<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
「暮らしのドレス」160を大人が着ると
「暮らしのドレス」160を大人が着ると_d0012237_17381739.jpg

●左のシャツコールが160。
●右の茶色のノースリーブが大人用サイズです。
(M〜Lのフリーサイズ)

大人の方で、細身の方の場合、
ジュニアサイズの160がちょうど良いのでは
ないか、という発想になる場合があります。
この暮らしのドレスも、そういった方が
サイズ選びに悩まれているのですが。

ここでは polka drops の考え方として、
こういう事も言えるというお話で進めます。

160は、ジュニアサイズです。
身長こそ160ですが、体型がジュニアです。
大人用のサイズは、身長158〜162㎝
あたりの設定になっているので、
身長に関しては、大きな差はないのですが、
160は「形」がジュニアです。

肩まわりや胸周りに丸みがまだない体型。
丸みというのは、実際の肉の量だけでなく
年齢とともに緩やかに変化していく、
体の厚みや奥行き等、立体感の事も含みます。
胸のあるなし、だけではないですし、
バランスも、大人とはやや違います。

そこで、視覚化するために、
大人の人が160を実際に着るとどうなるか
見てみます。

①ウエスト位置が高くなります。

確かに着丈は160の方が短いのですが、
大人ほど厚みがないので、着た時に
レディスと同じバランスにしようとすると
パターン的には大人よりも身丈が短く
なります。その上で大人が着ると、
160は上半身の立体に対しての処理が、
より立体体型である大人用より少なく、
その足りない分を補おうとして、
全体的に生地が上に持ち上がり、
本来の位置よりもウエストが高くなる、
という現象が起こります。
ウエスト位置が結果的に高くなることで、
印象も子ども寄りになります。

②①に連動して前スカート裾が上がっています。

「暮らしのドレス」160を大人が着ると_d0012237_17381730.jpg
③衿ぐりのライン

左がジュニアサイズ(160)ですが、
右の大人用と比べて、内側に入っています。
大人用はもう少しボートネックのライン。
これは、年齢に合わせたデザインであり、
ジュニアサイズで衿ぐりが広くなると、
まだ肩など安定しない分、
だらしなくなるのを防ぐために、
大人用よりも内側に入るデザインです。

④肩が内側に入っている

大人が着ると、窮屈なのがわかります。
実際は袖も上がってノースリーブ感覚になり
窮屈感は比較できないところなのですが、
見た目のバランスで、窮屈そうです。
大人の方が着る場合、袖をつけない方が
良い場合もあるでしょう。

肩をどのくらい内側に入れるかというのも
ジュニアに最適のラインで作っているので、
大人が着ると、内側に入った感じが強く
出ます。

⑤袖が上がっている

肩に乗ったような袖になっています。

写真でもこのような違いが見られます。

もちろん個別の体型を見なくては
正確な判断はできないのですが、
大人がジュニアの160を選ぶ際の条件
としては、かなり細く、肉感がなく、
雰囲気も少女に近い感じの場合なのかな、
と思っています。

余談ですが、サンプルを縫っていても、
その立体感などから、ジュニアを縫う時
ジュニアだなーと感じますし、
大人用を縫う時は、大人用だなーと
なんとなく感じます。
仕様や工程は同じでも、何となくですが
触ってて違いがわかる気がします。

言葉でなかなかお伝えできない部分ですが、
寸法の大小、デザインの違いだけでなく
言葉にならないところも含めて型紙で、
その部分が少しでも伝わればと思います。

最後に160ノースリーブを大人が着た場合。
袖つきよりも無理がなく、
着やすいと思います。


「暮らしのドレス」160を大人が着ると_d0012237_18375505.jpg



◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-28 18:39 | ソーイングのコツなど
新作とバーゲンのお知らせ
新作とバーゲンのお知らせ_d0012237_12171421.jpg

東京は、もう梅雨のように、
湿度の高い日が多くなっていると感じます。

涼しげな新作。
「暮らしのドレス」ジュニアサイズ。

大人用で大量の仕様書ミスを出してしまい
袖ぐりの縫い方がわからないという声を
たくさんいただいたりで、学びに学び、
リベンジ兼ねた、新作です。
その節はお騒がせいたしました。

そして、バーゲンやります。
色々と内部的な展開がありまして。
これまで、何だかんだダウンロードに抵抗
あって買えなかったという方もいて、
そういう方に、出力金額のハードルを下げて
お買い求めいただける機会を作りたくて。
それと絡めていっちょもっと買いやすく
なれーと思った次第です。

暑いけど、楽しいバーゲン。
私、これまでセールに対するイメージが
あくまで自分の持つイメージですが、
そんなに良くなかったので、
個人的にもそんなに萌えなかったのです。
でも今回はなんだか、
自分が買うわけではないのに楽しみです。

で、楽しくて作った画像です。
(セールはまだ開始していません)

新作とバーゲンのお知らせ_d0012237_15120655.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-27 15:22 | おみせのこと
大和大骨董祭り
大和大骨董祭り_d0012237_23105145.jpg

リバティのパッチワークでバッグを作って、
骨董市に出かけました。
関連性はないのですが、気に入ったものが
作れると、出かけるのが楽しくなります。

大和の骨董市は、毎月開催しているものの
行きたいと思いつつ機会がなく、
今回やっとです。
300店の出店は、見応えがあって楽しい。
都心ほど洗練されていないかもしれない、
でも買いやすい値段ですし、
チェーン店の殆どない、
昭和の雰囲気が残る街並みも落ち着きます。
相鉄線沿線の街歩きも面白そう。

東西に伸びるプロムナードで開催している
この骨董市。もともとは相鉄線の
線路跡だそうです。
相鉄線のホームが地下に潜ったため、
地上に空きができて、広場のようになった
という事のようです。

買い物の内訳は、
七宝風のブローチ、小さなタイルの瓶詰め。
アルミのラベルは穴が空いていて、
バッグなどにタグがわりに縫いつける予定。
合計1300円。

運命のような出会いでもあれば、
高い買い物もするのかもしれないけれど、
そうでなければ、懐具合の問題ではなく
身の丈の買い物が好みです。
来月も来たいな。



◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-20 23:29 | おでかけしました
街歩き【目黒】
街歩き【目黒】_d0012237_14382814.jpg

目黒から五反田方面、を意識しつつ
ノープランで目黒駅に降り立つと、
存在は知っていたのですが、
個人趣味的にはノーチェックだった、
この、西洋風の界隈。
雑誌などの屋外スタジオになっています。
今回ここが面白いと感じたのは、
東急目蒲線(現在は東急目黒線)の
ホームが地下に潜ったため、地上の土地に
細長く空きができたのを、
うまく再利用しているのが見て取れたから。

線路跡って、かんたんには民間の宅地などに
転用できないし、道路もあって利用の仕方が
限られていたりするので、遊歩道になったり
建物が細く建てられたりすることが
多いのですが、細長さを利用して、
奥行きのある(はりぼての)街並みを
作るとは、なかなかなナイスな東急グループ。
山手線の隣なので、騒音は大きく、
静止画に限定されるものと思われますが、
それでも重宝されているんじゃないかな。

目黒駅前ですでにかなり長い時間を過ごし、
その後は、谷へ向かいました。

有名な目黒不動尊のところが一番谷で、
谷なんだけど開けていて、気がとても良く、
初めて行ったけれど良いところでした。
その後はすぐ近くの、都立林試の森公園に。
ここも支流の源流なのか、湧水があって、
林試というだけあってかなりの種類の
木が植わっていました。

右下の写真は「カロリナポプラ」の綿毛。
地面を覆うようにたくさん落ちていました。

街歩き【目黒】_d0012237_14382834.jpg

目黒は小さな支流(谷)と丘も多く、
高低差も結構あって、面白い地形です。
で、林試の森公園を出たところが
「元競馬場通り」という名の道路なのですが、
大正初期まで目黒には競馬場があったそうで、
その外周の形状の名残がまだあるというので、
その道路を探して歩いてきました。

競馬というのは民間の運営だから、土地も
その後はおそらく普通に転売されて住宅になり、
道路の形状以外に、ここが昔競馬場だった事を
表すものは見られなくなっていました。

で、目黒通りに出ると、記念碑が。
目黒の競馬場が、府中に移転したんですね。
知らなかった。

断片的に思いつくままに街歩きをしますが、
ずっと続けていると、色んなことが繋がるし、
道路を見ると、昔ここが何だったか、など、
なんとなく予想できるようにもなりました。


街歩き【目黒】_d0012237_14382862.jpg


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-09 14:56 | おでかけしました
「暮らしのドレス」表記ミスと袖ぐり縫い方動画
この度は、たくさんの方にご指摘いただき、
多くの表記ミスを出してしまった事、
深くお詫び申し上げます。

それに伴い、
今後このようなことがないよう、また、
お客様と良い関係性を作っていく、
信用を取り戻すためにできる事について、
多数のアドバイスもいただきました。
ありがとうございます。

自分たちの作ったものを自分たちで
チェックしても、縫いなれている分、
脳内で最適化して、違和感に気づけない、
というご指摘はその通りだと思います。
体が作り方を覚えてしまっている。
言われてみれば当たり前のことに、長く
気がつけないでいたと思います。

その点についても、スタッフと協議し、
改善していきます。

また、これも多くいただいたのですが、
袖ぐりの縫い方について、間違えやすい、
わかりにくいというご指摘がありましたので、
動画作成をいたしました。



それと、ジュニアサイズの仕様書ですが
この図を入れてみました。
(今後のチェックでこれが最適かどうかも
判断していきますが)
これについても、私どもの視点では、
わかりやすい仕様書とはいかないことも
今回、身に染みてわかりました。
「暮らしのドレス」表記ミスと袖ぐり縫い方動画_d0012237_14382837.jpg
衿ぐりから返して中表にするのはNGです。
こういうの↓
「暮らしのドレス」表記ミスと袖ぐり縫い方動画_d0012237_14511828.jpeg

あたたかく、厳しいメッセージ、
ありがとうございます。
今後のことを真摯に考える機会になりました。


◆ コメント欄がお使いただけます
  (承認制です)

◆ ブログ上でレスポンスできる、
  ソーイングやブログに関するお問い合わせ
  フォーム作りました。こちら
  (ブログ上でお返事しています)

◆ 個別のお返事が必要なお問い合わせは、
  polka drops の お問い合わせフォーム
  をご利用ください。







Top▲ | by polka-drops | 2018-05-06 14:54 | おみせのこと
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin