2mで夕涼みワンピースを作る
d0012237_17354216.jpg

鮮やかなブルーの生地を使うなら、今年のうちかなと、
水通しをして放置していたリネンを出してきました。
綺麗なブルーのリネン、ぴったり2m。生地巾は110cm強。
夕涼みワンピースM(袖なし)を作るには50cmも足りません。
でもやはりワンピースにしたい。さて、どう作るか。

悩んだ末に、前身頃は見返しが裁ち出し(身頃とつながっている)になっているのですが、
前端で接いで、見返しは別裁ちにすることに。アームホールと衿ぐりのバイアス布、ポケットの袋布と向こう布は別布。
で、あまり考えずに最初、別裁ちの見返しを、リバティで裁断したんですね。ここで用尺ギリギリ。
しかしよく考えると、見返しは衿として表に返る部分もあるので、共布じゃないと!
細切れの、残骸状態の布を拾い出してきて、見返し裁断できないかやってみるもどうしても足りず。
ちょっと形を変えたりして何とか事なきを得ました。

手前の正方形は、ハギレで作るコースター用の型紙です。
いつも同じ大きさで裁断できるように、一応型紙を作って、手の届くところに置いています。

d0012237_17354241.jpg

とりあえず今日は、上半身まで完成です。スカート部分は明日できるかな。
リバティでも1枚は縫いたいし、秋に合う生地でも1枚作りたいです。
ワンピースを作るって、何がいいかというと、コーディネイトが楽だから。
市販の洋服でももちろん同じことが言えるのですが、ちょっと違うのは
自作のみでコーディネイトするのは市販の洋服でのそれよりもきっと大変という点。
上下アイテムを選んで、それに合った生地で作って…普通に2アイテム作るというだけで大変なのに。
なかなか思い通りにはいかないものかなと。
ワンピースはその点、あまり考えなくてもよくて楽です。
作ったらすぐ着て出かけられる勢いです。


d0012237_17354203.jpg

◆ はくしゅとコメントはここからです。いつもありがとうございます。


Top▲ | by polka-drops | 2014-08-21 09:00 | ソーイング
<< 夕涼みワンピース 袖オプション | ページトップ | 動線 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin