりなかったですが、
ここは住むのによいところだなーとちょっと、真剣に思いました。

① バフンウニですって!(ありがとうございます!)
② 黒い、小さな小さなヤドカリ


d0012237_09264989.jpg

そしてホタル。
初めて見ました、これだけの群舞。
私、マクロレンズ持ってきちゃっているし、
最高値まで感度を上げて、明るさも上げて撮りましたが全然撮れない。
IphoneやiPadだと完全に真っ暗で、もうまったく撮れない、それほどに繊細な光ですが、
目で見る、本当にたくさんのホタルが光る様子が、大パノラマで。
幻想的で、素晴らしかったです。
アニメで見るような、本当にあの通りです。

ホタル観察期間は小網代の森も夜間開放があり、NPOの方も監視やサポートに来てらっしゃいますが
基本的に、大きく宣伝しているわけでも客寄せしているわけでもなくて、
ホタルや森の状況で、細かく時期を見定めながらの情報発信。
だから、行く人も情報を積極的に拾いにいくような感じ、来ている人も地元の方が多い様子。
でもこれ、毎年、人が増えていきそうなところ。
本当に、綺麗です!
昨日はちょうどピークだったそうで、光り出す時間も予想通り。
ここかなと思った観察場所もベストでした。
最初の1匹が飛ぶところから見て、光り出すのが増えていく様子、広がる様子、
最高に良い形で見ることができました。

そして、シンボルのアカテガニには会えなかったけれど、
ちょうど冬眠から目覚めたタイミングのようなので、また来いって事だと思います♪
(でも6月まで冬眠て!)



d0012237_09264900.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-30 10:05 | おでかけしました
トート型紙、商品化
d0012237_09102118.jpg


たくさんのリクエストありがとうございます!
一昨日作ったバッグ、ちょうど昨日、スタッフと打ち合わせがあったのですが
そこでも「かわいー!」と大好評でした。
大きさもバランスも良かったので、修正も数mm。
商品化できそうです。
でもその前に出したい型紙もあって、サイズ展開多いので、その後になりそうです。
ロンボストンのファスナーセットが使えるようにします。

こういうトートは名前があるのだろうか、と思って調べてみると
「あおりトート」という名前が出てきました。
初めて聞きました。

昨日上がってきた、黒地にシルバーラメのロゴのタグ。
光っているのを写真に撮るのが難しいです。
タグだけの販売はしないのですが、別のものを作る予定です。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-26 09:20 | おみせのこと
トートバッグ
d0012237_23044598.jpg




自分用のバッグ。
急に思い立って作りました。衝動です。

サイドにこういう開きのポケットになっているタイプのが欲しくて、
でも何だか四角いのが多くて、そういうのではなくて、
自分の荷物が入るジャストサイズで、コンパクトでサイドにA5のファイルとノート入って、
マチはお財布と本とその他の諸々の厚みでって、もう雰囲気でライン引いてパターンにし、
できあがるまで一言も喋らなかったかもしれないくらいに没頭して作りました。
こういう時は、形も可愛くできあがります。
小さめなのでショルダーでもかわいいのかもしれません。
でも間違えて冬生地で作るという。

パタンナーも、可愛くできるものは、パターンを引く時にもうすでにわかるみたいです。
それ、とてもよくわかります。
私も、時々、脳を通さないで作っている感じがします。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-24 23:15 | ソーイング
トレッキングパーカにひもを通す
d0012237_22135410.jpg


パタンナー娘ちゃん用、メンズトレッキングパーカーSサイズ。
女の子らしく、かつ快活なカラー。


d0012237_22135416.jpg

衿元にひもを通しました。
トレッキングパーカーの見返しを、衿ぐりまで延ばし、


d0012237_22135469.jpg

裏地がついていますが、裏地がなくても大丈夫です。
アレンジの図解はこんな感じです。


d0012237_22135480.jpg

切り替え部分を利用してホールを作っています。
自転車に乗って、かつフードをかぶりたい時には良い仕様です。


【ブログでお答えしますコーナー】

1 ニットソーイングのTシャツの裾などが引っ張りに対して
  糸が突っ張ります。

家庭用ミシンをお使いとのことでしたが、家庭用かどうかはあまり関係なく、
ウーリー糸を使っているかどうかもあまり関係なく、
そもそも既製品のTシャツは、特殊ミシン(カバーロック)で縫っているので、
工業用でも職業用でも家庭用でも、既製品のような伸縮性は縫えません。
フライスなどのような感じだと糸のつっぱりが気になるかもしれませんね。

個人的には、あまり伸縮性のあるニットはホームソーイングは向かないと思います。
ミシンや環境に合ったアイテムや素材を選ぶ、というのもありかなと思います。


2 トーションレースがたくさんありますが使い道に困っています。

私もレースはあまり使わないので、潔く使わないという選択をしてしまいそうですが、
クリスマスのリースなどの工作系はいかがですか?
カードに使ったり、何かの飾りつけに使ったり。
大量にあるのであれば、学校などに進呈して使ってもらうかも。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-22 22:42 | ソーイングのコツなど
大隈庭園
d0012237_21212007.jpg


都電荒川線に乗ろうと思って、通りかかったリーガロイヤルホテルに
お茶しようと立ち寄ったのですが、開店時間まで少しあったので
隣接している大隈庭園を散歩。
早稲田大学にも隣接している公園で、学生の姿もありました。
良い季節で、お天気も良くて最高でした。

それから王子まで出て、飛鳥山公園。
石神井川の迂回しているところを観察して。
王子は、海に繋がるまでまだ距離があるところですが、感潮域になるので、
(感潮域:潮の満ち引きが影響する川の範囲)
川は、潮の香りがします。
車で通る以外に初めて来たところですが、なかなか面白いところでした。

帰宅するとちょうど息子が修学旅行から帰ってくるところでした。
楽しかったようで、でもかなり疲れたのか、夜8時前に寝てしまいました。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-20 09:21 | おでかけしました
パフプルオーバーの生地選び
d0012237_06553140.jpg



生地選びというのは、難しいものでしょうか?
私自身が生地選びを上手だと思っているわけではないのですが、
生地と型紙の合う、合わない、の感覚って、それぞれどの程度違うものなのかな、
「これ、合うなぁ」と思えば、結構同じように思う人が多いのかな?
それともその感覚は個々でバラバラなのだろうか、など考える時があります。
そうして、個々の「違う」感覚に基づいて、どのように生地選びというものを伝えるか
というところについて、その伝え方はどうすれば良いかなと思っていますが。

パフスリーブの場合の生地選びは、ポイントとなるパフが綺麗に出るか、
というところを基準にまず考える、というのは想像できるかと思います。
で、これどうかな?と思う生地があれば、私などは生地をちょっと、
パターン通りにタックに折ってみます。
そして、ふんわり感がどんなふうに出るかを見ます。

パフなら、形良く立ち上がる感じがあるかどうか。
写真の生地はシフォンでかなり薄いのですが、タックをつまむとふんわりとした
形が出ます。あ、これなら大丈夫だな、と。だから「薄い、厚い」では決してない。
実店舗で生地を選ぶ時も、生地端を手で軽く折って、できあがりの感じをイメージします。
もちろん縫ってから分かることもあるので絶対ではないですが、
生地の状態でも、出来上がった時の形や、ポイントとなる部分を
イメージできるように生地を触ること、が大切だと思っています。

ネットショップで生地を選ぶ時は、触ることができないし
厚みなど、考えていた通りではない事も発生しますが、
届いた生地がイメージと違うなら、潔くそのアイテムには使わない。
触れない生地の場合は、もうそういう基準で買い物します。

先日も話していたのですが、私は、
色より柄より、縫製のきれいさより何より、
型紙と生地が合っている、合っていると自分で思えている、
という状態に、満足度が高いです。
生地と型紙が合っているかについてはみなさん、とても関心が高いようです。
生地と型紙の相性について迷った時、型紙屋さんへ質問するより
生地屋さんへ質問する人の方がかなり多いという事もわかりました。

戻りますが、パタンナーも私もいつも、生地をちょっとつまんだり、
触りながら考えたりして、視覚的にもそうですし、
五感を使いながら生地の感覚を掴んでいます。
生地選びも、正しい正しくないというのはありません。
その上で、相性というのがあるのも確か。
触ってイメージする。
できあがりを想定しやすい触り方をする。
というところがポイントです。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-19 07:30 | ソーイングのコツなど
パフプルオーバーの袖口リブについて

d0012237_07293267.jpg



パフプルオーバーの袖口ですが、こう、リブが内側に入る感じなのです。
図でこんな感じです。

d0012237_08560293.jpg
この部分に止めミシンを入れるのですが、縫い代+リブで厚みが出てきますので、
リブのみ薄手の天竺などにすることによって、
表地の厚みや、ミシンへの負荷的にも、作りやすくなると思います。

あ、パフプルオーバーの半袖リクエストを沢山ありがとうございます。
試作中です。うまくいくようでしたらご紹介できるかも。


【ブログでお答えしますコーナー】

1、ソレイユさんのレーヨン天竺でパフプルオーバーはどうですか?

  身頃的には問題ないですが、袖口のパフを綺麗に出すにはちょっと頼りない感じですね。
  私も生地を持っていますが、ソレイユさんとも話してみましたよ。

2、パフプルオーバーがうまくできません

  パフの形が綺麗に出ない、とのことですが、仕様書の通りにタックを取っていれば
  形については、生地だと思います。
  リブが内側に収まらないとのこと、パフと合わせて想像するにですが、
  薄手の柔らかい生地でお作りになられたのではないかなと思います。
  厚みというよりは、薄手でも、張りまたはコシがないと形が出にくいです。
  止めミシンが目立つのは、もし縦に入れると目立つ素材(ボーダーなど)でしたら
  横方向に入れても良いと思います。
  
  止めミシン、目立たないように入れるイメージがありますが、市販の洋服でも
  デザインによって結構目立つものも多いです。
  自分で縫うと、目立って見える、という心理的なものもあるかもしれません。


昨日から修学旅行で、初日はお弁当だったので、千社札をクラフト紙に印刷して使ってみると、渋かった。
しかもお弁当の中身も、出来上がってみると茶色かったです。

d0012237_07293346.jpg



d0012237_18180019.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-18 07:52 | ソーイングのコツなど
古い子ども服
d0012237_18180062.jpg



小網代の森の帰り、軽く三浦海岸を通ったのですが、そこで古道具屋さんを発見。
ちょっと覗いてみたら、出会った子ども服。

着て使える状態でない事は一目瞭然ですが、
もともととても良いものだったことを思わせる、素材、仕立て。
そして形!
正確な年代はわからないですが、その時代に、サイズに合った洋服を着るという
価値観を知っている人の持ち物だという事を伺わせます。

子ども服の形フェチかもしれない。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-16 10:11 | おかいもの
小網代の森
d0012237_10182514.jpg


神奈川県三浦半島にある「小網代の森」に行ってきました!
蚊に刺される事やスズメバチ、マムシの心配がほぼない今の季節、
お天気で、それでいて不快な暑さはなく、梅雨の前のベストシーズンです。
ということで朝からお弁当を作り、
千社札 をダウンロードして貼りつけました。


d0012237_10182550.jpg

小網代の森は、三浦半島の先端にある、相模湾に面した約70haの森です。
森の中央にある谷に沿って流れる「浦の川」の集水域として、森林、湿地、干潟及び海までが連続して残されている、関東地方で唯一の自然環境と言われています。
森、川、海のつながりが必要なアカテガニをはじめとして、希少種を含む多くの生き物たちが、多様な生態系を形成しています。
(神奈川県HPより抜粋)


標高50m弱、長さ1.3kmほどの沢沿いの短いコースで歩くところは雰囲気を壊さず整備されていて
足元を気にする必要がなく(湿地なので足元に気を使うとなると大変です。
そして湿地を守るためにも整備の意味があるという事です。)
存分に色んな自然を集中して楽しめるのです。
時間も、自宅から車で1時間半ほどでほどよく近く、
コースは短いのに、自然の一つの形を丸ごと堪能できるという事、
そしてコースが短いからこそ、先を急ぐ必要がなく立ち止まってゆっくり写真を撮ったり
のんびりしながら進めること。疲れないので本当に心地良く、いろんな意味で無理がない。
良いところだと想像していたけれど、まさかこれほどとは。

ほぼ日の「小網代の森へ遊びに行くよ!」がとってもわかりやすいです。
おもしろいです。おすすめです。
この記事 もおすすめです。

d0012237_10182544.jpg

たったこれだけの高低差で、生きているものたちが全く違う。
トンボは、もともとちょっとした環境の違いでも住み分けがはっきりしている昆虫なのだそうですが、
更に凝縮されたこの森の中では、右見て左見たらもう違うトンボ!という感じです。
上からカワトンボ、アサヒナカワトンボ、シオカラトンボ(これはオスですがメスもいました)
写真に撮れなかったトンボもありました。

あ、例のごとく、風景から何からすべてマクロレンズです。
他にもいろんな植物や生き物に出会いました。

そして川が海になる瞬間!


d0012237_10182510.jpg

干潟には色んなカニが見られます。
チゴガニが、もうそこら中にいて、一斉にダンス(求愛行動)しているんです。
可愛すぎる~~~。そしてまたこれが、綺麗な青色をしているんです。
貴重なアカテガニが生息する小網代ですが、そっちはお顔を拝見できませんでした。


d0012237_10182573.jpg

小網代の森、あまりに気に入ったので、リピート確実になりそうです。
これから先、ホタルの時期、それと、
NPO法人小網代野外活動調整会議の代表理事である
進化生物学者で慶應義塾大学名誉教授の岸由二氏が
ガイドをしてくださる日があるようなので、要チェックです。
(というか、それ今日らしいのですが。さすがに2日連続は)


【ブログでお答えしますコーナー】

1、新作のパフプルオーバー、半袖も出してください

  ありがとうございます!スタッフと協議してみます。

2、展覧会などの情報はどうやって得ていますか?

  美術展情報は「ミュージアムカフェ」というアプリが好きで、
  行くと予告で貰うチラシなども、とても参考にしています。
  あとは、私のまわりの愛すべき変な人たちからの口コミと情報交換です。
  面白いことアンテナのようなものは、常に張っていると思います。
  引っかかったら逃さず、失敗を恐れず、何事も行って確かめること。
  そのうち精度が上がります。
  
3、以前あった、狭小住宅のブログはどこですか?

  あ、これです。
  http://smallss.exblog.jp/

お問い合わせ、ありがとうございます。
引き続きお待ちしています。
お返事がないとかありましたら見落としているかもしれません。
お知らせください。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-15 11:30 | おでかけしました
新作販売開始
d0012237_14465651.jpg


販売開始です。
実は、販売までのデータ、メルマガの記事などは、私が作っているけれども、
できたものをスタッフに送って、スタッフがすべて整えた段階でご紹介となるので、
具体的な販売日時は私にもわからず、私もメルマガが来て、初めて知ることになります。

結構前倒しでご紹介できました。
これはスムーズに形になったから、というのもあるのですが
季節的にも急に夏を意識する暑さがやってきて、半袖にはまだ早い今、ちょうど良い。
(季節の話は、つい東京基準になってしまいます。)
メルマガにも書いたのですが、基本的にカーデガン羽織れない形です。
(でも今流行の、肩かけはとっても素敵です。)
生地を変えて夏までいけますが、ロングシーズンという意味での「便利さ」は考慮していません。
あれこれ言わず「着たいから着よう」というアイテムです。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2016-05-13 13:48 | おみせのこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin