南方熊楠展
d0012237_21344814.jpg


国立科学博物館で開催中の「南方熊楠」展。
今年の初めから楽しみにしていました!

私のイメージでは生物学者でしたが、
もっと多岐にわたる民俗学や、博物学など
研究者でもあるけれど、収集家という感じ。
どこのカテゴリーにも入らないような
ちょっと独特の雰囲気です。

学校に行っても、違うと思えばやめて、
ニューヨークに行き、ロンドンに行き、と、
結構気ままに生きていた熊楠で。
幼い頃から知識を集める事は好きで、
読書家で大変な記憶力を持っていたりと、
素地は大いにありつつも、それでも
それがすぐ明確な形になったわけではなく
手探りで、これかなと思った事を試して、
違ったら修軌道正する。
そうやって南方熊楠ができていったのかな
と思います。

ただ目の前のことを生きた先に、
好きなことだけを選んでやり続けた先に、
それが功績として認識されることがあり、
「偉人」や「天才」と呼ばれる事もある。

一番凄いと思うのは、やり続ける事。
形や成果にならないからといって
やめたりしない事。

上野はとても暖かくて、
春の到来を感じます。
啓蟄はまだまだ先ですが、
虫などの気配ももう感じます。

たまたま見つけたガシャポン、ミシン!
すでに第4弾なんだそうです。
私が引いたのは、ベビーロック、
糸取物語でした。超可愛い!!!

d0012237_21344855.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-02-16 06:56 | おでかけしました | Comments(0)
街歩き【湯島天神〜旧岩崎邸庭園】
d0012237_08360314.jpg

湯島で用事があったので、その帰りに
梅を見に湯島天神へ。
受験シーズンなので受験生やその家族、
たくさんの人が参拝にきていました。
梅まつりは始まったばかりで、それほど
たくさん咲いているわけではないけれど、
風もなく暖かく、春を感じるには充分。

湯島天神は、不忍池の低地から、
ぐんと丘に上がる崖っぷちにあります。
湯島自体、そこかしこに坂と階段があり、
丘の上と下での暮らしの違いがくっきり
見えてくるような場所でした。
そこから旧岩崎邸庭園(三菱財閥創始者、
岩崎彌太郎の長男、久彌の邸宅)に。
古い煉瓦の塀が続きます。
邸宅も素晴らしく見応えあるのですが、
保存や見学のために当然手を入れてある。
だから、昔、確かにあったという事も
それが可能な限りそのまま継承されて
いるという事も、素晴らしい芸術性も、
もちろん感じられつつ、さらに言えば、
塀などの、邸宅ほどには手をかけずに
無防備にそのまま残っている、
当時の煉瓦がむき出しにされたまま
だったりする様を見るともっと良くて、
敷地の外側の道をぐるっと歩くと、
それがわかるのですが、リアルに
「当時」を視覚ではなく体感で感じます。

そういえば、お店の名前を変えました。
polka drops には違いないのですが、
「暮らしの型紙」という言葉を入れました。

本質的には、私はお洒落がしたいわけでも
ファッションが特別好きだというわけでも
なくて、コートを縫うのも雑巾を縫うのも、
それほど変わらない感覚があった。
それって一体何なんだろうと、長く長く
考えていて「そうか、暮らしを作っている
だけなのだ」という当たり前のことに
ようやく気づいたので、洋服の型紙屋、
とはまた少しだけ違う視点になるのでは
ないかと思い、とても個人的レベルですが、
コンセプトが少し修正された感じです。

ここではほとんど触れない、個人的に
好きで活動している数秘術のことも。
どこに出しても恥ずかしくないレベルの
プロになりましたが、
私はこれを何のためにやるのかな、
という事をいつもいつも考えていました。

数秘という仮説を通して世界を見る事で、
自分のことだけでなく、身近な人の事の
こんな無意識の考え方があって、こんな
世界観があって、感覚や感性があるから、
だからそういう行動になるのだな、と
そんな風に全てが繋がって、理解できる。
能力でなく概念として持たないからこそ
できないと思っていたそれは、実は
やる必要がなかっただけだった。
それがわかると安心感となり、その先に
不要なすれ違いや喧嘩がなくなって、
毎日はとても楽しくなる。

それらも、日々の暮らしを豊かにする、
知恵のようなものであると思い至り、
自分の精度を上げるため、研究のため、
といった目的で、現在は月に10人、
無料にてセッションを行なっています。

私は、現実の暮らしに使えるものが好き。
そのために、形があるもの、ないもの
そこのこだわりはないように思う。

虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京は、
押しつけがましさがなくて疲れない、
それでいてデザイン的な和の内装ですが、
エレベーターに乗ると、壁面には、
超絶立体和紙の作品。
とても綺麗です!


d0012237_08360370.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-02-15 09:23 | おでかけしました | Comments(0)
単眼鏡カバー
d0012237_16112013.jpg

以前、美術品鑑賞のために中距離の双眼鏡を
購入したことがあるのですが、
使ってみると、かさばるので持ち歩きにくく
三半規管が弱いので何気に酔うのとで、
中古の単眼鏡に買い換えました。

巾着がついているのですが、巾着の口が狭く
出し入れしにくいので、作ることに。

●一から好きな生地で作る事もできるけれど、
中味との一体感を重視して、あるもの利用。
●出し入れしやすいように、口部分の寸法を
最大限取る。
●一体化させて、復路の紛失を避ける。
●縫い目を解くと生地に穴が開き破れるので
できるだけ縫わない仕様
●口部分は、縫うと引っ張りに弱くなるので
接着式のマジックテープ

合皮なので、ミシンでどの程度縫えるか確認。
(もっと目立たないところにすれば良いのに)
縫いやすければそれに合わせた仕様を考えるし
縫いにくければまた違う仕様を考える。

生地やデザインもあるんだけど、生地に対して
縫い目が綺麗に出るかとか、生地の質感を
縫い目で殺さないかとか、そういう、
細かいところが気になります。

d0012237_16112000.jpg
そんな感じで「ちょうど良い」を模索しつつ
完成しました。

d0012237_16112058.jpg
d0012237_16112120.jpg
地味なんだけど、私はこういうのが好き。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-02-11 16:24 | あそんだ・つくりました | Comments(0)
「苦い銭」(ネタバレ少々)
d0012237_10585053.jpg

中国の、出稼ぎ労働者が80%を占める街。
小さな縫製工場と、労働者の住む集合住宅が
延々と続いている。

ヴェネチア映画祭で「脚本賞」を受賞した
作品なのに、そこにドラマな感じは全くなく
脚本感をまるで感じない映画です。

受け身で観るには、面白くないと思う。
そこからも何かを感じ取ろうとする人に、
感じたいものを与えてくれる映画だと思う。
個人的にはとても面白い映画でしたが、
かなり人を選ぶんじゃないかなあ。

3時間近くあるので唸りましたが、
長時間淡々とリアルな日常が続くからこそ、
世界に入りこみやすかったようで
自分がその街のまさにそこに立っていると
本気で思った瞬間が何度もありました。
ショートトリップです。

思ったほどの悲壮感もなかったです。
なぜなら映画からは、何の主張も訴えも
感じられなかったから。
ただただそういう現実があるだけでした。

縫製工場という事で、ミシンのメーカーや
アイテム、縫製手順、あれはバインダーか?
なんて色んなところも気になりました。

ーーーーーー

おしゃれタートル、衿をニットで作りたい
という要望に合わせて、パターン作製。
布帛のパターンを勝手にアレンジするわって
人はそれでもお使いいただけると思うけれど
縮小を計算して引き直す手間もあるし、
それ以外でも微調整というか、
ニットらしく作ってあります。

布帛の方が首回りは軽いけれど、
ニットの衿なら、身頃との一体感が出るし、
シンプルな仕上がりを望めます♩


d0012237_10585013.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-02-06 13:18 | おでかけしました | Comments(0)
冷えとり
d0012237_09134575.jpg

1月に入って、大きなデトックスがあって、
心も体も毒出しの期間が続きました。

そんなこともあって、ずっと続けている
冷え取りについて書いてみます。

冷えとりを始めて、おそらく7年ほどに
なるのですが、そもそも性格が横着で、
わりと、やりやすいところから適当に
手をつけた感じでした。
その頃は、元夫の義父母と同居していて、
お風呂場が共有なので、落ち着いて半身浴
しにくかったのもあって、足湯器を購入し、
足湯や冷え取り靴下をやっていました。

35.6度とかなり低かった体温が、わりとすぐ
36.5度になって面白いと思ったのですが、
実は体の表面はそうでも内臓は冷えていて、
そこで、食べる物にも多少気をつけたり、
体温と心との関係性を学んだりして。

冷えとりすると運が良くなるその関係性も
とてもわかります。性格も変わるし。
潜在意識とはとても関連性があって、
例えば布ナプキンにすると、
経血のコントロールができるようになる
と言われているけれど、あれは脳が
布だから下着と認識して、無意識に
トイレで出す方が気持ち良いと判断する
からだと言われています。
自分で自分の暮らしを整えているという
自覚があると、生き方が主体的になるので
自然にそういう性格にもなっていく。
悪いものが出ていくと、心も自然に
良いものだけで生きていこうと考える。
そこに無理がないんですよね。

健康オタクみたいになることは嫌だし、
こだわりすぎるとお金もかかる。
やり過ぎるは行動の制限も生まれるし、
何より気分が良くなくて続かない。
自分にとってちょうど良い塩梅を、
この7年で模索してきた感じです。

普段は靴下4枚重ねて、プチサルールと
かんたんすっきりギャザースカート。
足裏に小さなカイロ貼るのも良いです。
毒出しを更に実感できます。

靴下類は購入するけれど、あとは手作り
できるのと、毎日の半身浴や湯たんぽ
(ハムスターもケージの外から湯たんぽ)
経済的な負担があまりないのも好きで。

冷えとりの効果はいろいろあるけれど、
個人的には運に直結するのが面白くて、
冷えとりが続いている秘訣でもあります。

【ブログでお答えしますコーナー】

●サンダルワンピースのVネックアレンジは
型紙についていますか?

ついていないです。
写真通りのバランスでよければ、メールで
お問い合わせしていただければお答えします。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-01-21 09:51 | そのほかのこと | Comments(0)
街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神
d0012237_15534199.jpg


あけましておめでとうございます。
お店は、1月5日より通常営業しています。
今年もよろしくお願いいたします。

去年、深川七福神巡りが楽しかったので
今年はよく街歩きする、新宿の七福神に。
年始のお参りと街歩きが一緒にできる、
七福神巡りはとても自分好みです。

普段歩いている時は、神社参拝しないし
同じところを歩きながら、神社の視点で
街を見ると、発見するものも違ってくる
面白みがありました。
まっすぐ歩けば全行程で7km弱ですが、
寄り道ばかりして、かなり歩きました。

超高層ビルのすぐ裏に、普通に古い井戸が
あったり、古い石、レンガがあるんです。
古い民家、川跡、おもしろい。
いしがきの、昔の排水の仕組みとか、
下水道が整ってそこを埋めた跡とか。

何の知識もなくても、歩いているだけで、
なぜここに神社ができたのか、
どうしてこの道が蛇行しているのか、
道幅が微妙なのか、お店が栄えたのか、
そのあとここにマンションが建った、
でも似たような場所なのに、こっち側に
建たないのはなぜか、といった、
もうそれは単なる想像なんですけれど、
(興味があることは調べて確認もする)
事実を求めるわけじゃなくて、
かといってファンタジーでもなく、
やわらかく事実に基づきながらも、
街が示すあらゆる事が、
昔の人の暮らし、今の人の暮らしを、
ありありと映し出してくれる、
それが楽しくてたまらんのです。

新宿区は地形の高低差が複雑になっていて、
その分、街づくりへの工夫や経済力の差、
人の思いが見え隠れするのが、
カオスでもあり面白みでもある街。
住んでみたいところです。
最近できた、草間彌生美術館も行きたい。

長く続く路地のある界隈は職人さんの街。
町名として「箪笥町」「納戸町」などが
残っています。ときめいたのは「細工町」
丁寧な仕事をする職人さんの息づかいが
残っているような気がしました。
職人町特有の町割り(土地の仕切り方)
の名残も感じられました。

暖かい日(1月2日)で、歩きやすく、
明るいうちに神楽坂に着いて、ゆっくり
お茶を飲んで帰ってきました。

今年も街歩きを楽しもうと思います。

d0012237_11054812.png
1月5日は、凸版印刷の「印刷博物館」で
開催中の「キンダーブックの90年」展に。

キンダーブックは、昭和2(1927)年に
日本で初めての保育絵本として誕生。
今は違うと思いますが、昔は市販がなく
幼稚園などを通じて購入するスタイルで、
私も、家にはなくて病院の待合室や
図書館かな、そういった所で手に取った
でも既視感と懐かしさでいっぱいの
キンダーブックです。

古すぎるものは記憶にもないけれど、
実物を見ると体感的なフラッシュバックが
起こって、当時好きだった絵本って、
今も自分を魅了するもんなんだなと、
いろんな自分を再発見する感じで、
とてもおもしろかった!

私はもうあの、客車の内部を側面から見る
ドールハウスのようなあの絵が好きで、

こういうの↓

d0012237_11590256.jpg
何時間でも眺めて妄想していました。
(思えばすでに「暮らし好き」の片鱗が)
ドールハウスも好きでしたしね。

自分が懐かしく感じるものを商材にすると
商売はうまくいくそうですが、
子どもの頃に好きだったものって純粋だし
大きなヒントになりそうですね。

14日までやっています。

ーーーーーーーーーー

最近、作ったものは、
インスタに上げています。
アカウントは
polkadrops_paperpattern
です。


d0012237_15534076.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2018-01-07 12:06 | おでかけしました | Comments(0)
「夜間保育園」
d0012237_07262980.jpg


ポレポレ東中野で上映中の
「夜間保育園」を観てきました。
(夜間保育園とは、夜間「も」やってる
保育園のことです)

新宿歌舞伎町のすぐ近くで何十年も、
夜間保育園を運営してきた保育園を軸に、
待機児童のこと、世の中の偏見、
子ども、そして親の幸せと働き方、在り方
形に見えてくる映画でした。
色んな事情で夜に働く人が多いこの時代に
理解が進まずまだ認可が80しかない、
(無認可は30000以上ある)といった、
数字に表れる厳しい現実があり、
(夜に多くのお店が営業していたり、昼夜
逆の働き方が明らかに増えているのに、
まだ「夜に子どもを預けるなんて」といった
偏見などが根強く残るために制度が進まない。
今後副業やダブルワークが当たり前になれば
働き方の多様に合わせた保育のスタイルは、
それ以上に進んでいく必要があるだろうし、
仕事事情以外でも、育児が困難な人は多い。
そういったところのケアとして、多様な
保育のシステムは必要だと思うのですが)
それとは別に、
朝昼晩、有機野菜を使った手作りの食事や、
良質な研修や学びを重ねて作る保育の、
数字からは決して見えてこない豊かな現実も
またある。

「大変だけどやりがいがある」みたいな、
おそらく言葉にするとそういうにしかならない
んだけど、言葉にすること自体が難しい
そんな想いが伝わってきました。
「何のためにやっているのか」と
「そのために何を今するのか、選ぶのか」
だけがあり、それだけはブレることがなく、
ただただそれを繋いでいって、
その先に「決して楽ではない」があったり
子どもから受け取る、かけがえのないものが
あったりするのだと感じました。

こういう映画を観ていつも思うのは、
出ている人がとても素直だっていう事です。
飾るでも盛るでも隠すでもなく、ただ淡々と
現状がどうであるのか、どう感じているのか
どこまでもフラットに伝えてくれる姿に、
人間的な美しさを感じます。
例えば、人に見せにくいと思われるような、
貧しい状況であるとか、感情的に怒るとか、
抱えている不安なんかといった、
そんな部分からも、奥にあるその人の、
純粋な部分が透けて見えてくる気がする。

それを引き出す、作り手の純粋な気持ちも。

数十年前にこの映画に出会っていたら、
「うっかり」保育園を始めてしまっていた
かもしれないくらい、影響を受けました。
一緒に観た彼も、同じことを考えていた
ようでした。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2017-12-19 07:47 | おでかけしました | Comments(0)
街歩き【乃木坂〜麻布;我善坊谷】
d0012237_11234452.png

安藤忠雄展、行ってきました。

個人的には、光の教会さえなかったら、かなり
良かったのではないかと思ったくらいでした。
個人的な感覚で、偏った価値観だと自覚して。
安藤忠雄は素晴らしい建築家だと思うけれど
光のデザインも素敵だけれど、
教会というものの役割を考える時、
たとえ形は美しく再現されたとしても、
果たしてこれが人の心を打つのだろうか、という、
私はついつい暮らし基準で考えてしまうので
否定的な見方をしたクチですが。
要は「やっぱり本物見たいよね!」と
なったのでした。

これがメインイベントのつもりでしたが、
外がとても暖かくてコート要らずだったのと、
先日の街歩き終点の麻布十番まで歩けるし、
リベンジで、我善坊谷を目指しました。

麻布界隈は、普段歩かないですが、
高低差があり街の栄華と衰退がありで、
とにかく面白くて寄り道ばかり。
いたるところに、古い石垣やレンガ、
水路跡、古いマンホール、などなど、
暮らしを示すものが散らばっています。

下の写真の右下が、我善坊谷。
再開発予定地であり、谷にある古い民家は、
かなりの数がすでに空き家になっていて、
ゴーストタウン化していました。
港区麻布台という、超一等地です。
ここは、無くなる前に見ることができて
本当に良かったなと思っています。

そこから神谷町まで抜けて帰ってきました。


d0012237_11235684.png


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2017-12-12 11:41 | おでかけしました | Comments(0)
街歩き 【飯倉】
d0012237_21060449.jpg

街歩きの記録をアナログでつけようと、
今更ながら地図を買いました。
地図の折り方というのがあるみたいで、
フィールドワークに適した折り方?
東京時走地図アプリで古地図と照らし、
グーグルマップ、坂道サイト、そして
このアナログの地図を装備して歩きます。

こないだの麻布十番からの続きで、早速
飯倉の方に歩いていたのですが……

なんと、息子が怪我したという連絡が。
いきなり中断し、家に戻り、そこから、
車で西へ西へ、息子の学校まで迎えに。
体育の授業で靭帯を痛めて、ギブス&松葉杖。
今週は毎日、車で送り迎えになりました。
(朝は6時過ぎに出発…)

11月後半、12月初めはとにかくバタバタして
あっという間に今年が終わりそうです。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2017-12-05 21:13 | おでかけしました | Comments(0)
街歩き【泉岳寺〜麻生十番】
【 ブログでお答えしますコーナー 】

●海外からアクセスできません

現在、不正アクセス対策のために、
海外からのアクセスができない状態です。
(1月再開予定)
購入アイテムが決まっていて、日本の
口座決済ができる場合は、個別対応で
承らせていただきますので、
アドレスを添えて、ブログよりご連絡
いただければと思います。

ーーーーーーーーーーーー

d0012237_22294479.jpg

寒くなるかなーと思ったけれど、
それほどでもなくて過ごしやすい曇り空。
港区のスリバチ地形と階段と、古い町並み
を楽しんできました。

泉岳寺からスタートして、高輪界隈の
墓地を中心とした路地、崖地。
古い石畳や水路跡など。
港区といえば、高層ビルや富裕層の住む
高級マンションのイメージも多いですが
そうではない所も多く、新しさと古さ、
キラキラした部分とその真逆の部分、
政治や経済の、光と闇を感じる部分まで、
色々な「人の暮らし」が垣間見える界隈。
それが、地形と重要な関連を持っていると、
想像すると、とても興味深かったです。

再開発で失われつつある「我善坊谷」を
目指していたのですが(場所は飯倉)
見たい、行ってみたい、入りたい路地裏が
とにかく多く、寄り道ばっかりで、
日没がきて時間切れ、
今日は麻布十番までとなりました。

古い石垣や、井戸、家屋、
古いけれど、今は作れないような
細部の装飾やこだわりの部分。
古いマンホールに、古い商店街、川跡、
細川邸の椎木、あちこち使われる大谷石、
見て歩くのは本当に楽しかったです。

薬園坂、魚藍坂、伊皿子坂、暗闇坂、
釣堀坂、天神坂、奴坂。

名だたる坂道も、いくつも堪能しました。

お寺と墓地がとても多い所なので、当然、
お寺に続く長い階段とかもあったのですが、
お寺の階段は萌えない!
同じ階段でも、しかも凄く段数があるとか
古いとか、だったとしても!
お寺だと「暮らし」が見えづらいから。
それだけでそれほど興味を持てなくなる。
もちろん、お寺を含めた暮らしなんだと
思うのですが、つまり日常のね。

坂道や階段、スリバチ、地形も好きだけど
そこに「暮らし」があるから好きなんだな。

d0012237_22295306.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | # by polka-drops | 2017-11-20 23:16 | おでかけしました | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin