スクエアネックをきれいに縫うコツ
工場で量産する洋服は、手間のかかる作業をできるだけ省く傾向にあります。
手間のかかる作業は、工賃(作業代)がとても高くなります。
時間のロスが少ないので、忙しい人が家庭でソーイングを楽しむ際にも
工場のやり方は活用できるのではありますが・・・

逆に忙しい中でも、負担にならない程度に
きれいに仕上げられるほんの少しのひと手間を入れることは、
量産の洋服にはない、ハンドメイドならではの利点ではないかと思います。

今回の無料配信でも、そんなテクニックがひとつ入っています。
スクエアネックの縫い代を見返しで処理しているのですが
そこで、スクエアの角を縫うときに、ちょうど角のあたりだけは
ミシン目を細かくして縫う指示があります。
これは、スクエアの角をきれいに出すことを目的としているのですが、それ以外に
切り込みを入れるため、力がかかると弱くなるのを防ぐためでもあります。
返しぬいをすることもできますが、縫い目がずれたりすると綺麗ではなくなるし、
縫い目が盛り上がって、すっきりおさまらない場合があるので、
この方法を採用しました。

工場ではおそらくここまで細かい縫いわけはしておらず、
普通に縫うのとそれほど大きく差があるわけではないのですが、
ハンドメイドならではの、かけられる手間であり、
時間を必要としないので、覚えておいても良いかなと思います。

d0012237_2392035.jpg
Top▲ | by polka-drops | 2007-07-20 23:11 | ソーイング
<< 3作目 | ページトップ | おすすめ洋裁本 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin