布Tシャツ、衿ぐり始末布の縫い方のコツ
d0012237_11295894.jpg

布Tシャツは、衿ぐりを始末布で
包んで始末しています。

衿ぐりのカーブに、衿ぐり始末布を
乗せて縫います。違う形状のラインを
できあがり寸法になるように縫うことが
目的です。

●衿ぐりを伸ばさないこと

縫い合わせの時はもちろんですが、
裁断してからこの工程に入るまでに、
触っているうちに衿ぐりが伸びている
可能性があります。
(バイアス方向の裁断であること、あとは
特にリネンなどの動きやすい素材の場合)

縫う前に衿ぐりが伸びていないか、
パターンと重ねてチェックしてください。
伸びている分はアイロンで元に戻します。

●衿ぐりを伸ばさないように縫う

衿ぐりのカーブに衿ぐり始末布を乗せますが、
片方はカーブで、片方は直線です。

衿ぐりのカーブの形状を変えないように
(つまり、カーブを保ったままで)
縫います。

始末布の方は、↑写真のようにほんの少し、
手前に引き気味で、ミシンの送りに抵抗を
つけるような気持ちで、
緩めないように縫い合わせます。
あくまでそういう感じで、であり、
実際に引っ張って伸ばさないように注意。

d0012237_13293757.jpg

この辺りは、数値化、言語化できない、
「手の加減」の領域になりますが、
雰囲気と感覚が伝わればと思います。

●合わせて動画も参照してください。




◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-07-02 12:56 | ソーイングのコツなど
<< グレーディング図の間違いについて | ページトップ | 新作「布Tシャツ」 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin