カテゴリ:おでかけしました( 134 )
Top▲ |
大和大骨董祭り
大和大骨董祭り_d0012237_23105145.jpg

リバティのパッチワークでバッグを作って、
骨董市に出かけました。
関連性はないのですが、気に入ったものが
作れると、出かけるのが楽しくなります。

大和の骨董市は、毎月開催しているものの
行きたいと思いつつ機会がなく、
今回やっとです。
300店の出店は、見応えがあって楽しい。
都心ほど洗練されていないかもしれない、
でも買いやすい値段ですし、
チェーン店の殆どない、
昭和の雰囲気が残る街並みも落ち着きます。
相鉄線沿線の街歩きも面白そう。

東西に伸びるプロムナードで開催している
この骨董市。もともとは相鉄線の
線路跡だそうです。
相鉄線のホームが地下に潜ったため、
地上に空きができて、広場のようになった
という事のようです。

買い物の内訳は、
七宝風のブローチ、小さなタイルの瓶詰め。
アルミのラベルは穴が空いていて、
バッグなどにタグがわりに縫いつける予定。
合計1300円。

運命のような出会いでもあれば、
高い買い物もするのかもしれないけれど、
そうでなければ、懐具合の問題ではなく
身の丈の買い物が好みです。
来月も来たいな。



◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-20 23:29 | おでかけしました
街歩き【目黒】
街歩き【目黒】_d0012237_14382814.jpg

目黒から五反田方面、を意識しつつ
ノープランで目黒駅に降り立つと、
存在は知っていたのですが、
個人趣味的にはノーチェックだった、
この、西洋風の界隈。
雑誌などの屋外スタジオになっています。
今回ここが面白いと感じたのは、
東急目蒲線(現在は東急目黒線)の
ホームが地下に潜ったため、地上の土地に
細長く空きができたのを、
うまく再利用しているのが見て取れたから。

線路跡って、かんたんには民間の宅地などに
転用できないし、道路もあって利用の仕方が
限られていたりするので、遊歩道になったり
建物が細く建てられたりすることが
多いのですが、細長さを利用して、
奥行きのある(はりぼての)街並みを
作るとは、なかなかなナイスな東急グループ。
山手線の隣なので、騒音は大きく、
静止画に限定されるものと思われますが、
それでも重宝されているんじゃないかな。

目黒駅前ですでにかなり長い時間を過ごし、
その後は、谷へ向かいました。

有名な目黒不動尊のところが一番谷で、
谷なんだけど開けていて、気がとても良く、
初めて行ったけれど良いところでした。
その後はすぐ近くの、都立林試の森公園に。
ここも支流の源流なのか、湧水があって、
林試というだけあってかなりの種類の
木が植わっていました。

右下の写真は「カロリナポプラ」の綿毛。
地面を覆うようにたくさん落ちていました。

街歩き【目黒】_d0012237_14382834.jpg

目黒は小さな支流(谷)と丘も多く、
高低差も結構あって、面白い地形です。
で、林試の森公園を出たところが
「元競馬場通り」という名の道路なのですが、
大正初期まで目黒には競馬場があったそうで、
その外周の形状の名残がまだあるというので、
その道路を探して歩いてきました。

競馬というのは民間の運営だから、土地も
その後はおそらく普通に転売されて住宅になり、
道路の形状以外に、ここが昔競馬場だった事を
表すものは見られなくなっていました。

で、目黒通りに出ると、記念碑が。
目黒の競馬場が、府中に移転したんですね。
知らなかった。

断片的に思いつくままに街歩きをしますが、
ずっと続けていると、色んなことが繋がるし、
道路を見ると、昔ここが何だったか、など、
なんとなく予想できるようにもなりました。


街歩き【目黒】_d0012237_14382862.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-09 14:56 | おでかけしました
街歩き【渋谷〜広尾】
街歩き【渋谷〜広尾】_d0012237_08411290.jpg
免許更新で午前中、都庁免許センターに。
いつも府中試験場ですが、初めて新宿で。
都庁で免許更新するって、不思議でした。

大きな府中試験場と違って、受付から
免許証を受け取って終了までの、
移動距離がめちゃめちゃ短い!
受付から数歩で更新料支払い窓口、
そこから数歩で視力検査、数歩で写真。
待ち時間なく講習受けて、終了と同時に、
免許証できてて、その部屋で受け取れて。
正味1時間でした。

ほんとうにありがたいなー。

街歩き【渋谷〜広尾】_d0012237_09473589.jpg

午後から、青山と恵比寿と広尾の真ん中、
独身の頃よく車で都内を走っていた私も
通った記憶がないような界隈を散策。

丘と谷が細かく複雑に入り組んでいる東京、
その地形の細かさに合わせて、
丘には丘に合った土地利用、
谷には谷に合った土地利用がされ、さらに
力のある人が良い土地を押さえてきたし、
それに合った使い方がされてきた。

土地はいずれも、時代の流れとともに、
建っているものが変わったり、
売却されたりしていくのですが、
例えば真の権力のある人が持つ土地などは、
たとえ売却されるとしても
上物が変わるとしても、
全然関係のない人に売られたり、
関係のないものになったりはしない。
庶民には、いくらお金があったとしても
買えない土地があるし、
そもそも情報すら手に入らない。
それはもう個人レベルの話ではなくて、
仕組み自体がそうなっているのだろう。
それも含めて「力」ってそういうものだし。

知識のない私が、ただ街を歩くだけでも
今もその全体図が何となく見えてくるし、
国会で今起こっていることなんかも、
そりゃそうなるよね、と。
限りなく想像ですが、深く感じました。

街を歩きながら、東京時層地図アプリで
昔はそこが何に使われていた土地なのかも
同時に確認したりするのですが、
昔、そこにあったものと、今あるものの
形は違えど、本質はいつも一致するし、
その当たり前に、驚かされています。

この土地だから、こう使われてきて、
今もこうなっているのだな、という所に
例外を感じないんです。
なんども何かを作り、壊してまた作って、
時代がこんなにも変わったように見えても。

東京ってほんとうに不思議な街です。
たくさんの人の意図が詰まった街。
知識はまるでないのですが、
ほんとに、ただ歩いているだけで、
自ずと見えてくるものなんだと思った。


街歩き【渋谷〜広尾】_d0012237_08411292.jpg
地形そのものもあるし、水が流れていく方向とか、
今あるものの中からその流れを見るのも
おもしろいです。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-04-17 09:57 | おでかけしました
映画「北の桜守」
映画「北の桜守」_d0012237_22053385.jpg

映画のチケットをいただいたので、
先日公開したばかりの「北の桜守」を。
話題作なのか、平日ですが満席でした。

舞台表現、CG、ドローン撮影の技術、
モダンなところを巧みに入れているなど、
表現や手法に新鮮な試みがあって
戦争と北の厳しい暮らしを描きながらも、
新しさを感じた映画でした。

言い換えると、ややオーバークオリティを
感じる部分もあったという事ですけれど。

なんとこの映画の舞台演出家が
ケラリーノサンドロヴィッチ。
(わかる方、いるかな?)
かつて「有頂天」というバンドのボーカルを
していたケラですね。
インディーズレーベルのナゴムレコード、
ナイロン100℃という劇団主宰。
映画での舞台的な表現は、好みでした。

ハンカチ3枚、大げさでなく必要な映画です。
なんかほとんど泣いてた気がします。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-03-22 23:17 | おでかけしました
街歩き【神谷町〜赤坂】
街歩き【神谷町〜赤坂】_d0012237_14364375.jpg

街歩きの季節になりまして。
だいたい1月2月は街歩きお休みですが、
2月の小春日和などは歩いていますね。
あと、夏は厳しいですね。
7月中旬〜9月中旬まではお休み。
でもいつも街歩きを狙って生きています。
それくらい好き。

神谷町〜赤坂。
赤坂は「坂」だし、神谷町は「谷」で、
谷町ジャンクションもあるところだから、
丘と谷がとにかく多くて面白いところです。

桜が咲き始めていて、花粉は多かったよう
ですが暑いくらいの陽気でコート要らず。

真ん中左の赤い丸は、道路に刺さってる
細めのレール。よく見ると変なものが
たくさんあって面白いです。
住宅を建てるときに使ったものかな。
街が古くて、レトロ建築や古いマンホール
仕切弁にも「萌え点」(中央右の赤丸)
文字の字体も職人さんごとに版が違うので、
できあがりに味がある。
赤坂の氷川神社にも寄りました。
普段、神社はあまり行かないのですが、
何だか入ってみたくなって。
御神木が別格でした。それ以外にも古木が
大変多くて、神社自体の歴史も古い。

都心を歩いていていつも思うのは、戦争時、
ちゃんと場所を選んで爆弾を落としていた
んだろうなあと、容易に想像できること。
良くも悪くも。

谷町ジャンクションは、ちょうど谷底で、
一級スリバチ状態です。
(すり鉢の底のように、全方向が丘)
パノラマで記録しました。


街歩き【神谷町〜赤坂】_d0012237_14364339.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-03-17 15:14 | おでかけしました
「野球部員、演劇の舞台に立つ!」
「野球部員、演劇の舞台に立つ!」_d0012237_20430279.jpg


渋谷ユーロスペース。24日公開ですが
かなり短期上映だと思います。

ほんと良かった!おすすめです。
監督の中山節夫氏は、81歳!
凄いエネルギーですね。
有名な人は出ていないし、
ひねりのないストレートの青春映画。
でも不思議と古い感じがしない。

どの子が役者でどの子が地元の子で
どこまでが演技でどこまでが素で、
ってそんな事が一切わからなくなる。
伝える力と純粋な想いと、ひたむきさ、
若い人たちって凄いな。

主人公の男の子、どこかで見た顔だと
思ったら、うちの息子に随分似ている…
(当然こんなに整っておりませんが)



◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-02-26 21:14 | おでかけしました
南方熊楠展
南方熊楠展_d0012237_21344814.jpg


国立科学博物館で開催中の「南方熊楠」展。
今年の初めから楽しみにしていました!

私のイメージでは生物学者でしたが、
もっと多岐にわたる民俗学や、博物学など
研究者でもあるけれど、収集家という感じ。
どこのカテゴリーにも入らないような
ちょっと独特の雰囲気です。

学校に行っても、違うと思えばやめて、
ニューヨークに行き、ロンドンに行き、と、
結構気ままに生きていた熊楠で。
幼い頃から知識を集める事は好きで、
読書家で大変な記憶力を持っていたりと、
素地は大いにありつつも、それでも
それがすぐ明確な形になったわけではなく
手探りで、これかなと思った事を試して、
違ったら修軌道正する。
そうやって南方熊楠ができていったのかな
と思います。

ただ目の前のことを生きた先に、
好きなことだけを選んでやり続けた先に、
それが功績として認識されることがあり、
「偉人」や「天才」と呼ばれる事もある。

一番凄いと思うのは、やり続ける事。
形や成果にならないからといって
やめたりしない事。

上野はとても暖かくて、
春の到来を感じます。
啓蟄はまだまだ先ですが、
虫などの気配ももう感じます。

たまたま見つけたガシャポン、ミシン!
すでに第4弾なんだそうです。
私が引いたのは、ベビーロック、
糸取物語でした。超可愛い!!!

南方熊楠展_d0012237_21344855.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-02-16 06:56 | おでかけしました
街歩き【湯島天神〜旧岩崎邸庭園】
街歩き【湯島天神〜旧岩崎邸庭園】_d0012237_08360314.jpg

湯島で用事があったので、その帰りに
梅を見に湯島天神へ。
受験シーズンなので受験生やその家族、
たくさんの人が参拝にきていました。
梅まつりは始まったばかりで、それほど
たくさん咲いているわけではないけれど、
風もなく暖かく、春を感じるには充分。

湯島天神は、不忍池の低地から、
ぐんと丘に上がる崖っぷちにあります。
湯島自体、そこかしこに坂と階段があり、
丘の上と下での暮らしの違いがくっきり
見えてくるような場所でした。
そこから旧岩崎邸庭園(三菱財閥創始者、
岩崎彌太郎の長男、久彌の邸宅)に。
古い煉瓦の塀が続きます。
邸宅も素晴らしく見応えあるのですが、
保存や見学のために当然手を入れてある。
だから、昔、確かにあったという事も
それが可能な限りそのまま継承されて
いるという事も、素晴らしい芸術性も、
もちろん感じられつつ、さらに言えば、
塀などの、邸宅ほどには手をかけずに
無防備にそのまま残っている、
当時の煉瓦がむき出しにされたまま
だったりする様を見るともっと良くて、
敷地の外側の道をぐるっと歩くと、
それがわかるのですが、リアルに
「当時」を視覚ではなく体感で感じます。

そういえば、お店の名前を変えました。
polka drops には違いないのですが、
「暮らしの型紙」という言葉を入れました。

本質的には、私はお洒落がしたいわけでも
ファッションが特別好きだというわけでも
なくて、コートを縫うのも雑巾を縫うのも、
それほど変わらない感覚があった。
それって一体何なんだろうと、長く長く
考えていて「そうか、暮らしを作っている
だけなのだ」という当たり前のことに
ようやく気づいたので、洋服の型紙屋、
とはまた少しだけ違う視点になるのでは
ないかと思い、とても個人的レベルですが、
コンセプトが少し修正された感じです。

ここではほとんど触れない、個人的に
好きで活動している数秘術のことも。
どこに出しても恥ずかしくないレベルの
プロになりましたが、
私はこれを何のためにやるのかな、
という事をいつもいつも考えていました。

数秘という仮説を通して世界を見る事で、
自分のことだけでなく、身近な人の事の
こんな無意識の考え方があって、こんな
世界観があって、感覚や感性があるから、
だからそういう行動になるのだな、と
そんな風に全てが繋がって、理解できる。
能力でなく概念として持たないからこそ
できないと思っていたそれは、実は
やる必要がなかっただけだった。
それがわかると安心感となり、その先に
不要なすれ違いや喧嘩がなくなって、
毎日はとても楽しくなる。

それらも、日々の暮らしを豊かにする、
知恵のようなものであると思い至り、
自分の精度を上げるため、研究のため、
といった目的で、現在は月に10人、
無料にてセッションを行なっています。

私は、現実の暮らしに使えるものが好き。
そのために、形があるもの、ないもの
そこのこだわりはないように思う。

虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京は、
押しつけがましさがなくて疲れない、
それでいてデザイン的な和の内装ですが、
エレベーターに乗ると、壁面には、
超絶立体和紙の作品。
とても綺麗です!


街歩き【湯島天神〜旧岩崎邸庭園】_d0012237_08360370.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-02-15 09:23 | おでかけしました
「苦い銭」(ネタバレ少々)
「苦い銭」(ネタバレ少々)_d0012237_10585053.jpg

中国の、出稼ぎ労働者が80%を占める街。
小さな縫製工場と、労働者の住む集合住宅が
延々と続いている。

ヴェネチア映画祭で「脚本賞」を受賞した
作品なのに、そこにドラマな感じは全くなく
脚本感をまるで感じない映画です。

受け身で観るには、面白くないと思う。
そこからも何かを感じ取ろうとする人に、
感じたいものを与えてくれる映画だと思う。
個人的にはとても面白い映画でしたが、
かなり人を選ぶんじゃないかなあ。

3時間近くあるので唸りましたが、
長時間淡々とリアルな日常が続くからこそ、
世界に入りこみやすかったようで
自分がその街のまさにそこに立っていると
本気で思った瞬間が何度もありました。
ショートトリップです。

思ったほどの悲壮感もなかったです。
なぜなら映画からは、何の主張も訴えも
感じられなかったから。
ただただそういう現実があるだけでした。

縫製工場という事で、ミシンのメーカーや
アイテム、縫製手順、あれはバインダーか?
なんて色んなところも気になりました。

ーーーーーー

おしゃれタートル、衿をニットで作りたい
という要望に合わせて、パターン作製。
布帛のパターンを勝手にアレンジするわって
人はそれでもお使いいただけると思うけれど
縮小を計算して引き直す手間もあるし、
それ以外でも微調整というか、
ニットらしく作ってあります。

布帛の方が首回りは軽いけれど、
ニットの衿なら、身頃との一体感が出るし、
シンプルな仕上がりを望めます♩


「苦い銭」(ネタバレ少々)_d0012237_10585013.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-02-06 13:18 | おでかけしました
街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神
街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神_d0012237_15534199.jpg


あけましておめでとうございます。
お店は、1月5日より通常営業しています。
今年もよろしくお願いいたします。

去年、深川七福神巡りが楽しかったので
今年はよく街歩きする、新宿の七福神に。
年始のお参りと街歩きが一緒にできる、
七福神巡りはとても自分好みです。

普段歩いている時は、神社参拝しないし
同じところを歩きながら、神社の視点で
街を見ると、発見するものも違ってくる
面白みがありました。
まっすぐ歩けば全行程で7km弱ですが、
寄り道ばかりして、かなり歩きました。

超高層ビルのすぐ裏に、普通に古い井戸が
あったり、古い石、レンガがあるんです。
古い民家、川跡、おもしろい。
いしがきの、昔の排水の仕組みとか、
下水道が整ってそこを埋めた跡とか。

何の知識もなくても、歩いているだけで、
なぜここに神社ができたのか、
どうしてこの道が蛇行しているのか、
道幅が微妙なのか、お店が栄えたのか、
そのあとここにマンションが建った、
でも似たような場所なのに、こっち側に
建たないのはなぜか、といった、
もうそれは単なる想像なんですけれど、
(興味があることは調べて確認もする)
事実を求めるわけじゃなくて、
かといってファンタジーでもなく、
やわらかく事実に基づきながらも、
街が示すあらゆる事が、
昔の人の暮らし、今の人の暮らしを、
ありありと映し出してくれる、
それが楽しくてたまらんのです。

新宿区は地形の高低差が複雑になっていて、
その分、街づくりへの工夫や経済力の差、
人の思いが見え隠れするのが、
カオスでもあり面白みでもある街。
住んでみたいところです。
最近できた、草間彌生美術館も行きたい。

長く続く路地のある界隈は職人さんの街。
町名として「箪笥町」「納戸町」などが
残っています。ときめいたのは「細工町」
丁寧な仕事をする職人さんの息づかいが
残っているような気がしました。
職人町特有の町割り(土地の仕切り方)
の名残も感じられました。

暖かい日(1月2日)で、歩きやすく、
明るいうちに神楽坂に着いて、ゆっくり
お茶を飲んで帰ってきました。

今年も街歩きを楽しもうと思います。

街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神_d0012237_11054812.png
1月5日は、凸版印刷の「印刷博物館」で
開催中の「キンダーブックの90年」展に。

キンダーブックは、昭和2(1927)年に
日本で初めての保育絵本として誕生。
今は違うと思いますが、昔は市販がなく
幼稚園などを通じて購入するスタイルで、
私も、家にはなくて病院の待合室や
図書館かな、そういった所で手に取った
でも既視感と懐かしさでいっぱいの
キンダーブックです。

古すぎるものは記憶にもないけれど、
実物を見ると体感的なフラッシュバックが
起こって、当時好きだった絵本って、
今も自分を魅了するもんなんだなと、
いろんな自分を再発見する感じで、
とてもおもしろかった!

私はもうあの、客車の内部を側面から見る
ドールハウスのようなあの絵が好きで、

こういうの↓

街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神_d0012237_11590256.jpg
何時間でも眺めて妄想していました。
(思えばすでに「暮らし好き」の片鱗が)
ドールハウスも好きでしたしね。

自分が懐かしく感じるものを商材にすると
商売はうまくいくそうですが、
子どもの頃に好きだったものって純粋だし
大きなヒントになりそうですね。

14日までやっています。

ーーーーーーーーーー

最近、作ったものは、
インスタに上げています。
アカウントは
polkadrops_paperpattern
です。


街歩き【新宿〜神楽坂】新宿山手七福神_d0012237_15534076.jpg

◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-01-07 12:06 | おでかけしました
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin