ランドセルは海を越えて
d0012237_08250713.jpg
この記事は2014年3月24日のものです。
リクエストがあったので再投稿です。

小学校卒業と同時に不要になったものは、基本的には可能な限り人に譲り、
使えないものは残さず処分します。
息子と話し合って、殆ど行き先を決めました。
一人っ子だと、下の子が使う(かもしれない)という事がなく、何でも思い切れるのがありがたいです。
大事にしまって置くスペースもない家なので、悩むことにも時間をかけずに済んでいます。
性格的にも、多くのものを管理できない私にはちょうど良いかと思っています。

こげ茶の馬革のランドセルはアフガニスタンに贈る活動に賛同し「ランドセルは海を越えて」にエントリー。
ただ送るだけでは、息子はピンとこないかと、図書館で借りてきた「ランドセルは海を越えて」を
今日、読み聞かせしようかと思います。
(1人でも5分もあれば充分読める内容、量、ですが、1人だと読まないんですよねー)


ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)

内堀 タケシ/ポプラ社

undefined



◆ はくしゅとコメントはここからです。いつもありがとうございます。


Top▲ | by polka-drops | 2015-03-31 23:02 | Comments(0)
<< 日暮里 | ページトップ | 春爛漫 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin