<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
グランキュロット型紙がA4サイズになります
d0012237_22583332.jpg

A3プリントアウトで販売していたグランキュロットの型紙ですが、
準備でき次第、A4サイズへと移行します。
(移行期間で両方購入できる期間があります)

大きく変わる点はないのですが、仕様書がイラストから写真になることと、
100〜130サイズでスカートアレンジがあったものを、廃止します。
(全サイズ、キュロットのみになります)
スカートのパターンが必要な方は、A3サイズを終了前にお買い求めください。

久しぶりにグランキュロットのサンプルを何枚も縫いました。
この生地はブロードです。サイズは140ですが、柄のせいもあって
ボトムだけどペラペラ、という感じはなく、張りがあるので見た目のボリュームもあります。
購入店は、HARUさんです。
(花柄が多くて、かわいい掘り出し物があるお店ですね)



d0012237_22583341.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-29 23:15 | おみせのこと | Comments(0)
お客様へお知らせです

お店のサイト無事に復旧いたしました。ご心配をおかけし申し訳ございませんでした。

polka drops 2017.08.25 14:20

--------------------------------------------------------------

現在、当店サーバーに不具合が発生しておりサイトを閲覧いただけない状況です。
メール受信も出来ておりません。

原因等わかりましたら、あらためてご案内をさせていただく予定です。
大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

polka drops

2017.08.25 13:41


Top▲ | by polka-drops | 2017-08-25 13:41 | Comments(0)
夏休み、おわりました。
d0012237_20335287.jpg
お店の方は少し早めの夏休みを終え、今日から通常営業しております。
そして、A3アイテムの20品目について、9月いっぱいで廃盤にさせていただきます。
セールはしませんが売り切れもないので、ゆっくり考えて必要に応じて9月末までにご購入ください。

必要な人に、急かすことなく、必要なだけ、と思っています。

画像は、生地の色に合わせたら画像全体の赤みが強くなりましたが、こんな綺麗なふっくらとした紫のリネン。ソレイユさんで以前売っていたものです。
残り1mだったのですが、とっても綺麗な色で上質で、何に使えるかは考えずに買うだけ買っておいたものですが、結果的に父のアスコットタイに良かったです。

4枚頼まれていてあと1枚。

先日、たまりにたまった切り抜きを一気に整理していたら、いつか欲しいと思っていた南部鉄器の焼きおにぎり器の記事を見つけて、すでに廃盤だったのですが、ネットで探して購入しました。
好きなものって変わらないから、ゆっくりとしたタイミングでご縁がある事もある。

おにぎり2つ焼いて、残り2つの場所で野菜を焼いて、朝ごはんにちょうど良いです。

d0012237_20335355.jpg
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-21 22:42 | そのほかのこと | Comments(0)
映画「コスタリカの奇跡」(ネタバラシしています)


もう1つのブログに書いた事を抜粋しているので、雰囲気が違う書き方になっていますが。

戦争や平和について私も思うところはあるけれど、道徳的なことを押し付けられるのは嫌だし、精神論や理想論に終始するのも好みじゃない。
だからこの映画が気になった時に、同時に警戒する自分もいた。
戦争ものに触れるときはいつもこの感じがあって、本当のところどうなのか「確かめる」ような気分で行くことが多いんだけど、今回は、コスタリカにずっと関心があって旅するつもりでもいたらしい彼にとってもツボだったようで、一緒に渋谷まで行ってきた。12日に公開されたばかり、お盆、平日、雨、混み具合よくわからなくて行ったけどほぼ満席。

コスタリカは1948年に軍隊を持たないと決めて、それを守っている国。
もちろんそれだけではすまなくてアメリカからの圧力や隣国からの攻撃だって何度もある。けれども「持たない」を決めて、ブレそうな時期や圧力に屈しそうな時もありながら、今日まで国民の幸福にフォーカスしてそれを守り続けてきた。
そんな理想的な国だけどそれは「めったにない奇跡」なのだろうか。
でもこの映画見たら、コスタリカは、とてもシンプルに当たり前のことをしているだけだという事がわかった。

一番大切なもの(国民の幸福)を守るために、静かにNOを言い続ける、地に足つけて交渉し続ける、世界を信じること、それだけだった。
「そうは言っても軍隊を持たなくて、他国が攻撃してきたらどうするの?」っていう当然生まれる疑問がある。攻撃したいわけじゃなくて、自国をいざという時に守れるようにするために軍事が必要なんだっていう考え方は、一見正しいことのようにも思える。
でも攻撃してくる相手に対して軍隊で守る事は、それは当たり前に戦争を意味するし、人が死んで、福祉や教育どころではなくなって、幸せからどんどん遠ざかるのは目に見えている。
本来の目的(国民の幸福度を上げること)を果たせなくなる。

コスタリカは、軍隊を廃止した時に軍事に当てていたお金を福祉と教育にスライドし国力をどんどん上げていく。攻撃してくる相手には、国際法で守っていた。そのために普段から多くの国を訪ね、心を尽くして繋がりを持ってきた。

そしてこれ「我が国の1年の軍事予算は、アメリカの戦闘機1台分でしかない。軍隊で国を守ろうとしても、小さな国にとってそれは全く意味がない。」

精神論でも感情論でも哲学でもなく、ただの事実。
「軍隊は良くない」じゃなくただただ「非効率だから必要がない」コスタリカにとって明確な事実があった。
この、ただの事実を明らかにして、どうしたいかを考え、軍隊を手放したんだ。
元大統領のフィゲーレス氏は哲学者ではなくて、自身も実際に武器を手に持って戦ったことがある人。それも体感した上で、たくさん考えて考えて、善悪ではなくただ国民の幸福という目的に対して軍隊は「違う」と感じて「変えた」、これだけ大きなことを丸ごと選びなおす事に、ただただすごい!っておもった。鳥肌が立った。

そういう人は「偉人」とか呼ばれて「私と違うから」で区別されやすいけど、映画を観れば心が震えたり、涙が止まらない人もたくさんいると思う。それは自分の中にも同じ気持ちがどこかにあるからなんだと思う。

考えさせられるというか、深く複雑になるのではなく、哲学的になるのでもなく、考えをとてもシンプルなところに戻してくれるような映画でした。
d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-16 14:29 | おでかけしました | Comments(0)
夏休みの読書

●「東京スリバチ地形散歩」(1)(2)

個人的趣味全開の2冊。
東京の地形は多くの丘と河川でできているので、谷が多いのですが、四方、三方、二方が坂になっている谷をスリバチと例えています。
すりばち状の地形と土地利用、台地に建つものと谷に建つもの、それぞれに暮らす人、そして今も残る地名の意味。考えるだけでも面白いです。
今は長時間の散歩がしにくいけれど、秋になったら色々と出かけようと思います。

東京メトロの銀座線と丸ノ内線は、地表から直接掘削される比較的浅いところを走る路線で、その上その軌道は電車の走行上、地形の極端なアップダウンに追従できないので「谷」になっているところは自ずと線路が地上に出る事となるわけです。
だから「四ツ谷」「茗荷谷」「渋谷」など、地名にも谷がつくところが、地下鉄でありながら地表に露出する形になっている、そんな話にも萌えます。

昔、家から高校までの自転車通学路が、行きはずっと下り坂なのに、帰りは遠回りをすると、全く坂を登らず帰って来られるので不思議だなーってずっと思っていたのですが、上り坂だと感じないくらい、スリバチの壁面をなぞりながら帰ってきてたんだなーっということを思い出しました。

●「好奇心を転職に変える、空想教室」植松努

日本一感動するスピーチ?で有名な植松電機の植松努氏の本。
中学生くらいに良いと思うけれど、大人にも、なんとなく感じていたことがきちんと丁寧に言語化されていて、頭の中がクリアになる1冊。
どうして夢を持つことが大事なのか、これからの時代はどうして学力や学歴ではないのか、という事が、現実的な説明で書かれているので腑に落ちやすいと思います。

あとは好きで読んでいるのは日本一の投資家、竹田製菓の竹田和平氏の本とか、それとあとは簿記3級取得するので、そのための参考書です!

かなり家にいる毎日です。


d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-13 15:48 | 本・絵本 | Comments(0)
「日本の家」展
d0012237_23160475.jpg


猛暑日。すっごく暑かったのですが、新宿で買い物をしたり涼んだりと
のんびりしながら、午後は近代美術館の「日本の家」展に。
1945年以降の日本の建築、黒川紀章の中銀ビルとか、セキスイハイムの生産性が高いユニット工法第一弾である「プレハブハウスM1」、無印の家、など現代への変革、あとは色んな視点からの住宅建築のいろいろで、特に私は、独創性の高い現代建築よりも、昔の箱型の家とかモジュールとか、ミニマムな住宅が好みなので見るポイントが偏りましたが、かなり面白かったです。

もの凄く小さなジェンガが出てきたので、息子と対決。
白熱しました。

実家の父に送るアスコットタイを縫う。あと3枚縫わなくては。


d0012237_23240687.jpg

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-09 23:28 | おでかけしました | Comments(0)
新作ご紹介
d0012237_21223365.jpg
夏休み中ですが、新作の「おんなのこセットアップ」90〜150をご紹介しています。
(夏季休業中なので、ダウンロード&クレジット決済のみで承っております)

私が、ごく普通の、それでいてちょうど良いサイズ感のものに拘るので、地味といえば地味。でも地味好き。
子どもって、なんで、なんでもない洋服が似合うというか、洋服で飾る必要がないよねぇ。いつもサンプル縫いながら「ちょい地味かな」と思ってても、着てもらうと途端に映えるのに驚かされます。
毎年見て知っているはずなのに、毎年その大きさと美しさに驚いて感動する夏の花火のようだなと思う。
それでいてレースもフリルも似合って、小さな女の子の魅力は青天井だな。

という妄想が止まらない新作です。
あえていうなら「かんたんに作れる」事と「邪魔しない」が特徴の、夏の暮らしに馴染むセットアップです。今年はやっぱり上下とも同じ素材で、インして、オールインワンを意識した着こなしで。

8月に入って、残りの夏休みはどう過ごしますか。
勉強と、読書と、仕事と、きっと毎日そんな感じの、涼しくてマイペースで地味な感じになると思います。今年の夏休みは、博物館とか美術館の企画展もどれもピンとこなくて、映画も心を動かされるものがなく。
大谷の地底湖クルージングがハイライトだったかも。
ちょっともう残暑の気分です。

d0012237_10415135.jpg











◆ ブログ上でレスポンスできる、ソーイングやブログに関するお問い合わせフォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム をご利用ください。

Top▲ | by polka-drops | 2017-08-03 22:19 | おみせのこと | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin